« 名栗温泉 大松閣 | トップページ | 気分転換 »

2009.10.12

見えない障害。

聴覚障害は見えない障害で、情報障害とも言われる・・・なんてことは手話に関わるヒトたちなら耳にタコができるくらい繰り返し聞いていると思います。

体は健康で、単に聴こえないってだけです。
聴こえないから必要な情報が得られないので困ることがあるというだけのコト。
そんな当たり前のことが、なかなか世の中では浸透していないということをこの連休中に改めて実感しちゃいましたangry

連休中のある日、とある場所での出来事で、「私は地域で弱者を支えています!」という年配の方。
普段、ろう者と会ったことがないのでしょうね。
お友達に高齢で難聴になった方はいないのかしらsweat01

その方が、私と一緒にいたろう者のコトを知的障害者だと思ったようでした。
別に、ろう者が声を出したわけではありません。
ごく普通に、何人かのろう者仲間と何人かの手話ができる聴者仲間と一緒にいただけなんですけどね。
しかもね、確かにその方は年配の方なのですが私と一緒にいたろう者のことを「この子たち」って言い方で呼ぶんですよねぇ・・・。
私とほぼ同世代のろう者なのに。その方、私と話すときは一応丁寧語を使うのにろう者のことを話すときは「この子たちは~」って言うのです。

明らかな差別。
明らかな偏見。
私、聴覚障害がどんなものなのか思わず、説明してしまいました。
その方、よほど聴障者に縁がなかったらしく漢字で「聴覚」って書けなくてひらがなでメモしていましたけど、「筆談」って言葉も知らないご様子でした。
本当に、話していると怒りがこみ上げました。
その方だって、結構なお年で耳が遠くなってもおかしくないような年齢だというのに・・・。
音声言語が話せなかったら、知的障害だとでも思っているのでしょうか。


ある方が、ファミリーレストランで筆談で「私は耳が聞こえませんので、筆談でオーダーしていいですか?」とメモに書いて渡したところ、ウェイターさんは笑顔でどこかへ行って点字のメニューを持ってきたなんて話がありましたが・・・。
聴こえないのと見えないとの違いが分からないほど、お店の従業員教育って行き届かないのでしょうか?
目が見える人に点字はどう考えても、必要ないのにね。

あ~あ。
今日はなんとも言えない気持ちになりました。
これが現実なんだなぁ・・・そう思うと、手話サークルのがんばりどころはまだまだあるような気がします。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 名栗温泉 大松閣 | トップページ | 気分転換 »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

見えない障害 ほんとう せつない この間は駅でエスカレーターに聾の男性二人と手話していたら 年配の女性に「そんなことしながら乗ってるのは邪魔~」と怒鳴られたので ろうの男性が「何・」と顔したので 私が手話で説明したら 彼らの悲しげな表情に 胸が詰まった。

投稿: ひろろん | 2009.10.25 20:32

footひろろんさん
ひろろんさんは残存聴力があるから、何を言われたのかわかったのですね~。
例外もあるとは思うけど、年配の方の方が手話への理解がない方が多い気がします。
私は年配の女性に、電車の中で「手話やっていて恥ずかしくないの?」って言われたことありますよ。
だから、「アメリカ人が英語で話していて、恥ずかしいですか?」ってきいあげました。
恥ずかしい理由がわからないですもん。

投稿: ドシル | 2009.10.25 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/46467960

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない障害。:

« 名栗温泉 大松閣 | トップページ | 気分転換 »