« 『障害者の権利条約でこう変わるQ&A』 | トップページ | 第7回 手話研究セミナー »

2008.02.02

「NONFIX」を見て。

先日紹介した『日本映画が見たい…~忘れられた「聞こえない人達」の存在~』を見ました。
平日の未明の番組なので、録画しておいたのですが・・・。

主に、「バベル」のときの「日本語のシーンにも字幕を!」と活動した際の記録となっていました。
「バベル」で手話指導を担当した南瑠霞さんたちのがんばりがとても良く伝わってきました。
そして、今はすべての邦画に字幕がつくように法律を変えようと、がんばっているそうです。

「バベル」には400人ものろう者がエキストラとして出演したのに、試写会の際日本のシーンでは字幕がなくストーリーがわからなかったことに、出演者も手話指導した南さんも非常に衝撃を受けたこと、署名活動をしたら予想以上の反響があり、それを配給会社に届けたところ思いがけなく迅速に対処し、封切り時にはすべてのシーンに字幕がついたことなど、見ていて涙が出ました。

ただ、家族で映画やDVDを楽しみたいだけなのに邦画ではそれがなかなか難しい現実。
字幕さえあれば、聴こえる聴こえない関係なくみんなで楽しめるのに・・・。
そんな当たり前の楽しみが、当たり前じゃない日本の映画事情。
悪意があるわけじゃなく、「気がつかない」んですよね。
日本人はみんな日本語がわかるとと思っているから・・・。
単一民族、単一言語という思い込みが子供のときからあるから・・・。

気づかないとできないのは、当然。
だから、「日本映画にも、字幕が必要」っていう声を広げて多くの人に「気づいて」もらってそれが当たり前になるといいなと思います。
夏休みのドラえもんやドラゴンボール、ちびまる子ちゃんにも字幕がつけば聴こえない子供たちも聴こえる子たちと一緒に楽しめるんですよね。

法律なんか作らなくても、それが当たり前にになるといいのにな・・・。

|

« 『障害者の権利条約でこう変わるQ&A』 | トップページ | 第7回 手話研究セミナー »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
そうなんですよね、わが国は単一民族・単一言語という思い込みが根深いですよね。実際そうじゃない事をもっと理解すべきです。
異文化コミュニケーションを図る前に、日本の歴史の中にも多様な文化・言語がある事を勉強すべきです。
映画は印象に残りましたか?^^
私も機会があれば見てみます。
映画の字幕といえば、案外奥が深いですよね。洋画ですと意訳かどうか考える事ができますし。

投稿: misacchi | 2008.02.02 12:18

★ misacchiさん
私、北海道の出身なんです。
私が子供の頃は、すでに北海道にも純粋なアイヌ人はいなかったと思うのですが、アイヌの文化や言葉は、継承すべきじゃないのかなぁなんて考えることがあります。
私もアイヌ語、わからないですけど・・・。
早稲田や東大などで、アイヌ語を研究している方もいらっやるようですよ。

アイヌ民族に限らず、国際化した日本には多くの言語や文化が混在しているんですよね・・・。

投稿: ドシル | 2008.02.02 22:03

悪意があるわけじゃなく、「気がつかない」んですよね。・・・
本当にそうだろうなぁと思います。

私も、ろう者や手話に出会ってなかったら、そんなこと思いもしなかったと思うし、
ましてや、映画もほとんど見ないので、考えもしなかったと思います。

いろんな場面で、困ってる人ってたくさんいるんでしょうね。
声を上げる必要性を改めて感じました。

投稿: みきぼう | 2008.02.02 22:23

★ みきぼうさん
分かり合えるように、声に出し合って伝えればいいんだよね。
言わないと判らないことって、多いと思うから・・・。

私も同じです。
手話に関わったり、ろう友がいなかったら気がつかないでいたと思います。

投稿: ドシル | 2008.02.03 01:15

外国人の友人が日本在住中によく見ていた番組、それはお笑い番組とNHKの手話ニュースだったそう。なぜなら字幕がついていたから...うん確かに。お笑い番組の方は視覚的効果を狙った構成の一つかと思いますが、日本語を勉強している人達にとっても日本語字幕は役立つのですね~!

投稿: トム | 2008.02.03 08:41

★ トムさん
確かに~。
日本語が読める外国人には、発音と一緒に字幕があると勉強になりますよね~。
難しい漢字には、ルビが必要かも・・・。
手話ニュースはルビも振ってあるのでいいですよね!

投稿: ドシル | 2008.02.03 22:36

字幕はもっと増えて欲しいですね。
洋画でも『バベル』で当初問題になったように、日本語部分には字幕が付かないものがけっこうあって困ります。
http://rinsho.cocolog-nifty.com/annex/2007/04/post_2701.html

一方で、一部のDVDでは台詞の字幕だけでなく、例えば<電話のベル>とか<馬のいななき>などの説明が入っているものもあり、そういうときにはうれしくなりますね。

>字幕インフォ
http://www.jimaku.info/

投稿: rinsho | 2008.02.08 23:00

★ rinshoさん
rinshoさんのリンクしていただいた記事、前に拝見しました(^^)
ビデオではできなかった字幕の選択が、DVDでは英語や日本語と選べるものもあり、いいですよね。

せりふだけじゃなく、<電話のベル>など状況の説明も今後増えるといいと思います。
その一方で、字幕の状況説明の字幕を「うっとおしい」と書いている心無い聴者が、ネットを見ているといるんですよねannoy
もっともっと、理解を広める必要があるなと感じます。

投稿: ドシル | 2008.02.09 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/17926598

この記事へのトラックバック一覧です: 「NONFIX」を見て。:

« 『障害者の権利条約でこう変わるQ&A』 | トップページ | 第7回 手話研究セミナー »