« 嬉しかったコト。 | トップページ | 暑くなると・・・ »

2010.07.12

劇団あしたの会のコト。

京都の方で手話やろう者にかかわっているヒトたちは良くご存じだと思います。
劇団あしたの会。

先日の戸田康之さんのお話とろう学校の生徒たちの映像で、思い出した「あしたを拓く」という作品を私が見たのは、2004年の12月のことでした。
2004年当時の私の感想文は、こちらです。

この舞台をまた観たいなと思い続けてはや6年。
去年、京都で再演されたときにやっぱり観に行けばよかったな・・・と思っていたら、京都公演の時の予告動画をYuTubeで見つけてしまったので、ご紹介。

ああ・・・。
また関東で上演してくれないかなぁ。
2004年の時には汲み取れなかったものや見えなかったコトが発見できるような気がしています。
それに、サークルに新しく入会してきた手話やろうあ運動を良く知らないという人たちにも観てほしい作品なんです。

「あしたを拓く」のことをネットで探していたら、あしたの会のブログに私のことが書かれているのを見つけてしまいましたsweat02
2007年の記事を今頃見つけたわたし^^;;

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/komusaku2007/view/200709

いやはや・・・。
赤レンガ倉庫で行われた公演をご覧になるために、京都から横浜までいらしたときのお話ですね。
つい最近のような印象でしたが、もう3年も前なんですね。

私はいつかまた「あしたを拓く」が観たくて、個人的にもいろいろ目論んでみたり(笑)もしましたが、未だに実現できていません。
いつ実現できるのやら・・・。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 嬉しかったコト。 | トップページ | 暑くなると・・・ »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

「あしたを拓く」を私は見そびれてしまいました。
私も待ち望んでいる1人です。
「授業拒否ー3・3声明に関する資料集ー」に
克明に当時の経過、やりとりが書かれていますが、
これを読んだときに、ただただ「わかりたい」と
思う当たり前の気持ちを訴えることに、こんなにも
たいへんな思いをしなければいけなかった、そして
今もきっとろう者は同じ思いを日々、社会の中で
感じているのだろうと思うと、私ももっと頑張ろう!思うのです。
やはり、ろう者に寄り添える自分でありたい、
いつでもわかる社会にしたいと思います。
それにはまだまだな私ですが。

投稿: ヌーピー | 2010.07.13 08:18

footヌーピーさん
コメントありがとうございます。
「授業拒否ー3・3声明に関する資料集ー」私も読みました。
私の場合は、「あしたを拓く」を見てからですが^^;

そうですね。
ろう者にとって少しずつ便利になった今も、あの頃と同じような思いをしているろう者はたくさんいるんでしょうね・・・。

投稿: ドシル | 2010.07.13 21:24

どうも。恐縮です。

劇団にも高齢化の波が押し寄せておりまして

これだけ高校生役の若い劇団員のメンツが足りない

というのが、現在の最大の悩みになっております。
神奈川公演では、この私でもさえ、生徒役を演っていたくらいでありまして。

京都公演のDVDがもうすぐ完成します。
日ごろの敬意を表しまして、勝手に送らせてもらいましょうかね。
映像媒体でよければ、皆さんに観てもらってください。

話は変わって、6月に発刊された「季刊みみ」、
私の駄文が掲載されております。

投稿: Habuka | 2010.07.15 22:03

footHabukaさん
お久しぶりです~。
うわぁーーー!
DVDになるんですか?
欲しい!観たい!!
勝手にお届けいただけるなんて、今度からサンタさんと呼ばせていただきます(笑)

「季刊みみ」!
探してみます(^^)

投稿: ドシル | 2010.07.15 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/48863048

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団あしたの会のコト。:

« 嬉しかったコト。 | トップページ | 暑くなると・・・ »