« 日本語に苦悶。 | トップページ | 開港博Y150での情報保障などなど。 »

2009.05.27

脳科学とドラマ。

私は去年から、ほんの少しだけ脳科学に関わる仕事をしています。
脳科学に関わっている・・・というよりは、脳科学に関係する仕事をしている人たちと一緒に仕事をしているというかんじかもしれません。

そして、今クール「MR.BRAIN」という脳科学者にスポットをあてた異色の刑事ドラマがスタートしました。
木村拓哉さんや水嶋ヒロさんなど注目度の高いキャスティングでも話題ですね。

そして脳科学にちょっとだけ関わっているので、ドラマを見てみようかと思い第1話を見てみました☆
ドラマとしては面白かったです。
セットも近未来な感じでスゴイし、警察署は近代建築で階段室がキレイだし(笑)
スゴイなぁと妙な関心をしてしまいました。

なんたって「キイナ-不可能犯罪捜査官-」のような超ありえない刑事ドラマを楽しく見ていた私なのですから、今回だって楽しめるはずなのです。
だけど、初回を見てものすごい設定にけっこうびっくりしました(笑)

5年前の主人公の九十九さん。
あんなにいきなりビルの外壁が落ちてくる事故で脳を損傷するなんて!!
あんなスゴイ外壁の落ち方、コントかと思いました(笑)
いや~、ドラマなのにすごい設定。

そして、今後の伏線んんだと思いますが驚異の脳の持ち主の主人公・九十九さん。
たった5年で「脳科学者」になっちゃうなんて・・・ドラマじゃないとありえませんsweat02
現実的なことを考えてしまうと、大学4年と大学院の修士と博士課程を修了するのだけで9年。
博士の学位をとってもあんなスゴイところに「先生」として就職するなんて普通じゃありえないのに、わずか5年で「先生」として 「警察庁科学警察研究所」に入職なんて、どんだけ天才の設定なのかしら~~~heart04
・・・と、ドラマと現実ごちゃまぜにしながら第一話を見た私です(笑)
実際の科学警察研究所にはたぶん、脳科学研究室はないのではないかと思いますが、今後そういったアプローチがあると面白いかもしれませんね~。
それとももうすでにあるのでしょうか???
犯罪行動科学に含まれたりするのかなぁ・・・心理学や精神医学や脳科学を含んでいてもおかしくないような気もします。

そんなわけで、脳科学ドラマの今後の展開がちょっと楽しみです。
近未来な雰囲気なのに、主人公はどこか名探偵「金田一耕介」的なズレた感じがあってミスマッチなところが面白いなぁなんて思います。

私は自分の脳の何パーセント使ってるのかなぁ?sweat01
がんばって働いて欲しいものです^^;;;


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 日本語に苦悶。 | トップページ | 開港博Y150での情報保障などなど。 »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/45147608

この記事へのトラックバック一覧です: 脳科学とドラマ。:

« 日本語に苦悶。 | トップページ | 開港博Y150での情報保障などなど。 »