« 『1Q84』BOOK3を読み始める。 | トップページ | 私の手話の原点。 »

2010.04.30

『1Q84』BOOK3 読破。

1Q84 BOOK3』を読み終えました。
いつもは深夜1時前には眠るようにしているけれど、この本を手にしてからは3時近くまで起きていました^^;
TVも消してPCも消してとにかく読みました。

ネタバレしない程度の感想を・・と思いますが何をどう書いていいのやら。
とにかく、BOOK2では解決されなかったいくつかの謎は解けました。
でもすべてではないのです。

BOOK1、BOOK2では「青豆」と「天吾」のそれぞれの視点で書かれたカットバック方式だったものが、BOOK3では「牛河」「青豆」「天吾」となります。
当然、"あの時、青豆はこうしていたけど天吾はこうで、牛河はこうだったのね!"ということは判ります^^;

でもね、でもね、まだ解決していない謎がいくつもあってね・・・。
終わり方も、最終ページには「BOOK3 終わり」であって物語そのものが完了したわけではないようなニュアンスも感じ取れなくはなくて、もしかしたらばだ続くのかも・・・なんて思っちゃいました。

BOOK2の時のような、読み終わって不完全燃焼な印象はないのですが、でもなんだか続きそう・・・。
なんて思ったのは私だけかなぁ?
世の人々はいかがでしょうか?


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 『1Q84』BOOK3を読み始める。 | トップページ | 私の手話の原点。 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

『1Q84』シリーズおもしろい?
私は、本好きであるにもかかわらず、
どこに行っても平積みになってる本、
話題の本には手を出さないのよcoldsweats01
あまのじゃくでねえ・・・。
いつか、機会があって気が向いたら読んでみようかなあ。

投稿: まあ姉ちゃん | 2010.05.01 10:34

footまあ姉ちゃん
「1Q84」はシリーズじゃなくて、ぜんぶ続きものよぉ。
私も同じくあまのじゃく系(笑)だから普段は、平積みされるような本はあまり手に取らないんだけど、職場の同僚が買ったから借りたの~。
独特の世界観と、村上春樹の文学的描写がなかなか読みごたえがありますよ^^

投稿: ドシル | 2010.05.01 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/48223388

この記事へのトラックバック一覧です: 『1Q84』BOOK3 読破。:

« 『1Q84』BOOK3を読み始める。 | トップページ | 私の手話の原点。 »