« 春分の日の午後 | トップページ | 杉真理&カルパッチョス IN 横浜 »

2008.03.22

母の誕生日

先日、母の誕生日だったのを忙しさにかまけてすっかり忘れていましたm(__)m
しかも、誕生日の当日、母に会ったのに!!
プレゼントをあげないまでも、お誕生日だねって言ってあげればよかった・・・と、後悔したものの気がついたときにはすでに数日経過していました。
母もよく私の誕生日を忘れるので、似たもの親子ということでしょうか^^;;

そんなわけで今日は母のお話。
私の母は私と全く違って、あまり外へ出たがらない人です。
知らない土地へ行くのもあまり好きではありません。
私が初めて、仕事で海外へ行くとき心配して電話口で泣き出したようなヒトですから^^;;

そして、私と違って手先が器用です。
父が不器用だったので、私は父に似たに違いない(笑)

私の母は若いとき、洋裁の先生でした。
母の母、つまり私の祖母は和裁の先生だったそうです。

私が子供の時、母はなんでも手作りで作ってくれました。
中学時代は制服も、母が作ってくれたし、自分の好きな生地を買って「この服が欲しい」と雑誌やスタイルブックなどを持っていくと、型紙からおこして作ってくれました。

だけど、どこか職人気質というか(笑)
こと、洋裁に関してはきっちりしないと気がすまないようでした。
だから、家庭科の宿題で私がテキトウなことをしていると許せないらしく口やかましく言ってきます。
それが嫌で、私は洋裁も編み物もダイキライになりました^^;;;
褒めて伸ばしてくれないんだもん(笑)

思春期だし、やることやること貶されると嫌になるんですよね。
もっとちゃんと教われば良かったなと思うこともありますが・・・。

あるとき、家庭科の宿題でスモックを作りました。
明日提出、という時に私が家で作業をしていたらいつものように母が口も手も出してきて(笑)最後には、「もう遅いし私がやっておくから早く寝なさい」と言い出しました(>_<)

私ももう面倒くさいし、母に任せて寝てしまい翌朝を迎えると、ちゃんと完成していました☆
母いわく、「少し面倒で雑にやったけど、ちょうどいいでしょう」とのことでした。
家庭科の先生にバレるかと思ったのですが、母の手の抜き方がうまかったのかそのスモック、作品展で金賞をもらってしまったのです(苦笑)
私は殆ど、やっていないのに(>_<)
先生に褒められたけど、なんともバツが悪かったのを覚えています^^;;

そんな母も、今では目が悪くなり眼球に腫瘍が見つかったりして洋裁も編み物もしていません。
それは、本人にとってとても淋しいことのようです。

新しいことをはじめたり、新しい環境になることが人一倍嫌いな母ですが、重い腰を上げて北海道から横浜へ来て3年目。
横浜にもなれ、雪の無い冬を快適に過ごしているようでほっとしています。

母はスモックのこと、覚えているかな^^;;;
今度、聞いてみようと思います。

|

« 春分の日の午後 | トップページ | 杉真理&カルパッチョス IN 横浜 »

想い出あれこれ」カテゴリの記事

コメント

私の母の誕生日はなんと大晦日!日にち的には絶対忘れない日ですが、結婚してからは年末は旦那の実家に帰っているので当日に連絡することができない。年越ししたらプレゼント持って新年の挨拶、、、といきたいところだけど、ここのところ欲しいものがナイそうで...

投稿: トム | 2008.03.24 20:48

wineトムさん
大晦日~。
大晦日でもケーキ食べるのかしら・・?
(私なら年越しそばの前にケーキだわっ)
うちの母もだけど、欲しいものは無いですよね^^;
一緒に出かけるとか、ごはんを食べに行くとかそんなんでいいのかなぁって思います♪

投稿: ドシル | 2008.03.24 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/40585281

この記事へのトラックバック一覧です: 母の誕生日:

« 春分の日の午後 | トップページ | 杉真理&カルパッチョス IN 横浜 »