« 毛づくろいニャン♪ | トップページ | Kitkat 焼いも味 »

2009.11.12

邪馬台国はどこに・・・?

日本史に必ず出てくる邪馬台国。
学校では「九州説」と「畿内説」があって、このどちらかが有力だと言われていましたね。

で、今日のニュースで畿内説の周辺に卑弥呼の宮殿の跡か!?と言われる宮殿跡が見つかったというのがありました。
本物だったらスゴイ発見ですね。

私は昔から歴史が好きでした。
今は歴史好きな女子のことを「歴女」というそうですが、どうもそれには抵抗が・・・coldsweats01

歴史が好きになったそもそものきっかけは、「王家の紋章」(笑)
あれを読んで考古学者になりたいと思ったものです。
その後、エジプトよりもインカ帝国に興味を持ち、さらにはマヤ文明など古代文明に興味を持ち、高校時代には日本史にかなりハマリました。
なんたって、小学校5年生の時の自由研究のテーマが「古代エジプトでのピラミットの作り方」でしたから(笑)
ツタンカーメンの謎とかも自由研究で調べました・・・変な子供だわ。

小学生の時、「考古学者になりたい」と言ったところ母に「学者になるのは無理だよ、頭良くないとなれないから」と言われました(笑)
ごもっともでございます^^;
でも、小学生にそんな言葉を浴びせなくてもよいじゃないのぉと、おとなになった今では思います。
考古学の後は星に興味を持った私。
北海道の冬はとっても寒くて、お風呂上りに髪が生乾きのまま外にでるとあっという間に髪が凍るのですが(笑)よく、お風呂上りに夜空を眺めていました。

でもって、単純な私は「天文学者になりたい」と思ったのです(笑)
あらら・・・考古学者で「学者」になるのを親に真っ向否定されたのに懲りない子供だことsweat02
星を眺めて仕事になるなんて、天文学者しか思いつかなかったんですもの・・・。

星は今でもやっぱり好きです。
大学進学で東京へ来た時は星が見えなくて淋しくて、渋谷の五島プラネタリウムへ行って映し出された星空が故郷の空と重なって泣きましたweep
その五島プラネタリウムも今はもうないので、懐かしい思い出です。

子供のころは「学者」のシゴトが何なのか全くわからないでいましたし、親には「がんばって勉強しなさい」じゃなくて、「学者なんて無理」ときっぱり言われたので(笑)学者を目指すこともなく、今の私がいます(笑)
学者じゃないけど、やっぱり考古学も星も好きです。
星座占いとかにはあまり興味がないのですが^^;;;

もし、今回見つかった宮殿跡が本当に卑弥呼の宮殿だったらすごいなぁとワクワクします。
卑弥呼はどんなヒトだったのか・・・たぶん今調べても分からないことなんだとは思いますが当時のことに思いをめぐらせるのも楽しいなぁと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 毛づくろいニャン♪ | トップページ | Kitkat 焼いも味 »

ニュース」カテゴリの記事

想い出あれこれ」カテゴリの記事

コメント

近畿住まいの私としては奈良になってほしいとこですネ~。
「王家の紋章」で考古学に興味ですか! かくいう私は諸星大二郎で考古学に興味が(笑)
(小学校時代)
星は陸奥A子とか太刀掛秀子とかで興味ありましたねぇ・・・って漫画ばっか(笑)
大学いって考古学したいなーと思ってましたが、頭が悪すぎて無理でした。(苦笑)

投稿: アーラー | 2009.11.12 02:11

footアーラーさん
若いのに、登場する漫画家さんの名前が古い~(笑)
私の年よりもうちょっと上のヒトが読んでたマンガじゃないのかなぁ?
アーラーさんも考古学好きなんですね~。

投稿: ドシル | 2009.11.12 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/46739046

この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台国はどこに・・・?:

« 毛づくろいニャン♪ | トップページ | Kitkat 焼いも味 »