« 罪の重さ | トップページ | 「王妃の紋章」 »

2008.04.23

アフリカンなYokohama

5月28日~30日の日程で、「第4回世界アフリカ会議」(LINK)が横浜で開催されます。

それに伴い、横浜市内ではあちらこちらでアフリカムード満載のイベントが行われています。
アフリカ開発会議が5年に1度、国連や世界銀行などが共催で行っているアフリカの開発・発展をテーマとした会議で、東京以外で開催されるのは初めてのことだそうです。
今年、横浜での開催が決まったのは、来年横浜開港150周年を向かえる国際都市横浜で、「横浜開港150周年~市政120周年~基本計画」の一環事業として・・・ということのようです。

アフリカ開発会議の略称は「TICAD」というのですが、これは「Tokyo International Conference on African Development」の略称ですから、東京開催が前提の会議ということになります。
今年、横浜で開催されるのは異例のことなんでしょうね。
でも、海外の方からすると横浜も東京も似たようなものなんでしょうけど^^;;;

アフリカで活躍した日本人といえば、千円札の肖像でも有名な野口英世博士。
横浜市金沢区には、そんな野口英世博士ゆかりの場所があります。
その名も、長浜野口記念公園。
この公園には、野口英世博士が検疫医官補として働いていた旧細菌検査室が「野口英世記念館」として保存されています。
ここでの仕事が認められ米国留学の運びとなった、研究者の原点とも言える場所です。
かわいらしい建物ですよね・・・ここでペストの研究もしていたのでしょうか^^;;

旧長浜検疫所

もともとは、明治28年に作られたのですが、関東大震災で倒壊して大正13年に復旧した建物です。

長浜ホールという音楽をメインとした文化活動を行うホールもあり、外観は横浜検疫所の旧事務室を模して作られています。
ここで、アフリカ祭と称してアフリカ楽器のライブやワークショップが行われるそうです♪
とっても楽しそうですよね~。

横浜市営地下鉄ブルーラインはまりん号では、4月16日から5月31日まで、市内の小・中学生が描いたアフリカの絵が飾られ、アフリカ53カ国にまつわるクイズも「アフリカ検定クイズ」としてパネル展示されるそうです。

毎年5月3日に行われている「ザよこはまパレード」(LINK)にも、アフリカ人のみなさんがたくさん参加するそうです。

そんなわけで、5月の横浜はアフリカ満載!!の予定です。
「アフリカン・フェスタ2008 in 横浜」(LINK)も開催されます☆

Bn_festa2008
アフリカが身近になる1ヶ月かもしれません♪
アフリカン・フェスタでアフリカ手話講座もあればいいのになぁ~☆


ブログ村でブログランキング参加中★

Img54665
アフリカ来航・・・というキャッチコピーにびっくり!アフリカを一緒に楽しみましょう☆

|

« 罪の重さ | トップページ | 「王妃の紋章」 »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

先日赤レンガでもアフリカンフェスティバルをやってました。今回の催しの前哨戦だったのでしょうか...と~ってもおいしそうなお料理もあったりしましたよ。時間があったら旅行に行きたい所です♪

投稿: トム | 2008.04.23 20:36

cloverトムさん
そうなの!そうなの!!
赤レンガ倉庫でこの間、アフリカフェスやってたよね~。
アフリカへ行くならどこがいいかな~*^^*

投稿: ドシル | 2008.04.25 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/40957486

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカンなYokohama:

« 罪の重さ | トップページ | 「王妃の紋章」 »