« お花見☆ | トップページ | 不思議な体験 »

2008.03.29

『驚きの手話「パ」「ポ」翻訳』

『驚きの手話「パ」「ポ」翻訳』という本を買いました。

買っただけではなく、ちゃんと読みましたよ☆
この本は米内山さんを中心に複数のろう者によって書かれています。
手話通訳をするときに、手話から日本語・日本語から手話への翻訳技術がいかに大切かということがいくつかの例を挙げて書かれています。
また、手話文化村と関西手話カレッジでの米内山さんの指導経験やろう学校時代に恩師からうけた影響についても語られていて、とても興味深いです。
日本語で書かれた本だけではなく、手話で米内山さんが語るDVDがついている点もオススメです。

翻訳の大切さや通訳と翻訳の違いなどについては納得できることも多いですが、地域の講習会のことや手話サークルのくだりについては、地域差がある面も多いですし、また関西と関東の違いなどもあるでしょうから、う~んと思う面も多少ありました。
そういう意見もあるということは、1サークル会員として今後のサークル運営において反面教師としていきたい部分です。
地域の手話講習会については、関東の中でも本当に色々な違いや差があると思います。
私の住む地域の手話講習会は、手話の技術だけにこだわらず仲間との助け合いやろう者との交流の中で大切なことなども、ベテランの通訳士やろう者から学べると思います。
グループワークも効果的に取り入れられていて、私としては大きな不満はありません。
もちろん、講習会だけでどんなろう者にも通じる手話ができるようになるわけがないのは、どの地域でも共通していることだと思います。

講習会以外のさまざまな場面でろう者と交流したり、行動を共にすることで「通訳」や「翻訳」以前に手話ということばをそのまま理解できるようになることが大切かなぁって思います。
日本語に直さず、手話を手話として受け止める・・・。
きっとその先に、翻訳があるのかな?

DVDは最後までまだ見ていませんが、とても読みやすくオススメです。
手話を全くわからない方でも、ちゃんと欄外に「CL」「ろう協」などなど手話やろう者の社会ででてくる言葉の解説もついています。
なれていると、つい使ってしまいますが判らないひとがいる場合も多いのでこの欄外の解説もまた、私にはいい「気づき」になりました。

Honyaku

『驚きの手話「パ」「ポ」翻訳』

興味のある方は、ぜひどうぞ。

↓ランキングに参加中です☆クリックすると手話関係ブログランクングへ飛びます。
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« お花見☆ | トップページ | 不思議な体験 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/40666372

この記事へのトラックバック一覧です: 『驚きの手話「パ」「ポ」翻訳』 :

« お花見☆ | トップページ | 不思議な体験 »