« 『驚きの手話「パ」「ポ」翻訳』 | トップページ | 日曜日のクリニック »

2008.03.30

不思議な体験

ちょっと面白い体験をしました。
いや・・・よくよく考えると不思議でもなんでもないんだけど^^;;;

昨日は職場の送別会で、かなりの大所帯で都内のカジュアルイタイリアンレストランへ行きました。
あんな人数で、宴会する雰囲気のお店じゃなかったのですが^^;;
お料理もデザートもおいしくてよかったです*^^*

お店に入って、私が席につくと向かい側のテーブルに手話で会話をしているヒトを発見しました。
女性二人で、色々お話していました。
手話で話す二人は、一人はろう者で一人は聴者なのが私が見てもわかりました。
私が手話に関わっていることを知っている職場のヒトたちから「あっちのテーブルへ行ってもいいよ(笑)」などとからかわれならが、私たちの宴会がスタート。

宴会がスタートして、退職する方の挨拶とか色々耳から入ってくるのですが私の目の前では手話の会話が展開していて、それがどうしても視界に入ってきます。
それを見ていると、周りは手話が判らない職場の聴者なのに何故か私の手が動いてしまう・・という現象が・・・(汗)

たとえば、「ワインは赤と白どっちをのむ?」と質問されて「どちらでもいいよ」と職場のヒトに手話で答えてしまったり^^;;;;;;
なんだかよくわからない状態に陥ってしまいました(泣)

仕方がないので、手話見えないようにそちらに背を向ける席に変わってもらいました^^;;;;
脳の中で、何が起こっていたんでしょうね^^;;;
不思議な感じでした。

|

« 『驚きの手話「パ」「ポ」翻訳』 | トップページ | 日曜日のクリニック »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/40679504

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な体験:

« 『驚きの手話「パ」「ポ」翻訳』 | トップページ | 日曜日のクリニック »