« バレンタインデー☆ | トップページ | 全通研討論集会の報告会 »

2009.02.17

本音でいこう!

先日、ちょっとしたことで意見の相違がおこりました。
手話サークル内というわけではないのですが、手話関係の仲間内でのお話。

私が思ったことを正直に伝え、相手も考えていることをキチンと説明してくれました。
どちらがいいとか悪いとかではなく、お互いに本音で言い合える関係がいいなと本当に思います。

意見を言い合ったら、それを根に持たずスカッとまた手を携えて一緒に活動できるコト。
それが一緒に活動する仲間なんだろうなと思います。

手話サークルの中でも同じで、サークル歴にかかわらず言いたいことを言い合える環境、意見をぶつけ合える環境がいいですよね。
役員だとか一般会員だとか関係なく、何がしたいのか、何ができるのか、お互いに自分にできることを無理なくやっていけたら、継続できるしみんなで楽しめる雰囲気になるのかなと思います。

「本音でいこう」これ、私の今年のテーマにしようかな(笑)


ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

|

« バレンタインデー☆ | トップページ | 全通研討論集会の報告会 »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

この間サークルで 私より聞こえない難聴の友達が講習がわからないでいたので指導員にホワイトボードに使って書いてほしいと意見を言ったらムッとされ、露骨に嫌な顔して「口を読めるようにしなさい!」といわれました。そのことをまだ根に持ってて、次の週に別の指導員が作成したプリント配ってたその指導員は私にまえではプイッとプリント渡さず通っていったので 唖然! 私の隣に座っていた友達が気づいて「プリントください!」と言ってくれたので助けてもらえました。指導員が聴覚障害者にこんな態度で悲しくなります。

投稿: ひろろん | 2009.02.22 00:04

私は3つサークル参加してます。最初に入会したサークルは昔から健常者の講師が中心に手話を教えています。そのことでず~と聾協ともめてて 4年前にとうとう決裂してしまい 現在はほとんど聾者がこない状態です。 そして去年隣の市でのサークルである聾者に出会いました。彼女はいくつものサークルで手話の講師、と社会福祉協議会からの依頼で小、中学校にも授業の福祉支援にもいっている 指導の上手な聾者で 私は思い切ってつたない手話で月に1回でよいのでサークルに来てほしいお願いしたら OKをしてくれて3ヶ月前からきてくれるように 会員みんなは聾者の手話みれると 彼女の人柄もすごく好印象で喜んでくれてるのですが 健常者の講師は認めず 彼女の手話には問題あるとか、隣の市からなのにとか ひどい態度をとってきています。 聾者に手話を否定する健常者の講師に困っています

投稿: ひろろん | 2009.02.22 00:28

footひろろんさん
いろいろ地域やサークルによって考え方が違いますから、なんとも言えませんが・・・。
私の地域では、ろう者の使う手話はどれも正しいという考え方をしています。

聴者の日本語だって年齢や出身地によってそれぞれ、いろいろな言い回しがありますから・・・。

投稿: ドシル | 2009.02.22 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/44091254

この記事へのトラックバック一覧です: 本音でいこう!:

« バレンタインデー☆ | トップページ | 全通研討論集会の報告会 »