« 薬局でのコト。 | トップページ | 美容師さん »

2008.04.15

後期高齢者医療制度とか・・・。

4月から、新しい医療制度が始まりました。
75歳以上の高齢者を「後期高齢者」と呼び、扶養家族になっているかどうかを問わず、国民健康保険や企業等の健康保険組合等の健康保険とはまったく別の保険証となり、年金から保険料を徴収されるという仕組みのようです。
私の身近には対象者がいないので、市の広報等で読んだだけの知識ですけど^^;;

わずかな年金で暮らしているお年寄りから、保険料を徴収してなおかつ医療行為を受けた場合は、窓口での自己負担もあるなんて!!!と、いう声もあるでしょうし、民主党は後期高齢者医療制度を撤廃するよう働きかけているとも報道されています。
私は自民党も民主党も支持していない、いわゆる無党派層というところに位置する人間なのですが、現存の制度に反対するのは簡単だけど、反対するならそれ相応の代替案を提示すべきだと思っています。

私個人としても、けしていい制度だとは思っていません。
しかし、制度がスタートしてから文句を言ってもはじまらないように感じています。
だって、この制度は国民に圧倒的な人気のあった小泉内閣時代に充分な議論がされないまま強行可決されたんですもの。
多くの国民は小泉内閣を支持していたのではなかったでしょうか?
攻められるべきは当時の内閣じゃないのかなぁと思っています。

そりゃあ、誰だって長生きしたお年寄りにも障害者にも子供にも優しい住みやすい社会がいいと思っているはずです。
なるべく、お金がかからなくてゆっくり安心して暮らせる老後。
北欧のように社会保障がしっかりしている社会。

理想はそうだけど、日本は世界一の長寿国で子供の出生率はなかなか上がらない国。
それでなおかつ、国民皆保険を実施している国。
医療費はかさむ一方で、破綻寸前。
そんな状態で、やむなく始まった(?)後期高齢者医療だと思うのですが年金から天引きするのは「かわいそう」なら、消費税を15%くらいにして、消費税でお年寄りの医療をささえましょうとか、国民年金の支払いが年々減っているので財源確保のために消費税を20%にしましょうとなるとそれはそれで、不満がでるはず。

確かに消費税15%なんて、え~~~~!なのですが、食品や日用品は5%だけど娯楽用品(趣味の道具とか、車などなど)は15%とか、低所得者に負担がかからないような方法だってあると思うけれど、そうすると今度はその業界とか経済界とかが「売り上げが落ちる」とか不満を言うに違いなく・・・結局みんな目先の自分の利益しか考えていないように思えてきます。

北欧の社会保障制度はすばらしい。
すばらしいけれど、国民が負担している金額も日本と比較すると驚く金額。
多くの税金を払っても、国がクリアに税金をきちんと使ってくれるならいいけれど使い方が不透明で信用できないから税金を払うのも嫌になる・・・そんな悪循環なのが今の日本かなぁなんて思ったりして。

何が正しくて、何が正しくないのかよくわからないけれどどんなことでもゼロがら始めるのはとても大変なこと。
誰かが始めたことに、横槍を入れて非難するだけならだれでもできるから・・・。
政治家のみなさんには、きちんと代替案も提示した上でしっかりと議論してもらいたいなと思う今日この頃です。
小学校の学級会以下の、人の話を聞かない集まりが「国会」だと中継を見るたび思ってしまうんですけどね^^;;;

予算に関しては、防衛費を削減して、医療費に回すべきという意見もあるでしょうし、国会議員の報酬を削減するという案もあるでしょうね。
中国等、他国に援助している予算もあるから、外国支援より国民を助けてよ~という気持ちもあったりします。
でも、予算全体を見ていないしそれが妥当なのかどうなのか私にはわかりません。
私たち国民も、もっともっと国家予算の使い方に関心を持つべきなのかもしれませんね。
日本の国家赤字っていくらなのか、すぐに答えられないし・・・。
赤字国家なのにどうして外国の支援をするのか・・・それくらいは、勉強しておこうかな^^;

★ブログランキングに参加はじめました★
ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 薬局でのコト。 | トップページ | 美容師さん »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
冷静で的を得たご意見ですね。
私も同意見です。
批判ばかりの民主党とマスメディアにはあきれてます。
それに踊らされている国民にも、もっとしっかりしてよっていいたい!
なんの対策をしなくて、これからの高齢化社会を乗り切っていけると、国民は本当に思っているのでしょうか?
高齢者ももっと誇りを持って、現役世代を応援するぐらいの気持ちを持ってほしいです。
姥捨てだとか、高齢者いじめだとか、マスコミと民主党のいうことを真に受けてかわいそうな高齢者に甘んじていては、これからの高齢者の行く末はもっと惨めなものになると思います。

民主党はただ政権がほしいだけのような、無策な党だと感じます。感情論だけで高齢者の不安をあおり、必要な対策は何一つ示さない。
高齢者医療の対策は今手を打たなければ、待ったなしだと思います。
国民全員が公的な保険に入っているという、この安心感はアメリカでの医療費の高さなどきくと、ほんとにすばらしいなと日ごろから感じています。
どうか、この制度を後の世代まで維持してほしい。
それを願っています。

投稿: はるちゃん | 2008.05.13 12:11

>はるちゃんさま
コメントありがとうございます。
私は民主党をだけを批判するつもりもなければ、後期高齢者医療制度が継続することを希望する気持ちもありません。
そのことだけは、はっきり申し上げます。
この制度をのちの世代まで維持するのは、不可能ではないでしょうか。
なんせ、年金から天引きするにも年金を需給できない方が大勢いっしゃるのですから・・・、

後期高齢者制度は、小泉内閣時代に議論されないまま強制採決されたものですから、再度しっかり内容を議論して改善すべき箇所は改善すべきかと思っています。
低所得(年金)層が、かなりの保険料を天引きされ大変な思いをしているという現実は、あるのではないかと思います。
国民皆保険とはいうものの、フリーターの多くは国民健康保険に加入していませんし、派遣会社の中には会社が事業主負担を払うことを惜しんで健康保険に入れないまま、フルタイムで働かせる企業もあると聞きます。
すでに「国民皆保険」とは言いがたいのが現状ではないかと思います。

民主党が無策だというご意見ですが、私には自民党も含めてどの党も無策で、選挙のことしか考えていないように思います。

投稿: ドシル | 2008.05.13 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/40886572

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度とか・・・。:

« 薬局でのコト。 | トップページ | 美容師さん »