« オバマ大統領 | トップページ | つかの間のお昼寝!? »

2009.01.25

コミュニティ通訳の入門書。

本は買う派と借りる派がいると思いますが、みなさんはいかがでしょうか?
私は読書が大好きなので、よく図書館を利用していました。

横浜の市立図書館はとても立派で蔵書数も多く、とてもすばらしいです。
ですが、今の私はすっかり本は買う派となってしまい図書館には1年に1~2回しか行かなくなりました。
通勤などで使う最寄り駅などに図書館があればもっと利用するのかもしれませんが、いかんせん立派な市立図書館まで行く時間を惜しんでつい本をネットで買ってしまう日々・・・wobbly
おかげで、本屋にもほとんどいかなくなりました。

本は買うけど、買っただけで読んだ気になってしまうこともしばしば・・・。
本棚ばかりが豊かになって、お財布がさびしくなります(笑)
やっぱり図書館で借りる方がいろんな意味でいいように思いますshine

私が最近読んでいるのは」コミュニティー通訳入門―多言語社会を迎えて言葉の壁にどう向き合うか…暮らしの中の通訳」というなが~い
タイトルの本。

この本、通訳全般について書かれていてとてもわかりやすいです。
日本にも多くの外国人がいます。
会議通訳の場合、英語⇔日本語の通訳がほとんどの割合を占めていますが「コミュニティ通訳」と呼ばれる地域での通訳活動(学校、病院、司法、行政などなど)の場合、中国語やポルトガル語の需要が多いのだそうです。
なるほど・・・たしかに、中国人やブラジル人が多く日本でくらしていますものね。

諸外国では、このコミュニティ通訳に手話通訳者も含んで研修をしている国もあるそうです。
手話通訳の主たる業務は、たしかに「コミュニティ通訳」ですものね。

手話通訳の場合、病院、司法、行政などへの通訳は公的制度もあり通訳派遣が利用できるように整備されていますし、資格試験も整備されていますが音声言語の通訳の場合まだまだ資格制度もなく、ボランティアで行うことが多いようです。

国が変われば考え方も違うようで、音声言語でも移民などでその土地の言葉がわからない方への情報提供支援は、「福祉」と考えられていて手話通訳同様、福祉として音声言語の通訳を派遣している国もあるそうです。
いろいろですね。

横浜にも中国人や韓国人が多くくらしていますが、病院へ行く時に中国語⇔日本語の通訳を福祉事務所で派遣してはくれないですもんね。
神奈川県の場合、外国人の病院通訳はMICかながわを利用できますが、決まった医療機関に限られていますし・・・。

手話に限らず「通訳」は本当に難しいですね。
日本でも手話通訳だけが孤立するのではなく、ひとつの言語として多言語の通訳技術等情報・意見交換ができるといいなぁとこの本を読んで改めて思いました。


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

|

« オバマ大統領 | トップページ | つかの間のお昼寝!? »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

本はいいですネ~。
お金のない小学時代は移動図書館(車に本をつめてやってくる)を心待ちにしてました。タンタンシリーズとか江戸川乱歩、コナン・ドイルとかDr,ドリトルシリーズとか好きでした。
昔は近くにえらいマニアックな本屋がありよく利用してたのですが、(ガロが初期からあった(笑))今はなくなってしまい、私ももっぱらネットです。
ただ現在本がありすぎて部屋がとんでもない事に・・・2000冊ぐらい??(苦笑)
今年はちょっと買うの控えようかな~?
と、言いつつ今日も古本屋巡りをしてしまう・・・(笑)

投稿: アーラー | 2009.01.25 23:35

sunアーラーさん
本とCDは増えますよねsweat02
私も小中学生の頃は図書館や移動図書館のお世話になりました(笑)
私は北海道の田舎育ちなので、購入リクエストを出すと図書館がなんでも買ってくれて、1番に読めたんですよ(笑)
都会ではそうはいきませんよねsweat02

我が家も本が溢れていて、います…。
う〜ん、なんとかしなくちゃ!

投稿: ドシル | 2009.01.26 09:00

はじめまして。中国に暮らして3年、以前は“コミュニティ手話通訳”(←いいネーミングですね。)ができるレベルでしたが、こちらに来てから使うことはなく、レベル低下の一方です。
帰国後は横浜在住予定ですので、情報を求めてネットをくぐっていたら、こちらにたどり着きました。
よろしくお願いします。

投稿: もん | 2009.02.02 20:04

footもんさん
コメントありがとうございます。
大連にお住まいなんですね~。
私は中国は、広州にしか行ったことがありません^^;

横浜は住みやすいですよ(^^)
日本最大の中華街もありますし~♪

投稿: ドシル | 2009.02.03 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/43850662

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティ通訳の入門書。:

« オバマ大統領 | トップページ | つかの間のお昼寝!? »