« 手話サークルの歴史 | トップページ | 岩手・宮城内陸地震 »

2008.06.13

欠格条項とか民法11条とか・・・。

手話サークルについての勉強を手話サークルでやってみました。
詳しくなんて無理なので、なんとなくさらっとろう者の手話を読み取る学習をしながら何故手話サークルができたのか、から判るような資料をまとめてみたけれど・・・。
どうなんでしょう?

ろうあ運動のことや民法11条のこと、欠格条項のこと、道交法のことなども載せてみたけど、どうなんだろう・・・。
大切なことが伝えられたのか、よくわからないなぁ?
本当はもっと、ろう者の体験とか補足をつけて欲しかったけど時間の関係でちょっとだけになちゃいました。

サークルの帰りに、ろう者3人と私で歩きながら色々と話をしました。
手話が上手な聴者も会員にはいるけど、聾史やろうあ運動のことや通訳制度について知らないヒトもいる。でもやっぱり手話サークルの会員になったら、技術だけじゃなくそういった様々な背景も知ってほしいよね・・・と。

押し付けるのではなく、自分から知りたいという気持ちになってもらうのって難しいね。
でも、良いこともあります。
「誰か幹事やらな~い?」と言うと、ふたつ返事で引き受けて色んな準備をしてくれる仲間とか、手話や聴覚障害者ニュース関連の新聞記事をこまめに用意してくださるメンバーとか・・・。
なんかみんなで助け合っていて、いいんじゃない・・・と、独りよがり気味に嬉しくなったりして(笑)

サークルのみんなが「民法11条、おかしいよ。どうして差別があったんだろう?」って言っていました。
もしかしたら、手話やろう者に関わっていないヒトには今でもそう思えないヒトがいるかもしれません。
差別だよ、おかしいよってサークルのみんなが思えたらやっぱりそれはサークルでろう者と交流してきたからなんだと思います。
当たり前のそんなことがちょっと嬉しかったりして。
ろう者を知っているから、聴こえないだけで人間としてなんてことはないよ、聴力の有無は社会的にも何の問題もないよ、情報保障があればなんてことないよねって、当たり前に言えることがなんだかいいなぁなんて思いました。
・ろう者の目を見よう。
・判った/判らないの反応ははっきり表情や手話で伝えよう。
・どんなときでもサークルでは手話や身振りをつけよう。
手話サークルは、この3つが守れたら皆が楽しくなれるような気がします。
さて、みなさんのサークルでは守られているかな・・・?
正直、私の所属しているサークルでも100%とは行きません。
でも、あきらめずに伝えていくことが大切なんだと思っています。
なぁんか、こんな話題日本聴力障害新聞でもちらちら話題になっていますね^^;;
どこのサークルも過渡期・変革期なんでしょうかねぇ・・・。


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

|

« 手話サークルの歴史 | トップページ | 岩手・宮城内陸地震 »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは ドシルさんの 6/13の欠格条項・・・のところを読んでてすごく ため息でました。私が入会しているひとつのサークルが2年半前から聾者ともめてすっかり聾者がこなくなり 長年いて手話の上手な二人が指導続けているのですが この二人も意見があわなくて喧嘩ばかりで 空気が悪くなってて退会者も増え、やばいな~と感じてて悩んでいますので ドシルさんの言葉がすごく心にしみました。これをコピーしてサークルの人に読んでもらいたいと考えてるのですが よろしいでしょうか?

注意:kitkat関係の記事にコメントされたので、ドシルが転記しました。
もとのURLはhttp://docile.way-nifty.com/nwes/2008/10/post-5f88.html

投稿: ひろろん | 2008.10.04 20:08

footひろろんさん
コメントありがとうございます。
ひろろんさんのサークルではろう者が来なくなってしまったんですか^^;;
さびしいですね・・・。
ろう者がいないと、手話が通じる喜びとか体験できないですよね・・・。

こんな記事でよければどうぞサークルでご活用ください。
お役に立つかどうか判りませんけど・・・。

投稿: ドシル | 2008.10.04 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/41515044

この記事へのトラックバック一覧です: 欠格条項とか民法11条とか・・・。:

« 手話サークルの歴史 | トップページ | 岩手・宮城内陸地震 »