« 2008年 元日 | トップページ | 横浜媽祖廟(天后宮) »

2008.01.02

また、旧モーガン邸で火災

お正月早々、嫌なニュースが飛び込んできました。
去年の5月に放火と見られる火災で本棟が焼失した、J・H・モーガンの旧自邸(藤沢市)が今日の早朝、今度は本棟増築部分と別棟からの出火により火災が起こりました。

前回の火災の後、旧モーガン邸再生に向けて関係者のみなさんが尽力されていました。
モーガンは、横浜山手にある山手111番館(旧ラフィン邸)やベーリックホールの設計者ですし、横浜以外では東京駅近くにある旧丸ビルの設計を手がけた建築家です。
そんなモーガンが晩年藤沢で暮らしていたのが、旧モーガン邸です。

旧モーガン邸そのものも歴史的価値があり、藤沢市と日本ナショナルトラストが所有し保存活用に向かっていたというのに・・・。
今回も放火の疑いが強いということで捜査が進められているようです。

モーガン邸そのものの歴史的価値もあると思いますが、アメリカからやってきて戦前の日本で多くの洋風建築を手がけ、日本に貢献したJ・Hモーガンの自邸だったということも保存に値すると私は思っていたので、今回の事件は残念で仕方がありません。
藤沢市の、ひいては神奈川県の歴史的財産が天災ではなく意図的に葬られたとしたら、とても悲しく取り返しのつかない損失ではないかと思います。

日本を愛し、日本人と結婚したJ・Hモーガンは21世紀まで残ってきた自邸がこういった形で焼失してしまったことをどう感じるのだろう・・・などと、考えても答えの出ないことを考えてしまいました。
旧モーガン邸の保存は絶望的かもしれません。
関係各団体からの被害状況の報告等を待ちたいと思います。

|

« 2008年 元日 | トップページ | 横浜媽祖廟(天后宮) »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私、最初にテレビのニュースで知り、驚きました。
放火って・・・どういう事なのでしょう?!
単なるいたずらでしょうか?裏があるのでしょうか?
こんな大事な時に許せません!

投稿: misacchi | 2008.01.04 16:55

★ misacchiさん
単なるいたずらにしては、きっちり2箇所から火災って、なんだか不思議ですよね。
原因が知りたいですね。

投稿: ドシル | 2008.01.05 00:37

ドシルさん、こちらにも、おはようございます^^
・・・私も火災の発生状況を不審に感じました。
保存運動も展開していただけに、憤りを感じると同時に何か怖い感じもしますね。
一刻も早く解決して欲しいです。
かながわ考古学財団の問題もありますし、神奈川県が文化財保護行政でより退嬰的にならないよう祈りたいと思います。

投稿: misacchi | 2008.01.05 06:53

★ misacchiさん
旧モーガン邸は昨年の5月にも放火されているんです。
ゴールデンウィーク中でした。
今回は年末年始。
大型休暇に放火・・・。
目的はわかりませんが、なんだか怖いですよね。

投稿: ドシル | 2008.01.05 23:47

ドシルさん、こんにちは。
・・・そうでしたか、それで二度目の放火と・・・。
教えて下さり、ありがとうございます。
単なるいたずら(にしても性質が悪すぎますが)よりも、もっと何物かがありそうですね・・・。
藤沢市は確か博物館建設準備中なのですよね。いつできるか分かりませんが、こういう事件で文化財保護行政が後退しなければいいですね。

投稿: misacchi | 2008.01.08 16:07

★ misacchiさん
藤沢市の博物館、楽しみです*^^*
文化財保護行政が後退はないと思いますよ(^^)
最近は、都内の文化財ウィークなどを含め一般の方の文化財への関心が高いですものね(^^)v

投稿: ドシル | 2008.01.08 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/17558404

この記事へのトラックバック一覧です: また、旧モーガン邸で火災:

« 2008年 元日 | トップページ | 横浜媽祖廟(天后宮) »