« 「横浜建築家列伝」@横浜都市発展記念館 | トップページ | 岩波ジュニア新書がおもしろい。 »

2009.06.24

新型インフルエンザ~聴覚障害者の場合~

大騒ぎした新型インフルエンザ。
最近ではニュースで話題にならなくなりましたsweat02

梅雨に入り、ジメジメしているというのに横浜では2日にひとりくらいのペースで感染者が増えています。
横浜市からの発表によれば、現在市内の感染者は累計で25名。
私が見ている限りでは、米国からの帰国者の感染が増えているような気がします。

先週、私の職場には米国からの渡航者が複数名いましたが無事に帰国したようでほっとしています。
もちろん、滞在中にマスクの着用はありませんでした^^;

先日、久し振りにお会いした他部署の方がマスクをして出勤していました。
理由を尋ねたところ、海外へ出張していたらその出張先の会議で新型インフルエンザの感染者が出てしまい、意に反して1週間あまりホテルで監禁(?)状態になったそうですbearing
感染が確認されていないのに、タミフルも服用したそうな・・・。
PCがあったので、職場やその他連絡がスムーズにできたようですがなかなか大変だったようです。
帰国後も、1週間はマスク着用で出勤がうちの職場のルールなのでマスクをしているようでした。

さてさて・・・。
ろう者や難聴者など聴覚障害者が、発熱センターへ行く場合、どうしたらいのでしょうか?・・・なんて考えたことあります?
ん?フツーに行けばいい?
情報保障はどうするのかなぁ~って考えてみるとどうでしょう?

病院へ行く時、手話通訳を伴って診察を受けことが多いろう者が、「新型インフル!?」と思って、発熱センターへ赴くとき、手話通訳を同行できるのが当たり前・・・のように思いませんか?
では、その時の手話通訳者はどんな格好で行くべきでしょうか?感染が疑われるろう者はマスクをすべきでしょうか?
通訳者はマスクをすべきでしょうか?
・・・マスクをすると口形や表情が見にくいですよねcoldsweats01
でもでも、通訳者だって生身の人間。感染予防をしないと感染拡大に繋がりますよね・・・。

全国手話通訳問題研究会(全通研)では、「新型インフルエンザ感染者(疑いのある者も含めて)に聴覚障害者がいるときの手話通訳についての考察」というのを平成21年5月23日付で、全通研運営委員会意見として発表していました。(LINK

恥ずかしながら、ニュースで散々新型インフルエンザを取り上げている時期に私は、聴障者はどうするのかというところに思いがいただなかったんですよね・・・。
サークルでもインフルエンザの話題になったのに・・・。
全通研のこの発表などを見て、はっとしたというかなんというか・・・。
ろう者が感染または感染の疑いがある場合の手話通訳なんていうシチュエーションにさえ、想像力をめぐらせることができなかった自分が情けない・・・。

これから、湿度もあがって新型インフルエンザの感染は収まるとは思いますがサークルで、こんなことを考えてみてもいいかもしれませんね。
たとえば、秋から冬の感染拡大が疑われるシーズンには、各地域の発熱センターは電話番号だけじゃなくFAX番号も併記して、聴障者が気軽に問い合わせできるようにサークルで働きかけをするなんていうのも、いいかもしれません。
あなたの地域の「発熱センター」は、FAX番号が表記されていますか?
もう一度、みんなで考えたいなぁなんて思いました。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 「横浜建築家列伝」@横浜都市発展記念館 | トップページ | 岩波ジュニア新書がおもしろい。 »

ニュース」カテゴリの記事

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/interpreter/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/interpreter/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
ewuyHU1l

投稿: sirube | 2009.06.25 01:17

私の県では障害者支援課から聴覚障害者のための相談票と称するものが送られてきましたが、その中で
「蔓延している国や地域」における滞在の有無
※「蔓延している国や地域」は県のホームページを参照のこと
なんて項目があります。
どうしてこんな表現が聴覚障害者向けなのかさっぱりわかりません(--;
「蔓延」という漢字が読めない方も多いし、わかったとしても対象の国はホームページを見ろという・・。でもって、対象のホームページもわかりにくいところにあります。
じいちゃん、ばあちゃんはどうすんだろ。

投稿: non | 2009.06.25 12:20

>sirubeさん
サイトを拝見しました。
たくさんの通訳サイトがあるものですね~。
英語通訳やベトナム語通訳などなど、手話通訳にも共通する点があるなぁと思います。
このブログは、あまり通訳のことを書いていないのですが^^;;;
とりあえずじっくり見て登録検討してみます。


footnonさん
きっと悪気はないのでしょうが、理解が足りないんですよsweat02
どう書いたら伝わるのか、分かりやすいのかを理解してもらうためには、言うべきことは言わないといけないなぁと思います。
私も気がつかないこと、無知がゆえにできていないことは教えてもらいたいし・・・sweat01

投稿: ドシル | 2009.06.26 00:37

感染考えたら 両者マスクは仕方ない。 それかそのときは手話でなく要約筆記を頼る方法は?漢字や文苦手といっても 途中止めて質問したり 記録は残るので読み返すこともできるので・・

この間聾者の男性と話してたら「あの通訳者は嫌い! この通訳者は好き!この通訳者は手話したのをちゃんとおぼえてて 診察室出た後用紙にさ~と書いてくれる。その用紙をくれるから 家に帰って読み返すことができるからこの通訳者にいつも頼ってる!」といってました。

投稿: ひろろん | 2009.07.01 19:57

footひろろんさん
コメントありがとうございます。
手話通訳者は手話通訳をするのが仕事なので、
手話通訳の依頼があったなら、手話通訳をします。(なんだか早口言葉みたいですね)

要約筆記を希望される方は、要約筆記の派遣を依頼してもらいます。

ろう者が通訳者の好き嫌いをいうことは当然あることだとは思います。
ですが、通訳した内容をメモしてろう者に渡す手話通訳者は、いい通訳者とは言えません。
なぜなら、ろう者の一人前の人間としてではなく「お世話をする対象」として見ているから、そこまでしてあげるのだと思うからです。

家族や友人としてなら、それくらいして上げますが、手話通訳者と依頼者の立場なら私はそんなことはしません。
通訳者のメモが100%正しいわけでなないはずですから・・・。

通訳はします。メモはご自身で取っていただくのが基本です。
それは、手話でも他の外国語の通訳でも同じだと思うのです。
まぁ・・・そういう通訳者が好きだといろう者の気持ちもわかりますけどねぇ^^;

投稿: ドシル | 2009.07.01 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/45444211

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ~聴覚障害者の場合~:

« 「横浜建築家列伝」@横浜都市発展記念館 | トップページ | 岩波ジュニア新書がおもしろい。 »