« 日本語の難しさ。 | トップページ | 七夕はカルピスの日 »

2010.07.04

戸田康之さん講演会

今日は横聴協主催の今年度第1回福祉文化講演会へ行ってきました。
講師は手話キャスターでおなじみの戸田康之さんでした。
テーマは「ろう教諭と生い立ち」です。

午後2時~午後4時までの予定でしたが、冒頭「午後4時半までかかるのでご了承ください」って話からスタート。
実際、終わったのは4時半でした!
途中、10分ほどの休憩がありましたが、本当に飽きさせない話し方や「先生」らしい板書の使い方と絵の上手さに感心しました~。
とっても楽しく笑いっぱなしの講演でした。

でも、戸田さんが大学生の時に難聴の子どもたちの家庭教師をしていた時の経験や、坂戸ろう学校の中学部での生徒たちの最初の様子を伺った時は胸が苦しくなりました。
ろうの大人に会ったことがない子供たち。
聴こえる大人とばかり会うことで、ストレスを感じたり、聴者はエラくてろう者はバカだと思い込んで成長してしまった子供たちは、今もいるのかも知れません。

ろう者の大人と交流することがろう児にとってとっても意味があることなんだと、改めて痛感しました。
そう思うと、早瀬憲太郎さんたちがやっているスマイルフリースクールが中心になって行う「ろうの国」は、全国のろう児たちが様々な分野で活躍するろうの大人と出会えて、自分の将来に希望を持ったり夢を描いたりできるとっても素晴らしい機会なんだなぁと、戸田さんのお話を伺いながら「ろうの国」の活動にも敬意を覚えました。

戸田さんの講演の中で、中学3年になりろう者としての誇りも芽生えた生徒たちが、手話ができない新任の先生や手話を使わずに先生同士で話している状態に不満・疑問を感じて、学校に提言する劇を上演したお話と、実際の映像の紹介があったのですが、私は劇団あしたの会の「あしたを拓く」を思い出しました。

たぶん、今の聾学校では聴者の先生もろうの生徒たちに良かれと思ってやっているんでしょうが、それが結果として、自己否定につながってしまうきっかけになってしまう現実を考えると、やはりろう教育にはろう教員が必要なんだなぁと思いました。

楽しくもあり、内容に重みのある講演でとっても良かったです。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 日本語の難しさ。 | トップページ | 七夕はカルピスの日 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

私戸田さんのファンです 講演会2回見た。本当さわやかで素敵~2回目は2月の1週目だったので バレンタチョコですと渡し。にこやかに受け取ってくださって嬉しかった~(美人な奥様がいらっしゃるのは知ってま~す)。講演会みたかった~

投稿: ひろろん | 2010.07.05 21:07

footひろろんさん
昨日も、戸田さんと写真を撮りたいという方がたくさんいらっしゃいましたよ。
今年から勤務校が変わったそうで、今後のますますの活躍が楽しみです(^^)

投稿: ドシル | 2010.07.05 21:53

え?戸田さん 勤務先かわったの?しらなかった~ 戸田さんのお母様には難聴協会でお世話になっております。

投稿: ひろろん | 2010.07.06 23:06

footひろろんさん
今は、「大宮ろう学園」幼稚部教諭だそうですよー。

投稿: ドシル | 2010.07.06 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/48798665

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田康之さん講演会:

« 日本語の難しさ。 | トップページ | 七夕はカルピスの日 »