« 気分転換 | トップページ | 迎賓館が国宝に! »

2009.10.15

手話サークルの醍醐味

最近、私が所属する手話サークルに豆台風が吹いています(笑)
本当に、豆台風。
それは、中の良い学生同士のちょっとしたすれ違いだったり、些細なコミュニケーションの欠落だったりします。

私はその様子をなんとなく、微笑ましく思っています。
たぶん、豆台風の暴風域のヒトたちはちょっと大変だったりちょっと悩んだりしてると思うのですが、手話サークルって年齢も性別も職業も時には人種も違う人たちが「手話」を通じて集まっている場所だから、いろんな話し合いや学びの場が大人も子供もあっていいなと思うのです。

日頃、学生とは交流しない大人が手話サークルでは小学生とも中学生とも交流して時には流行の話もできちゃう。
逆に、学生さんたちは自分の親や学校の先生とは違う大人と「対等に」語りあえる場でもあると思うのです。
ろう者と聴者というだけではない、様々な異文化交流。

誰もが上下関係もなく対等で、共通言語に手話があって議論したり笑ったり時には泣いたり(笑)
学生のうちに地域の手話サークルに入会することは、時には学校の授業や部活動より良い学びの場になるような気がします。
手話を通じて、手話に学ぶ手話サークル。
「手話を」学ぶだけ、ろう者との交流だけではない場所。
地域の情報交換もできるので、やっぱり学びや気づきが多い場所で、私の手話学習の原点だなって思います。

そして、今のサークルの雰囲気は本当に良いなと思うのです。
みんなで知恵を出し合って、よりよいサークルになると良いなぁ・・・。

私の手話ももっともっと向上するといいのだけどね(苦笑)

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 気分転換 | トップページ | 迎賓館が国宝に! »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/46496084

この記事へのトラックバック一覧です: 手話サークルの醍醐味:

« 気分転換 | トップページ | 迎賓館が国宝に! »