« シルバーウィーク最終日に自問自答。 | トップページ | 眠たいよぉ~ »

2009.09.24

八ツ場ダムのコト。

「八ツ場ダム」と書いて「やんばダム」と読むということさえ民主党が第一党になるまで、恥ずかしながら私は知りませんでした。
群馬県長野原町にあるこのダム工事が今、揺れています。

私は選挙にこそ行ったものの、指示政党があるわけでもないいわゆる自由気ままな「無党派層」です。
そのつど、なんとなく投票していますが今回の選挙でもマニフェストなんてまともに読んでもいません。
民主党のマニフェストには無駄をなくすために公共事業の見直しを行うというのがあるようです。
その中に、八ツ場ダム工事の見直しが含まれているわけですが、非常に難しい問題ですね。

不要な公共事業を見直し、中止することは勇気ある決断だと思います。
ただ、長野原町の方たちのことを思うとすでに7割も工事が完成しているならばこのダムはもう中止しなくてもいいのではないか・・・なんて、素人の私はつい思ってしまいます。

遡ること57年前に降ってわいたダムの話。
地元の方が住み慣れた町をダムに沈めることに反対するのは当然で、ダム工事は進みませんでした。
それがやっと、町の方たちが妥協して合意したのが2000年のこと。
引っ越したり、先祖のお墓を移設したり町を離れたり・・・。
何十年も続けてきた国との戦いにやっと終止符を打って腹を決めて、ダム建設に動きだして7割がた工事が終了した時点で突然降ってわいた、政権交代によるダム工事の中止話。

山を切り裂き行った工事。
町が壊されてしまい、完成まであと少しまで来たところでダムは作りませんと言われても、崩した山も、美しかった自然も破壊された町並みや町の人たちの生活がダム工事着工前に戻るわけではありません。

そりゃあ、今さら工事中止に反対するでしょう。
中止するなら、おとといきやがれ・・もとい、2000年の段階で町民がまだ暮らしていた時に中止にしてほしかったと、地元の方は思うでしょう。
私が長野原の町民なら間違いなく、そう言います。
この57年間の時間と心労と町の自然を返せと、声を上げます。

戦後間もないころからずっとそんな風に、苦しんでいた町があったことを私は知りませんでした。
そして、本当に必要かどうかも分からないまま何十億ではきかない税金が使われていることも知りませんでした。
公共事業にいくらの税金が使われているのかは、知らなくてもいいことなのかもしれませんが、ダムがなぜ必要なのか?本当に必要なのか?ということは少なくても首都圏に住む私たちは知っているべきだったのかもしれないと思いました。

57年前に必要だと思ったものが、21世紀の今も本当に必要なのかどうかは正直私にはわかりません。
60年近くダムがなくてもなんとかなったなら、いらないんじゃないのかなぁと思ったりもします。
でも、ダムは長野原の方のために必要なのではなく都会に暮らす人のために必要なんですよね・・・。
だから、東京やその周辺の県も八ツ場ダムの工事にお金を出しています。
中止した場合、その都県に返金をするそうですが・・・。

中止しても完成してもまたまた莫大なお金がかかるなら、すでに7割完成しているなら完成してしまってもいいのでは・・・と、素人は思うのです。
翻弄され続けた地元の方のためにも。
マニフェスト違反と責められるのでしょうか?
完成した後の維持などを考えると、中止することが英断なのでしょうか。
何が正しいのか分かりません。

本当にダムが必要ないなら、本当はもっと早くに中止すべきだったのだと思います。
時代が変わっていくのですから、最善策と思って計画したけど時間がかかっているあいだに不要になることもあるだろうと思います。
今までの政治は、それができなかったというのは問題だと思います。
でも、中止するにもタイミングがあるだろうと思うし・・・。
きわめて難しい問題です。
未来の長野原、未来の日本にとって良い方策というのは中止なのか存続なのか。
もし中止する場合、住民のみなさんにどのような保障をするのが適切なのか。

国交大臣はどんな手を考えているのか、注目したいと思っています。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« シルバーウィーク最終日に自問自答。 | トップページ | 眠たいよぉ~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。お元気ですか?今日は愛犬花の誕生日でした。マチ○ダさんが久々に私のブログに遊びに来てくれました。
政権が代わるという事は今までの世の中の構造がドラスティックに変わる事を意味します。60年近くも一党と官僚がぬるま湯でやってきたツケを新しい政党がいっぺんに処理するのはとても大変なことです。今後もっと凄いことがあぶりだされるでしょう。
ヤンバダムに関しては必要の無いダムである事は実証済みです。そのことと地元の住民が政治に翻弄された50年を解決する事は分けて考えなければなりません。
日本の大マスコミの大罪は常に声の大きな方にぶれることです。なぜなら数ヶ月前までは公共事業の「悪」的存在で八ツ場特集までどの局もやってたじゃありませんか?
具体的には書ききれませんがダム依存の公共事業は新しい時代にもう必要ないと私は思います。

投稿: れふりー | 2009.09.25 02:28

footれふりーさん
ご無沙汰しています!
お元気そうで何よりです*^^*
ダムはもういらないのでしょうね・・・。
感情と実情と・・・なんとか折り合いがつかないものかなぁと思ってしまいます。
#久々にお会いしたいですねぇheart

投稿: ドシル | 2009.09.25 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/46291196

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダムのコト。:

« シルバーウィーク最終日に自問自答。 | トップページ | 眠たいよぉ~ »