« にゃんこな横顔 | トップページ | 闘病記録終了☆ »

2008.06.07

氷室冴子さん

今日、たまたま職場で氷室冴子さんの作品の話しをしていたところ、夜氷室冴子さんが亡くなったことを知りました。
まだ51歳。
本当に驚きました。

氷室さんは北海道岩見沢出身です。
初期の作品には、岩見沢市民なら誰もが知っている「市内Aコース」のバスにのり…なんてことが、作品に登場します。

私の中学・高校時代は氷室冴子さん、新井素子さんが大人気で、少女小説と言われた集英社のコバルトシリーズが大人気でした。
氷室さんは「クララ白書」や「アグネス白書」といった札幌の北星女子をモデルにした学園ものや、「なんて素敵にジャパネクス」、「なぎさボーイ」など本当によく読みました。

私は、大瀧詠一さんのナイアガラSoundが好きですが、杉真理さんや山下達郎さん、佐野元春さんなどの影響で大瀧さんSoundにたどり着いたのではなく、きっかけはコバルトシリーズの「水曜日には雨がふる」という大和真矢さんの小説のBGMが大瀧さんの「雨のウェンズディ」だったからなんです。(あとがきにそう書いてありました)
それ程、私に影響力があったシリーズなわけです。

当時、赤川次郎さんも大人気でしたが、私は氷室冴子さんをよく読みました。
ここ何年も氷室さんの作品を手にとってはいませんでしたが、何だかびっくりと同時に淋しい気持ちでいっぱいです。
ご冥福をお祈りします。
あの頃夢中になって読んだ作品の感動、忘れません。


ブログ村でブログランキング参加中★

|

« にゃんこな横顔 | トップページ | 闘病記録終了☆ »

想い出あれこれ」カテゴリの記事

コメント

亡くなはりましたね・・・。
ボクも中学時代に新井素子さん大原まり子さん等と共によく氷室さんの作品を読んでいたのでショックでした・・・。
ご冥福を心からお祈りいたします。

投稿: アーラー | 2008.06.07 01:23

footアーラーさん
世代を超えて、中学生頃読むのはあのあたりの作品なんでしょうか・・不思議です。
それにしても本当に、ショックですね。

投稿: ドシル | 2008.06.07 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/41448376

この記事へのトラックバック一覧です: 氷室冴子さん:

« にゃんこな横顔 | トップページ | 闘病記録終了☆ »