« キットカット田丸屋本店わさび | トップページ | 貴重な体験 »

2010.01.30

『基礎からまなぶ手話学』

Shuwagaku


遅まきながら最近の通勤時間にチマチマと読んでいるのが、『基礎から学ぶ手話学』という、左の本です。

神田和幸さんをはじめとする言語として手話を研究している方たちが書いた本です。
もとは1996年に出版された本で、前作出版から10年以上たち、手話学もどんどん研究が進んだことから改めて加筆して、昨年発売になったものです。

私は地域の手話サークルで、地域のろう者との交流や地域のろう協行事などでたくさんのろう者とのかかわりの中で手話を覚えたので、系統立てて学問として手話も身に付けたわけではありません。
だからこそ、こういった本を読むことで足りたい知識を補っているという面があります。

地域のろう者はみんな手話話者で、バリバリの手話を使いますが手話ができるからといって手話の文法や手話の言語学的な解説ができるわけではないので、本から学べることもあります。
本で納得して、改めて地元の高齢ろう者の手話を見て自分の見落としに気づくこともあります。

この本は手話単語を学ぶ本ではないですが、ひとつの言語として手話を身につけるうえで知っているべき、ろう者や手話の歴史、手話文法、言語学の見地からの「手話」、それに手話通訳者のことや手話工学についてまで広く網羅しています。
手話やろう者にかかわる聴者は一度手にとってみるといいのではないかなぁと思います。

かなり優しくかかれてはいますが、それでも若干難しい部分もあります^^;;;
難しいなと感じる部分は多少読み飛ばしても構わないと思いますので、もし本屋さんなどで見かけたらぜひお手に取ってみてくださいね~。


★ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
ランキングに参加している手話関係ブログが見られます♪
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« キットカット田丸屋本店わさび | トップページ | 貴重な体験 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/47433081

この記事へのトラックバック一覧です: 『基礎からまなぶ手話学』:

« キットカット田丸屋本店わさび | トップページ | 貴重な体験 »