« 離山房とジョン・レノン | トップページ | 映画『WORLD TRADE CENTER』 »

2009.09.10

ヴォーリズレーン

軽井沢では、「ヴォーリズレーン」を散策しました。
近江八幡で仕事をしていたヴォーリズですが、毎年夏には事務所ごと軽井沢へ移ってきて軽井沢で仕事をしていました。
ヴォーリズ設計事務所の軽井沢事務所があったのが現在、ミカド珈琲軽井沢旧道店がある場所だと言われています。
そんなこともあり、ヴォーリズ設計の別荘が、軽井沢にはいくつも残っています。

そして、近江兄弟社コテージやヴォーリズが第二次世界大戦中も過ごした軽井沢の別荘も残っています。
そんな建物が立ち並ぶ道は、「ヴォーーリズレーン」と呼ばれているようです。

2009090811200000

ヴォーリズが江戸時代の長屋のつつましさに魅力を感じて設計したと言われる、旧ヴォーリズ軽井沢別邸。
現在は「浮田山荘」と呼ばれています。

2009090811100000

小さいけれど、豊かな家。
必要最小限の機能を備え、家族がつながりを持てる空間。
ヴォーリズの究極の設計が、この家だと思います。

大丸百貨店や神戸女学院、関西学院など大きな設計も手掛けていますがヴォーリズ設計の魅力は「使う人が使いやすい建物」であるという点。
商業ビルの使い安さと学校・教育機関の使いやすさ、さらには住宅の住み心地。

この建物はヴォーリズ設計を凝縮し、更に日本に帰化して日本人となったのに不自由を強いられた軽井沢での暮らしなど、ヴォーリズの暮らしを見つめてきた貴重な建物です。
私なりにちょっと特別な想いがあったので、今回の旅で直に見ることができたことはとてもいい経験でした。

この緑溢れる山荘で、ヴォーリズは何を想い過ごしていたのでしょう。
すぐ近くには、軽井沢テニスコートがありヴォーリズ設計のクラブハウスや軽井沢ユニオン教会もあります。
ユニオン教会は今回、改修工事中でした。

久し振りに軽井沢へ行ったので、ヴォーリズ設計の軽井沢会の集会所の写真を撮影しました。

2009090810380000

いつみても、かわいらしくてなんとなくホッとします(笑)
ヴォーリズ夫妻や近江兄弟社の社員のみなさん、それに当時軽井沢に集まった外国人のみなさんの思い出がたくさん詰まっているエリアなんでしょうね。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 離山房とジョン・レノン | トップページ | 映画『WORLD TRADE CENTER』 »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/46177272

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーリズレーン:

« 離山房とジョン・レノン | トップページ | 映画『WORLD TRADE CENTER』 »