« 第36回横浜市聴覚障害者の集い | トップページ | 横浜松坂屋閉店 »

2008.06.24

「投機」と「投資」

TVでニュースを見ていたら、「投機」という言葉がでてきました。
前後の文脈は忘れてしまいましたが・・・^^;;;
隣にいた夫(経済学部卒~)に「投機ってどんな意味?」と質問したところなんだか「投資」と似たような意味で私としてはなんだか理解できなかったので、いつものように広辞苑で引いてみました。

とう-き【投機】
1.禅宗で、師家(しけ)と弟子のはたらき(機)が一つになること。悟りを開くこと。
2.(speculation)損失の危険を冒しながら大きな利益をねらってする行為。やま。
3.市価の変動を予想して、その差益を得るために行う売買取引。

と、ありました。
悟りを開くのと、大もうけしようと目論んで売買すること・・・ものすごく違う意味ですよね^^;;
概ね2や3の意味で用いられることが多いみたいです。
私が見たニュースでも3の意味だったと思います。

じゃあ、「投資」はというと同じく広辞苑によると以下の通りです。

とう-し【投資】
1.利益を得る目的で、事業に資金を投下すること。出資。
2.比喩的に、将来を見込んで金銭を投入すること。(例)「息子に投資する」
3.元本の保全とそれに対する一定の利回りとを目的として貨幣資本を証券(株券及び債券)化すること、(例)「投資家」
4.経済学で、一定期間における実物資本の増加分。資本形成。

う~ん・・・。
読んでいるとなんだかわからなくなってきました(汗)
1の意味だと「投機」にも似ているけど、大きな利益をねらっているわけではないのが「投資」なのかな?
なかなか難しいです(>_<)


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

|

« 第36回横浜市聴覚障害者の集い | トップページ | 横浜松坂屋閉店 »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/41632960

この記事へのトラックバック一覧です: 「投機」と「投資」:

« 第36回横浜市聴覚障害者の集い | トップページ | 横浜松坂屋閉店 »