« 心新たに・・・。 | トップページ | 送別会☆ »

2009.03.16

偶然と必然

ヒトの人生は宇宙の何光年という流れからみると、ほんの一瞬なんだなぁと最近思うことが多いです。
柄にもなく・・・ですが^^;

どんな星の下に生まれたのか自分の人生は、幸せなのか幸せじゃないのかなんて終ってみないとわからないけれど、限られた時間の中で出会えることは奇跡に近いな・・なんて時々思ったりもします。
たぶん、私の人生に登場するすべてのヒトたちとは出会うべくして出会ったんだろうなぁ・・・と思っています。
すべては、偶然ではなく必然だと。

今日、ものすごぉい確率の再会があったのです。
1年ぶりに日本にやってきたニュージーランド人とバッタリ道端で遭遇しました。
3月の末ごろ、日本に来るのはわかっていたのですが特別会う予定はなかったのに・・・。

ばったり会った時、私は一瞬自分がどこにいるのかわからなくなりました(笑)
だって、いるはずのないヒトが目の前に現れたんだもの~。
もぉ~!びっくりして、「どうしてここにいるの~?」って訊いたら「今日、日本に着いたところ。これからホテルへ向かうところ」って・・・。
いや~、本当に驚いて「久し振り!」って言うのも忘れてしまいました。
道端で抱き合って再会を喜びましたよ(笑)

年に1度、この季節にやってくる旅人のような方ですがかれこれ5年のお付き合い。
こんな出会いでも、やっぱり私の人生に影響があるんだろうし、もっと英語を勉強しなさいって言われているような気がしました(笑)

ブログ村でブログランキング参加中★
Img54665

|

« 心新たに・・・。 | トップページ | 送別会☆ »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

私は長男のことで似たような気持ちになりました。

病気で生命の危機に陥りながらも、大学病院に1床だけ入院枠が空いていたこと。
日本にひとつしかない珍しい(^^;今のろう学校が、通うことが出来る所に存在したこと。

・・そして、そういう出来事の延長にドシルさんとの出会いがあったこと。
とっても不思議な気がします^^

投稿: めたぼん | 2009.03.18 06:02

foot めたぼんさん

1床だけ空いていた・・・ってスゴイですよね。
めたぼんさんのお子さんは、病気になって聴力を失わなければ、
入院や手術の経験をしなくて済んだでしょうし、今の学校にも
通わず、家の近くの学校に行っていたでしょうね。

その代り、今のお友達や先生にも会えなかったし、興味を持つことだってきっと
違ったでしょう。
そして、めたぼんさんと私は出会わなかたでしょうね。

投稿: ドシル | 2009.03.18 10:22

再会で話したくなった。私は8年前に平塚市に越してきました越してきたその日に平塚市役所へ そしたら10年前に誤解から 何を誤解してたのかわからないまま絶縁になってしまった同期の友達にバッタリ 彼女も職場結婚し・・偶然にも彼女のだんな様はうちのだんなの同期でした。 ギクシャクしながらも挨拶し連絡先を交わした。そのあとメールして 何度か送るうちに会いたいとなって 私達は誤解とけて復縁。ほんの少し時間ずれて市役所にいっていたら 会うこともなく 復縁ありえなかったかもしれないから せっかく復縁したので 大切にしていきたいと思っています。

投稿: ひろろん | 2009.03.21 20:34

footひろろんさん
誤解がとけて、またお友達との交流が復活してよかったですね(^^)

投稿: ドシル | 2009.03.22 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/44371365

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然と必然:

« 心新たに・・・。 | トップページ | 送別会☆ »