« 小野広祐さんの講演 | トップページ | イチロー選手。 »

2009.04.15

動き出す。

サークルの総会が終わり、この1週間であっという間に新年度が動き出した感じがします。
ここをご覧の、うちサークル役員の方々、笑っていませんか?(笑)
動き出したというよりは、走り出したという感じかなぁtyphoon

たぶん、どこのサークルもいろんなトラブルを抱えていたりすると思いますが、私が所属しているところはそういうトラブルもなく、「うらやましいなぁ」と友人には言われたりしています。
うらやましがられるほどでも・・・と思ったりもしますが、周囲のヒトの話を聞くとなかなかうちのサークルって、稀有な存在かもぉ~と自画自賛(笑)

役員批判とかもないし、会員同士協力しあう土壌ができています。
他のサークルのヒトが遊びに来ると驚かれたりします。
自由な雰囲気?

かといって、みんな手話がバリバリにうまいというわけではないので、どこでも起こる「手話をつけないで話す」ヒトがゼロではありませんpout
それがねぇ・・・なくならないというのがとても残念ではあるけれど、声を出さないで手話をする学習もしているので、声なしが当たり前的な空気があったりもします。

2009年度、私は何度目かの役員をやり今年の講師のこと、学習会のこと、レクリエーションのことなどいろいろ相談して、日程がきまりつつあります。
どんなカラーになるのかは、これからのお楽しみですが、30数年以上の歴史あるサークルでなおかつアットホームでろう者も集まっているサークルなので伝統も新しさもいい面を繋いでいけたらいいなぁと思っています。

今年は「ゆずり葉」の上映もあるし、楽しみですねぇ~♪


★ブログランキング参加中です。↓クリックすると手話ブログランキングへ飛びます★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 小野広祐さんの講演 | トップページ | イチロー選手。 »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントします。
ブログを拝見しましたら、とても共感が持てる内容だったので、質問がしたいです。神奈川県(茅ヶ崎平塚大礒周辺)でどこかいい手話サークルをご存じないですか?単語の覚えこみがメインのサークルではなく、ろうの方がいて、日本手話を熱心に指導しているサークルを探しています。私は4月に神奈川に引っ越してきて、これからも日本手話を磨いていきたいので、もしご存じてしたら教えてください。いきなり唐突な質問をお許し下さい。

投稿: かっちょん | 2009.04.16 20:59

budかっちょんさん
コメントありがとうございます。
ブログをご覧いただいて、共感していただける部分があったならうれしく思います。

神奈川に引っ越ししてきたばかりなのですね・・・。
私は横浜在住なので、他の地域のことはわからないのですが^^;
茅ヶ崎あたりだと「松の会」というところが歴史があると思います。
一度見学へいかれたらいかがでしょうか。
あまりお役に立てず、すみませーん。

投稿: ドシル | 2009.04.17 21:54

今日は 早瀬憲太郎さんの講演会を見てきました。
みんなの手話のあの人が~わあ~と舞い上がりました。講演の内容もとても楽しかったです。終わってから あつかましく近寄っていき友達と一緒に携帯電話で写真とらせてもらいました。握手も快くしていただけました。感激~ヽ(´▽`)/

投稿: ひろろん | 2009.04.18 21:11

ほんとにありがとうございます。いちど見学に行ってみようと思います。

ありがとうございました~(^-^)

投稿: かっちょん | 2009.04.18 23:32

松の会 うわさは聞いたことありますu。隣の市なので興味ありありなのですが時間帯が夜であきらめました。ドシルさんのサークル見学いってみたいなあ~ 「声なしが当たり前的な空気に」実行されてるサークルは少ない。難聴の私はやってるとき手話ぜんぜんできない健常者の人たちが「声だして~」と言う。口よみ様子でわかってるが 無視して声ださないで続ける。
聾者の時は声だして~といわないのに 難聴の私には声だしてというのが どうして?(ーー;)と思っています。

投稿: ひろろん | 2009.04.19 07:42

sunひろろんさん
早瀬さんのお話はとっても面白いですよね!
今回も藤沢のセンターは満員だったでしょうね*^^*

footかっちょんさん
サークルの良し悪しは、行ってみてそのサークルのカラーや方針に自分が合うかどうかだと思います~。
いくつかのサークルを見て、長く続けられるところに入会するといいですよぉ。
県域にはサークル連絡会があって、入会しているサークルもあれば入会していないサークルもあるので*^^*
がんばってくださーい。

footひろろんさん
聞こえるヒトは声があると声に頼るんですよね~。
だから私は声を出さない学習の方がいいと思いますー。

投稿: ドシル | 2009.04.19 15:52

つらい 6年もいた手話サークルから はじき出されました。難聴者を理解してもらえない現実にへこんでおります。手話サークルは聴覚障害者を理解し、交流とかかげてますが 健常者たちの聴覚障害者は 聾者だけしかみてないってことが悲しいです

投稿: ひろろん | 2009.04.27 09:17

通訳者の方々も 聴覚障害者って聾者しか見てないのかな??

聾者は 聞こえない仲間に 難聴、中途失聴者は枠にいれてないのでしょうか?

今日の目で見るテレビでも 障害者自立支援法について語ってる中で 「ろうコミュニティ」って言葉があって どうして?とおもう 「ろう」「ろう」ってつかわないで 「聴覚障害コミュニテティ」ってしてほしいな~と感じました 

投稿: ひろろん | 2009.04.27 09:23

footひろろんさん
私は聴者なのでなんとも言えませんが、難聴者とろう者とでは、必要なコトがやはり違うのだと思います。だから、中途失聴・難聴者協会と全日本聾唖連盟と二つの団体があるのだと思います。
別にお互いにいがみ合っているわけではないし、仲間だと思っていないわけではないと思いますが、必要な情報保障など求めるものが違うのでそれぞれの団体が生まれたのではないでしょうか。
そして、必要に応じて協力し合っているのだと思います。

手話サークルは、聴者もろう者も難聴者もいる場だとは思います。
でも、「ろう者」と言われたくない難聴者がいらしゃるように、「聴覚障害者」ではなく「ろう者」と呼んで欲しい生まれつき聴こえないヒトもいます。
だから「聴覚障害者コミュニティ」があってもやはりその中に「ろうコミュニティ」や「難聴者コミュニティ」となることは必然なのではないかと想像します。

それぞれの立場を尊重することが大切だと私は思います。
ひろろんさんは、難聴者なんだから難聴者に必要なことを広めていけばいいと思いますよ。

投稿: ドシル | 2009.04.27 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/44682668

この記事へのトラックバック一覧です: 動き出す。:

« 小野広祐さんの講演 | トップページ | イチロー選手。 »