« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の投稿

2009.05.30

el secret-エル セクレト-

風邪から復活した週末・・・ということで、今日は関内・馬車道周辺で食事をしようということでぶらっと馬車道界隈へ出かけました。
久し振りに足を運ぶと、いろいろと変わっていますね~~~。

町は開港150周年一色といった感じでした。
馬車道駅からほど近い、狭い路地にスペイン料理のお店「エル セクレト」はありましたshine

Elsecret

あまりスペイン料理らしいたたずまいではないのですが、入口にスペインの国旗がありお店に入るとスペインの地図もありました。
シェフはスペイン人。イベリコ豚など本格的なスペイン料理が楽しめます。

私たちは、せっかくだからということで、横浜開港150周年記念のコース料理をいただきました。
おいしかったです~~~。
デザートは、シャーベットにスパークリングワインがかかったものでしたが甘さ控えめでとても口当たりが良かったです。
また行きたいお店です☆

本当にたまたまですが^^;今日の「出没!アド街ック天国」は横浜ベイエリアの特集でした。
その中で、わずかな時間ですが、エル セクレトも紹介されていましたnotes

ちなみに「el secret」は英語だと「the secret」となります。
日本語だと「秘密」かな。
店舗名と考えると「隠れ家」みたいなニュアンスなんでしょうか・・・。
ああ・・翻訳って難しい。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.29

開港博Y150での情報保障などなど。

先日、開港博Y150で手話ができるボランティアがいるということを記事にしたところ、ありがたい情報提供をいただきました。firiruさんありがとうございました☆

このコメントは、こちらの記事に寄せていただいたもので、その時のやり取りなどもそのまま残してありますが、Y150は9月まで開催されていますし、コメントだけではもったいないのでいただいた情報を広く知っていただきたいので、改めて新しい記事としてエントリーしましたsun

ただし、下記のY150の様子は5月21日までに確認されたものです。
それ以降、映像に字幕が付くなど情報保障について改善されている場合もありますので、どうぞ5月21日現在だということを念頭に置いていただいた上でぜひ参考にしてくださいhappy01

<<Y150ベイサイドエリア>>有料会場内の情報を知る範囲でお知らせします。
※手話バッチ
黄色のベストを着たボランティア(登録数2,314人)の胸に『手話』バッチがある人は,手話ボランティアです。
担当の会場(例.Y150はじまりの森)のみ案内通訳として同行できます。
他の会場へは同行できません。
<Y150トモローパーク>
①未来シアター『BATON』(アニメ):効果音も含め,字幕付き。会場が暗いので離れた手話通訳は見えないと思います。接近手話も見えにくいかと。触手話なら勿論OKですが。
②アースバルーン:これが一番(晴眼者に)好評のようですが・・・。ご覧になってご存知と存じますが,上映予定時間が,1回目;19時25分から(季節により変更)。風が強いと中止です。
<NISSAN Y150ドリームフロント>
①スーパーハイビジョンシアター:日本各地の自然を映像で紹介。
暗いので手話通訳は見えないと思います。
通訳者へのスポット等のお願いもしましたが「映像を楽しんで頂きたい」(?!)と・・・。字幕無し。
②PIVO LAB.(ピボ・ラボ):電気自動車。説明は,モニターのアニメから。字幕無し。
うす暗いですが,座る椅子(位置)により手話通訳は見えると思います。

難聴者・中途失聴者の方々への配慮はありません。
ボード・メモ用紙の準備もありませんでした。
各会場のパンフレット倉庫に準備頂けるよう提案してみます。

尚,ボランティアの方々の手話技術ですが・・・主催側曰く「各言語(手話も含め20言語)技術については自己申告」との事。上級者(とても少ない)から入門の方々までおいでの様子でした。
以上,サークルの皆様のご参考になれば嬉しいです。

手話通訳と字幕、それに筆談がしやすい環境が整備されるととてもうれしいですね~note
手話がわからない、ろう者に会ったことがないという方もぜひY150へ行ったら「手話バッチってどんなかな?」とか、「おお!あれが手話通訳者かぁ~」というようにぜひぜひ、注目していただけると嬉しいです☆


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.05.27

脳科学とドラマ。

私は去年から、ほんの少しだけ脳科学に関わる仕事をしています。
脳科学に関わっている・・・というよりは、脳科学に関係する仕事をしている人たちと一緒に仕事をしているというかんじかもしれません。

そして、今クール「MR.BRAIN」という脳科学者にスポットをあてた異色の刑事ドラマがスタートしました。
木村拓哉さんや水嶋ヒロさんなど注目度の高いキャスティングでも話題ですね。

そして脳科学にちょっとだけ関わっているので、ドラマを見てみようかと思い第1話を見てみました☆
ドラマとしては面白かったです。
セットも近未来な感じでスゴイし、警察署は近代建築で階段室がキレイだし(笑)
スゴイなぁと妙な関心をしてしまいました。

なんたって「キイナ-不可能犯罪捜査官-」のような超ありえない刑事ドラマを楽しく見ていた私なのですから、今回だって楽しめるはずなのです。
だけど、初回を見てものすごい設定にけっこうびっくりしました(笑)

5年前の主人公の九十九さん。
あんなにいきなりビルの外壁が落ちてくる事故で脳を損傷するなんて!!
あんなスゴイ外壁の落ち方、コントかと思いました(笑)
いや~、ドラマなのにすごい設定。

そして、今後の伏線んんだと思いますが驚異の脳の持ち主の主人公・九十九さん。
たった5年で「脳科学者」になっちゃうなんて・・・ドラマじゃないとありえませんsweat02
現実的なことを考えてしまうと、大学4年と大学院の修士と博士課程を修了するのだけで9年。
博士の学位をとってもあんなスゴイところに「先生」として就職するなんて普通じゃありえないのに、わずか5年で「先生」として 「警察庁科学警察研究所」に入職なんて、どんだけ天才の設定なのかしら~~~heart04
・・・と、ドラマと現実ごちゃまぜにしながら第一話を見た私です(笑)
実際の科学警察研究所にはたぶん、脳科学研究室はないのではないかと思いますが、今後そういったアプローチがあると面白いかもしれませんね~。
それとももうすでにあるのでしょうか???
犯罪行動科学に含まれたりするのかなぁ・・・心理学や精神医学や脳科学を含んでいてもおかしくないような気もします。

そんなわけで、脳科学ドラマの今後の展開がちょっと楽しみです。
近未来な雰囲気なのに、主人公はどこか名探偵「金田一耕介」的なズレた感じがあってミスマッチなところが面白いなぁなんて思います。

私は自分の脳の何パーセント使ってるのかなぁ?sweat01
がんばって働いて欲しいものです^^;;;


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

日本語に苦悶。

今、知人からの依頼で日本語を読んでより的確か日本語に換えるという作業をコツコツとやっています。
私は日本人を何年やっているのだぁ~~~と、思うほどいろいろと悩みます。

う~ん・・・難しい。
ニュアンスの違いや微妙な言い回し・・・日本語と向き合っていると言葉と文化が本当に密接なものであることがよく分かります。
日本人だからこそ、日本語が母語だからこそ言語学的な日本語を理解しないで使っているとう面は否めません。
日本語に過敏になり、言葉と向き合うとそんな自分の無知がよ~く見えます。

手話を日本語に翻訳するにも、聴こえた日本語を的確は手話に翻訳・変換するにも日本語力は大切ですよね。
もっともっと日本語をしっかりと勉強しなくちゃなぁ・・・。

さてと。
これからも、日本語と向き合ってがんばります~。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.25

開港博Y150での手話対応のコト。

開港博がはじまって以来、あまり近寄りたくなかったみなとみらいエリアに夜、ぶらりと行ってきました。
Y150会場には足を踏み入れませんでしたが、アースバルーンが夜空に浮かんでいてきれいでした*^^*

先日、ブログにコメントを下さったひろろんさんがY150のインフォメーションに問い合わせをした際、「手話ができるスタッフもいます」といった類の回答をいただいたというコメントがあったので、ちょっと調べてみました。

開港博Y150のボランティア募集の際に、「外国語や手話で日常会話ができる方歓迎。※通訳兼務で活動していただきます。」という文言がありました。
その上で、『聴覚障がい者への手話通訳(案内活動兼務)』というボランティア活動の募集が案内サービスの補助にありました。

なるほど。
専属ではないけれど、手話ができるボランティアさんを積極的に募集していたんですね~。
手話ができるスタッフさんだと見てわかるのかな?
わかるような手話マークが、胸元についていたりするとろう者が行っても誰に声をかけたらいいか分かりやすくていいですね。
まぁ・・・手話ができる方が常駐しているとは限らないのですが^^;

ベイサイドエリアだけではなく、ヒルサイドエリアでも同様に手話ができるボランティアスタッフを配置するようです。
でも、聴覚障害者は手話を使うヒトだけではないので手話ができないスタッフの方でも気持ちよく筆談で対応してくださるような配慮があると、ありがたいですね。

よくわからないけれど、1989年に開催された横浜博(横浜市制100周年、開港130周年記念で開催の博覧会)では手話ができるボランティア募集なんてなかったと思うので、それを考えるとゆっくりとですが世間の理解が広がっているのかなぁなんて思います☆


★ブログランキング参加中です。↓クリックすると手話ブログランキングへ飛びます★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.05.24

長作くんのダンボールハウス☆

私の風邪も治りきらない週末、わがやの5匹の猫は元気に飛び回っていたはずでした・・・。
ところが、昨日1匹かすれ声のにゃんこがbearing

案の定、長作くんでした。
一番体が大きいのに、一番細菌やウィルスに弱く、病気がちだった母猫なつの悪いところを受け継いだようなにゃんこです。

長作が風邪をひくと、重症化することがあり、数年前には死にそうになって夜間救急病院へ連れていった挙句、数日入院させたこともあるほどsweat02
それ以来、長作の風邪には注意をしていたのですが、昨日の夜から声がかれていて鼻水を垂らしているのです。
私の風邪が移ったのでしょうか!?いやいや、異種感染はないはず~っ。(私は人間、長作は猫だもの)

Chochan1

そんなこんなで、昨日から長作くんを外出禁止にしてバルコニーにも出さないでいたらふてくされて(?)小さなダンボールに入ってしまいました(笑)
このダンボール、2リットルのペットボトルが6本入っていた小さなもの。
3キロ弱の体重の長ちゃんが入るにはかなり小さいのですが、猫は狭いところが好きだから上手に入り込むものです^^;;

本当は捨てようと思ったダンボールだけれど、しばらく長ちゃんのお部屋につかってくださいcoldsweats01


★ブログランキングに参加しています♪↓クリックすると猫ブログリンクへ飛びます。★
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.23

裁判員制度など。

5月21日以降に、起訴された重大事件がいよいよ裁判員裁判の対象になります。
早ければ7月に初めての裁判員裁判が開催されるそうですね。
裁判員制度に不安を感じる人、多いですよね。
私もその一人です。

できれば、裁判員に選ばれたくないなぁ・・・と正直なところ思います。
でも、もしも無作為に選ばれる裁判員に選ばれてしまったらがんばって義務を全うしないといけないなぁという妙な責任感もなんとなく持っていたりします。
そのためには、視覚・聴覚障害者もきちんとその義務を全うできるような配慮を裁判所も、検察も、弁護士も、そして一緒に裁判員になる人たちにもしていただくことは大切なことだと思います。

でもって・・・。
なんで今頃、こんなことを記事にしているかというと、私の勤務先からお知らせが届いたのですthink
『裁判員に選出されて、出頭する場合は特別有給休暇を日数に制限なく付与します』という内容のものでした。
特別休暇が付与されるためには、いろいろな手続きが必要ではあるのですがsweat02

ちょっと他人事のように遠巻きに見ていた裁判員制度。
職場からのお知らせを見て、妙にリアルで身近な制度に感じてしまいました。
裁判員の守秘義務は、一生守らなくてはいけないとのこと。なかなか荷が重い役割ですね。
できるなら、やっぱりやりたくないなぁ・・・。ああ・・複雑。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665




コネタマ参加中: 裁判員、やりたい?やりたくない?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.05.22

新型インフルエンザのコト。

新型インフルエンザがいよいよ、関東にもやってきました。
熱があっても空港の検疫で陰性になるのですから、かなり多くの方が検疫をスルーして日本に入国しているような気がします・・・。

実は私、関東初のインフルエンザにほっとした面があるのです。
不謹慎で恐縮ですが・・・。
関西であれだけ広がっているのですから、関東で感染者が見つかるのは時間の問題だと思っていたのです。
一番私が恐れていたのは、私の職場から関東1号感染者がでるのではないか・・ということなのでした。

来週、ニューヨークからお客様が来日します。
私の勤務先では、海外からのお客様も多いので新型インフルエンザにはかなり慎重な対応をしていて、メキシコ・カナダ・アメリカなどからの帰国者や招聘者などは最低7日間は、マスクをして出勤するように注意喚起がされています。

でも、アメリカ人って日本ほど過敏じゃないのでマスクを嫌がる傾向があるようで、来週からいらっしゃる方にマスクを強要はできないしどうしようかと思っていたのでした。
もし、マスクを着用しないでいてうちの職場から新型インフルエンザの関東感染者1号がでたらマスコミが来ちゃって大変だわ・・・なんていらぬ心配をしたりして。

そんな折、おととい関東で感染者が発見されたので当事者の方には大変申し訳ないのですが、変な安堵感を覚えました。
遅かれ早かれ、感染者はでると思うのでたまたま関東1号の感染者になったというだけで責められるのはなんだか気の毒に思います。
学校も帰国後すぐに登校させないなど注意を払っていたようですし・・・。

確かに、こんな時期に渡米させるなんて!!というご意見があるのはわからなくはないのですが、模擬国連に参加できるなんて一生に一度あるかないかのチャンスです。
インフルエンザにかかってしまったけれど、ニューヨークで過ごした数日や様々な国の言葉や文化にふれた体験は、すばらしい体験として今後の人生に大きな影響があるのではないでしょうか。
もし、私だったら行けなかったら一生後悔したかもしれません。
せっかく招待状をもらったのに、親や学校に反対されて断念したら大きな失望が残っただろうと思います。
結果的に、インフルエンザになってしまい多くの人に迷惑をかけてしまったかもしれませんが、1号・2号じゃなかったら責められなかったような気がしませんか?
昨日見つかった、30代の方の渡航目的など詳細は不明ですがそれほど大騒ぎにならないのは3番目だからだと思うのです。

私は、模擬国連に参加したことを責めるべきではないと思いますし、行かせた親や学校のことも責任を問わなくてもいいのではないかと思っています。
たまたま関東で初めての感染者となってしまったので、矢面に立つことになってしまいお気の毒だと思います。

予防することは大切なことですが、日本は鎖国しているわけではないので欧米からの往来を規制することはできません。
私の職場でも来週、再来週とアメリカからどんどん人がやってきます。
たぶん、彼女たちはマスクをしないと思います。
それでも、私は彼女たちと話をするし握手もします。

その上で、手洗いやうがいもして予防には心がけます。
でも、新型インフルエンザに感染するかもしれないし、しないかもしれません。
かかってしまったら、仕方がないですよね・・・。
薬も効くことですし、医師の指示にしたがうしかないかなと思います。

余談ですが、「新型インフルエンザ」ってアメリカ人は今も「swine flu」って豚インフルエンザという言い方をするんですよね。
私がどんなに"new model influenza"と書いてもお返事は"swine flu"となります(笑)
「新型インフルエンザ」と名前を「豚」から切り離したのは、豚肉の風評被害を懸念した日本政府だけで、諸外国ではそのままの呼び名なのかもしれませんね・・・。
"new model influenza"でも通じるので、豚インフルエンザが新型だという認識は海外でもあるのかなと思いました。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.20

風邪をひいたみたい。

月曜日の午後、仕事をしていたら鼻水がズルっと・・・sweat02
何のアレルギーだろう?何に反応したのだろう~??と思っているうちに、のどが痛くなってきましたcrying

週末の寒さそして、週明けの夏日・・・寒暖の差に体がついて行かなかったのか私の気の緩みなのか久しぶりに風邪をひいたようです。
こんな季節に・・・。

今は世間が新型インフルエンザに過敏になっています。
私も、風邪で免疫が低下している間に新型インフルエンザに感染しないとも言い切れないのでひとまず今日の通勤時には、巨大マスクを着用しました。
首都圏では、まだまだマスク率は高くないようです。
神戸あたりの通勤風景を見ると、マスクをしている方が多いですよね。危機意識の違いでしょうか。

夕方、ちょっとした手話関係の会議に行って「喉がいたい~」と言うとろう者に「豚?」と言われました^^;
「豚じゃなくて、鳥かも・・・」と冗談で返すと、「豚でも鳥でもなく、馬鹿インフルエンザじゃないの~?」と言われましたpunch
単なる風邪で、インフルエンザではありません・・・熱もないし食欲もあるし・・・。

今日は薬を飲んで早く寝ますwobbly


★ブログランキングに参加してみました。↓クリックよろしく♪★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.05.19

DSソフト「手話の森」のコト。

ニンテンドーDSは言わずと知れた人気のゲーム機ですね。
今は、後継機種のDSiの方が人気なのでしょうか?
私は、DSしか持っていませんsweat01

DSのソフトと言えば、大人も楽しめるものが多いですよね。
料理のレシピだったり、脳トレだったり英語学習だったり・・・。
そしてなんと!いよいよ6月にDSで手話の学習ができるソフトが発売になります☆
その名も、「手話の森」です。

「手話の森」の公式サイトはこちらです。
かわいい動物が迎えてくれますよ~。
日立製作所の監修ということで、納得です。
日立といえば、手話アニメーションの「MimehandII」が有名ですよね。

「手話の森」の公式サイトによると、6月に発売になるのは初級編とのこと。
英語ソフトも、中級・上級と出ているのでこのソフトもそうなのかもしれませんね。
6月が待ち遠しいいです~。

アマゾンでも、購入できます↓。
手話の森(2009年6月発売予定) 」です。
価格は、4,070円のようです。


★ブログランキング参加中です。↓クリックすると手話ブログランキングへ飛びます★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.18

つぶらな瞳

Kurochan

写真を撮るときはだいたい寝ているか、目をそむけているクロちゃん。
めずらしく、おめめぱっちりで写真が撮れました(笑)

以前、我が家にあったソファーは少し前に処分してしまいました。
ソファーがなくなって猫たちはしばらく困惑していたけど^^;;若干、リビングが広くなりよかったです。
ソファーがなくて人間も、TVを見ながら寝てしまうということがなくなりましたsweat02

今日は横浜は1日風が強かったです。
こんな強風の日は、必ず外へ行きたがるなごみさんは、今日も気合十分に出て行きました・・・。
何が彼女をそうさせるのやらcoldsweats01


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

ふるさと納税

ゴールデンウィーク返上で千葉県我孫子市では、市役所の窓口で現金で定額給付金が支給されたというからスゴイですね^^;
横浜では、連休明けに定額給付金受け取り手続きの書類が来ました。

母と家とうちとでは数日ズレていましたが、金額の関係でしょうか?
それとも高齢者世帯は早く送付されたのかなぁ・・・think

とにかく忘れないうちに手続きをしました。
と、いっても入金されるのは世帯主の口座(笑)特に何に使うかは決めていませんが、景気対策の給付金なので近所でごはんを食べるとか、買い物するとかして使おうかなと思います。
(いや、すでに受け取る前から散財しているような・・・sweat02

定額給付金とは関係ありませんが、昨年から「ふるさと納税」ができるようになりました☆
私は勉強不足でよく知らなかったのですが、住民税の一部をふるさと納税できるのかと思ったら違うんですね~^^;
「ふるさと納税」という名の寄付(指定寄付か一般寄付か選択できます)を、自分の好きな市町村にすると寄付証明が送られてきて、それを確定申告すると翌年の所得税、住民税などで控除になる・・・という感じみたいです。
(合ってます???どうにもイマイチ自信がありませんがcoldsweats01

で、何事もやってみないとわからないのでやってみましたふるさと納税。
財政再建団体となっている北海道の夕張市へ寄付してみました・・・わずかですがsweat01
夕張は実は、私の母の故郷だったりします。財政再建団体になった後、市長になった現職市長は幼馴染だとかなんとか言っていた記憶があります。
母が夕張を離れて30年以上経っていると思いますが、初めて財政破綻した市としてTVで放送それると母はよく「近所に住んでいた○○さんが映った」と言っていました。

そんなわけで、おためしでふるさと納税。
夕張市では指定寄付の場合『幸福の黄色いハンカチ基金』があります。

ふるさと納税は、そのネーミングから出身地じゃないといけないと思っている方も多いかもしれませんが、寄付扱いなので、どなたでも自分が好きな自治体・自分が応援したい自治体へすることができます。
「北の国から」ファンなら富良野市へふるさと納税noteとか・・・。

そして先日、夕張市から寄付証明書が届きました。
しかし・・・源泉徴収はすべて勤務先にお任せのサラリーマンな私。
確定申告なんてしたことがいんですねぇ(苦笑)
少額の寄付なので税金が戻らなくてもどーってことないのですが、何事も経験経験・・・。
来年は確定申告をやってみようかなぁと思いながら、寄付証明を大事にしまってみました。
う~ん・・・来年、忘れてそうな気がしますsweat02


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

高知白バイ事件のその後。

昨年1月にも紹介した(こちらです)2006年に高知県でおこった、警察による証拠の捏造疑惑のある事件。
冤罪の可能性が否定できない中、当時被告だった片岡晴彦さんは禁錮1年4ヶ月の実刑判決受けて収監されています。
その片岡さんが高知県警を相手に、国家賠償を求める裁判を起こし15日午後、1回目の口頭弁論が開催されたそうです。

日本の法律では疑わしきは罰せずだったように思っていましたが、どうしてこのようなことになてしまったんでしょうね。
こういった冤罪って、だれの身にも起こりうることだと思うので、本当に真実を知りたいと思います。
過去の裁判を傍聴したわけではないので何とも言えませんが、証拠捏造の可能性が否定できないのにどうして有罪になるのでしょうか?不思議です。
もし、この事件が裁判員による裁判だったら有罪にならなかったような気がしませんか?
今後もこういう事件は凶悪事件じゃないから、裁判員裁判にならないのでしょうか?
こういった事件ほど、裁判員裁判をやってほしいなぁと思います。

もし国家賠償が認められたとしたら、片岡さんの有罪は取り消されるのでしょうか?
それとも裁判がやり直しになるのかな・・・。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.05.14

SABRINA~杉真理~

最近、通勤の時に聞いているのは「SABRINA」です。
昨年、杉さんのデビュー30周年を記念して、紙ジャケット仕様で再発売されたのは記憶に新しいところです。

Sabrina

1986年に発売されたんですね~。
実はわたし、この作品をリアルタイムでは聞いていないのです。
高校を卒業する直前くらいに購入したと思います。

私が杉さんファンになったのは1982年~1983年ごろ。
何度も書いていますが、グリコのセシルチョコのCMソングを聞いて当時小学生だった私はものすごく感動したのでした。
そして、後日近所の小さなレコード屋さんで手にしたのが杉さんの「STARGAZER」というアルバムのカセットテープ盤。
子供にとっては、LPよりもカセットの方がお手軽だったんですねぇ(笑)

子供なもので、その後杉さんのアルバムをリアルタイムで購入していたわけではないので「SABRINA」も遅れて買っています。
今のように情報がたくさんあるわけではないし、田舎のCD屋さんなので発売日と同時に入荷していたのかどうかアヤシイですが(笑)

「SABRINA」って松尾清憲さんが初めて、杉さんのアルバムに参加した記念すべき作品なんですよねぇ。
どうして、このアルバムを毎日聞きながら通勤しているのかその理由は自分でもわからないのですが(笑)
「My idol」の歌詞を噛みしめるとちょっと切なくなったりしています^^;;
朝からなんですかね~。

うちの夫はこのアルバムを擦り切れるほど聞き込んだヒトだったりします。
リアルタイムでLPを買って、幾度となく聞き込んでお友達の家にまでLPを持って行ったみたい(笑)

1986年、私はまだ北海道にいましたがそんな風に「SABRINA」を聴いていたヒトとその何年かのちに知り合って、20世紀の間に結婚して、21世紀の今、再発盤がでてそれを毎朝聴いている私ってなんだか不思議・・・なんて思ったりします。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.05.12

動物のお医者さん

昔、夢中になって読んだ漫画のひとつに「動物のお医者さん」(白泉社)があります。
昭和62年から平成5年にわたり、「花とゆめ」に連載していた、佐々木倫子さんの名作です☆

私はこの作品が大好きで、高校時代に買った漫画を大学生となり都内に引っ越してきた時も持ってきて、その後何度かの引っ越しでも結婚した現在でも、ど~~しても捨てられなくて全巻持っていますsweat02
その全巻を、このゴールデンウィークに約10年ぶりくらいに読み返したんですよ(笑)

いや~。今読んでも大爆笑!
この漫画の影響で、巷ではシベリアンハスキーが流行ったし、マンガの舞台となった北大農獣医の受験生は爆発的に増えたし、観光客が獣医学部近くまで行ったりと、大騒ぎでしたよね。

作者の佐々木倫子さんは北海道のご出身。(しかも、私のふるさとと同じ道南の内陸地域)
ドラマにもなりましたが、あの面白さは漫画ならではかなぁなんて個人的には思っています。
チョビも、ヒヨちゃんも、ミケも、ハムテルも、菱沼さんも、漆原教授も・・・みんな愛すべきキャラクターです☆

あまりにも社会的に注目されて、チョビが大学の心理学のテキストに載っていたんですよ!!
よく覚えていないんですが、何かの例文で「動物のお医者さん」のことが書かれていてびっくりした記憶があります。

全8巻を一気に読んで、大爆笑して夫に訝しがられましたが(笑)とぉ~~っても楽しかったです☆
また、5年くらいしたら読み返そうかなshine
捨てずに持ち歩いてよかったです(笑)

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.05.10

30数年前のろうあ運動

この週末、私が所属している手話関係の団体2つの学習会がありました。
まったく別々の団体で、講師も別々だったのですがどちらにも出てきたのは30数年前のろう者や通訳者のこと。
そして、どちらも10代や20代前半から手話やろう者に出会い活動しつずけているヒト。

2人のベテランは30数年前は若者で(当たり前)、当時のろう協青年部やろう学生たちなどとともにまさに「ろうあ運動」に自然とかかわってきた方。
当時一緒に活動していたろう者は、今各ろう協の役員をバリバリやっているような人たちで、運転免許のことも手話通訳制度のことも、差別法令撤廃も自分の問題としてとらえてきたろう者。
そして、30数年手話や手話通訳活動をしてきている聴者は、ろうの友人が直面している社会のバリアに疑問を感じて、自然と友人として活動した人たち・・・なんだろうなと思います。

「誰かの役に立ちたい」とかいう気負いはなく、ただ目の前に困っている仲間がいるから一緒に活動しただけなんだろうなと改めて思いました。

そして、10代のうちに手話に出会って手話通訳者としてがんばっているアラサーな2人。
社会人歴より、手話通訳歴の方が長いのが10代で手話を始めたアラサー。
同世代のろう者はいるし、一応(?)青年部もあるけれどやっぱりそのかかわり方は、30数年前とは違うのかなと思います。
運転免許も取得できるし、手話通訳制度も十分ではないけれどまぁあるし、手話サークルもあるし、「手話」そのものの認知度も社会的にはあるし、差別法令も撤廃されたし、FAXもメールもビデオチャットもある時代。
ろうの若い人が一丸となって活動する必要がないのかも・・・。
もちろん、個々には公的派遣が使えないけど通訳が必要とか、いろいろな生活場面で100%情報保障や差別がないわけでは無いけれど、同世代で一丸となるような大きな壁もないから、同世代の聴者で手話にかかわる人も「友達が困っているからがんばろう」という流れにはいかないのかな。
私が手話通訳の勉強をしたいと思ったのは、身近なろう者が「通訳が足りない」と困っていたから。
ヒトを動かすのはやっぱりヒトとの関わりなんじゃないのかなと思います。

「手話通訳歴30年」の人たちが、神奈川にはたくさんいます。
その人たちは今も第一線で活躍する、多くの手話学習者・手話通訳者があこがれるヒトなことが多いです。
その理由がなんだか、この週末わかったような気がします。

今は、何度かの手話ブームを経て手話は普及しているけど「手話ができます」というヒトの何パーセントがろう者と対等に手話で議論や喧嘩ができるのかな・・・。
昔の人はたぶん、手話人口が少なかったけれどろう者と本気で手話でケンカしていたのではないかと思います。
私が尊敬するあるベテラン通訳者の方が、「早く手話を覚えて、ろう者と本気でケンカしたかったから手話を覚えた」と言っていました。
そばにいるのに、自分の考えを伝えられないもどかしさが手話上達の源になった例だと思います。
時代は高度経済成長で、世間では学生運動が盛んだった時代です。
きっとみんな熱かったんでしょうね。

今は、どうでしょう。
「登録手話通訳者なのに、日常会話がどうも通じないの」という声を以前ある県在住のろう友に言われたことがあります。
サークルに通わず、講習会だけで手話を身につけて試験に合格する方も中にはいると聞く昨今。
通訳はできるけど、会話が通じないなんてこと・・・あるのかな^^;;;;;
なんか変ですよねpout

ろう者を取り巻く環境は明らかにこの30年で改善されたと思いますが、今の時代がろう者にとっていい時代というわけでもなく、なんだか難しいなぁとうだうだ考えてしまいました。
「集団」から「個」へ。
一般社会も帰属意識は希薄になっているので、同じなのかな。

ひとつ思ったのは、私がこの先手話歴30年まで頑張っても今「手話歴30年」という方たちのようにはなれないな、というコトです。
技術的なことではなく、若い時のハングリーさとか理不尽な壁を乗り越えてきた経験値とかが30年あって、私たちがあこがれるような魅力的な手話通訳者になったんだということがよ~くわかりました。
長ければいいというわけじゃないですね。
長さより、内容。という当たり前のことに改めて気がつきましたsweat02
でも、自分のペースで楽しく続けていけたらいいかなと思います。
先のことは考えず、無理せずにねnote

★ブログランキング参加中です。↓クリックすると手話ブログランキングへ飛びます★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.09

沖縄料理

今日は、横浜駅近くの沖縄料理お店へごはんを食べに行きました☆
北海道生まれの私は、どうも暑いのは苦手sad
どんなにみんなが「沖縄はいい!」「食べ物をウマイ!」と言われても、北海道だって食べ物おいしいし~。
北海道まで台風が来ないので、台風が毎年来て暑い地域は苦手・・・という意識が潜在的に(?)あるためかあまり九州には行ったことがなく、こと沖縄県には一度も足を運んだことがありませんsweat02

そんな本場の沖縄料理を食べたことがないような私ですが、職場の食堂に時々出てくる沖縄ソバは大好きで、沖縄料理がメニューに並ぶ時期を密かに楽しみにしていました*^^*

沖縄ブームといえるほど、巷には沖縄料理や沖縄の食材が売っているお店が増えていますが、私は沖縄料理専門店へ行ったことが今までなかったので、今日はちょっとだけ感慨深いです(笑)

シークワサー梅酒を飲みながら、いろいろな沖縄料理を堪能いたしました。
(料理の名前が沖縄の言い方なので、どーにも覚えていないアホな私です^^;;;;)
とってもおいしかったです。

実は、最初に行った沖縄料理のお店がおいしいと聞いていて行ってみたら満席だったので他のお店に行ったので、今度はオススメだと紹介された方のお店へ行ってみたいと思います。
今日行ったお店も、おいしかったですよ~。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.07

サークルの交流会☆

ゴールデンウィーク前半、手話サークルの交流会がありました。
幹事は私ではなかったのだけれど、申込者数をきくと30名を越えているとのことでびっくりしました。
ちなみに会員数は40名弱。

どこのサークルにもいる幽霊会員や、忙しくて出席できないひともいるのでいつもの定例会は20名~30名のことが多いようなサークルです。
そこで、ゴールデンウィーク中の交流会に30名超の申込なんて、昔はありえませんでしたwobbly

自慢できることではありませんが、ほんの6年ほど前なら交流会に集まるのはせいぜい15名。
学習会なら30名、40名というようなサークルだったのです^^;;

「学習なら出席するけど、交流会は手話をいっぱい使うしろう者が大勢くるから参加しくないわ・・・」みたいなsweat01
そんな本末転倒な人が多いのが悩みの種でした。

それが、ここ3年ほどでサークルの雰囲気が変わってきたんですよね~。
会員はそんなに変わっていないし、手話技術が特別向上したわけでもないのですが^^;
「交流会、楽しいよね」「交流会やろうよ」っていう積極的な雰囲気がとてもいいなぁと最近思っています。

やっぱりただ教わるだけの手話より、交流して飲んだり食べたりしながらの方が本当に生きた手話を見られるし、通じたときの喜びなんかも大きいということが、少しずつ浸透したのかもしれませんね・・・。
忙しくて交流会に参加できなかったヒトは、とても残念がっていましたし(笑)

手話サークルって、手話が基本。
でも手話が通じなければ身振りや空書、筆談など通してコミュニケーションができて、みんなが楽しめる場であればいいなと思います。
さてさて・・・。
今月も、いろいろと目白押しです*^^*


★ブログランキング参加中です。↓クリックすると手話ブログランキングへ飛びます★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.05.05

Kitkat 塩&キャラメル(神奈川限定)

Kit_kanagawa

4月29日発売になったキットカットですheart02
神奈川限定!塩&キャラメル。
甘さと塩味がなかなかいいバランスのおいしいキットカットでした。

パッケージにはみなとみらいのイラストと、左下には"yokohama"の文字があります~。
開港博Y150は4月28日からでしたし、開港150年を意識したパッケージなんでしょうかねぇ。
でも、分からないのがどうして神奈川限定が「塩&キャラメル」なのか・・・sweat02

他にもっと神奈川っぽい味はなかったんでしょうかね^^;;;
ま。おいしいので、ぜひ神奈川へおいでの際にはお試しくださいdelicious


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.05.04

「カラフル」-森 絵都 著-

人込みが苦手な我が家では、ゴールデンウィークは基本的には遠出をしないことをモットーとしています。
ぷらっと空いた道を選んで葉山・鎌倉界隈を夕方ドライブ・・・くらいが関の山(笑)

そんなこともあり、ゴールデンウィークはまとまった時間ができていろんな事ができちゃう楽しい日々でもあります。
おととい近所をぶらぶら散歩して初めて通る道を歩いたりして小冒険をしましたsun
その途中に立ち寄った本屋さんで文庫本を2冊買って、夜中に一気に読破。
それが、森 絵都さんの小説「カラフル」です。
黄色い装丁とかわいらしい、手書き風のタイトル。そして「カラフル」というそのタイトルになんとなく惹かれて買いました。

Karahuru

プロローグは、主人公が死んでしまってその魂が行きついた先で天使に、抽選で当たったことを告げられるところから始まります。
なんなのこの話!!!・・・っていうのが正直な1ページ目の感想(笑)

でも、読み進むにつれ先が知りたい先が知りたいという風に作品に引き込まれていきます。
簡単に書くと、前世である罪を犯した魂が抽選に当たってしまい現世へ戻って別の中学生の体に宿って犯した罪を思い出し、新たに輪廻転生のサイクルに戻れる魂に生まれ変わる・・・っていうお話なんだけど、いろいろと奥が深いんです。

主人公の魂が、現世で"ホームスティ"する中学生はいろんなことに悩んで自殺した男の子。
その男の子が亡くなって10分後に、主人公の魂がその体に入って自殺した子が奇跡的に助かったというところから、男子中学生の世界で何カ月か過ごした結果、ちょっとびっくりの展開が巻き起こります。

男子中学生の自殺の原因ははっきりわからないけど、学校生活のことや家族関係失恋、身長が伸びないことなど複合的なことなんだけど、自ら命を絶つことはいけないことだとコミカルなストーリーの中にしっかりしたメッセージがあるように思います。

本当によくできた、いい作品だと思いました。
人間、知らないうちに誰かを傷つけることもあるけれど、知らないうちに誰かを救っていることもあるのかな・・・なんて思えてくる作品です(^^)
「カラフル」というタイトルにもとても納得できました*^^*

文庫だとリーズナブルだし、携帯もしやすいので移動のときなども便利ですよね(^^)
カラフル (文春文庫)」も出ているので、オススメです。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.03

キットカット 神戸プリン風味

地域限定のキットカット、「神戸プリン風味」です。
神戸プリンの発売15周年を記念して誕生したそうです。
普通のキットカットと違って、お土産専門な感じのパッケージpresent

Kitkat_kobe1

先日(といっても、結構前^^;)神戸へ行った時に職場の内輪仲間向けに買いました。
中身は小分けされていて、配るのにちょうどよかたです。

Kitkat_kobe2

神戸プリン風味・・ですから神戸プリン味ではないのですがほんのりプリンっぽくて甘すぎずなかなか良い感じでした。
もともと職場のお土産に買ったものなので、写真も職場の私のオフィスの机上で撮影しましたsweat02

地方限定キットカットもいろんな種類があるので、またどこかへいったら探そうと思います~♪


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009.05.02

SIMON&GARFUNKEL

先日、電車に乗っていたら車内広告にサイモン&ガーファンクルの来日公演の文字が!!
観たい!行きたい!!
すぐチケットとらなくちゃ~~~。

・・・便利な世の中で、その広告にはウドー東京の携帯サイトのURLがあり、そのまま電車の中で携帯でHPにアクセスして、ウドー東京の先行予約でS席をゲットしてしまいました。
でも、おバカな私^^;
来日公演の日、開演ギリギリまでちょっと重要な用事がありました^^;
でも、せっかくの公演だしこれを逃したらもう二度と観られないと思うので速効でそちらの予定はキャンセル・・・。

ああ・・・。
7月は杉真理さんのドリーマーズ復活ライブ@横浜開港150周年記念☆もあるし、サイモン&ガーファンクルの来日公演もあるしなんてHappyなんだろう~と今から楽しみにしています。
そして、今日から本格的なG.W。

横浜ではY150開港博が開催されていますが、人込みには行きたくないので(豚インフルエンザは気にしていませんがsweat02)初日は、いろいろとたまっていることを片付けつつサイモン&ガーファンクルを聞いておりました~。
7月までは、ドリーマーズとサイモン&ガーファンクルがヘビロテになりそうですlovely


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »