« 夏休みの想い出 | トップページ | 「生」と「死」について »

2010.08.15

終戦の日に。

明日からの1週間もごく普通にお仕事なわが家では、この週末は夏休みではなくごく普通の週末でした。
暑い週末でしたね^^;

65回目の終戦記念日の今日、それを意識したわけではありませんがホテルニューグランドへ行ってきました。
ニューグランドの旧館といえば、マッカーサー元帥が子供のころに父親と宿泊したことがあるホテルだそうで、戦後はGHQが接収していた建物です。
マッカーサー元帥にとっても想い出深いホテルだったことでしょう。

「ザ・カフェ」では、ニューグランドのシェフが日本で初めて作ったと言われているドリアやプリンアラモード、ナポリタンなどのメニューがあります。
夏休み中の今日は、「ザ・カフェ」にそんな歴史があることを知ってか知らずか、親子連れも多く、たくさんのウェイティングが出ていました。

ところが、すぐお隣のイタリアンレストラン「イル・ジャルディーノ」は、ティータイムメニューしかないせいかとっても空いていて、しかもホテルの中庭を眺めながら、のんびりくつろげちゃう~ってことで、待たずしておいしいケーキをいただいてきました。

Newgr01

お店の中は、こんな感じ。
今日はティータイムだったけど、次回はランチに行きたいと思いました。
そして、店内はこんな写真が撮れちゃうくらい空いていたのです・・・sweat01

店内から眺める中庭は、とってもキレイでしたよ~。

Newgr02

ティータイムは飲み物だけか、ケーキセットかというメニューなのですがケーキは3種類の中から選べました。
私はチーズケーキをチョイス。

Newgr_cake

これがまた、おいしかった!
チーズの味がよくわかって、濃厚でおいしいチーズケーキでした。

日本では8月15日に玉音放送が流れて、敗戦が決まったから8月15日が終戦の日ですが、太平洋戦争の降伏文書調印式がミズーリ戦艦の上で行われたのは9月2日。
降伏調印式より前に、日本に上陸していたアメリカ軍の高級将校達が宿舎としていたのが、ホテルニューグランドなんですよね。
マッカーサー元帥も、このホテルで調印式の準備をしたはずです。

その後、GHQは東京へ行って皇居にほど近い第一生命ビルがGHQの本部となりますが、何の因果かホテルニューグランドも第一生命ビルも渡辺仁が設計した建物です。
偶然なんでしょうが、どちらの建物もその後返還されて、形をかえつつも今も残っていることを考えると感慨深いです。

65回目の終戦の日。
今日も、65年前と同じように暑い暑い1日でした。
たくさんの戦争の犠牲者の上に、今の私がいます。
平和な日本をありがとう。
平和が続きますように・・・。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 夏休みの想い出 | トップページ | 「生」と「死」について »

カフェ&レストラン」カテゴリの記事

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

有意義な日記でした。

私も少しだけですが、考えさせられました。

地球の歴史、命の尊さ、自然との調和、そして、自分の人生(自分の命)の使い方、エトセトラ。

完全ではない人間が、文明を発展させていく中で、大切にしていきたい魂とは…。

# うーむ古くさい言い方になりました

投稿: sipadan2003 | 2010.08.15 23:59

footsipadan2003さん
ありがとうございます。
いえいえ・・古臭くないですよ^^;
65年前、玉音放送を聞きながら多くの人が涙した日。
そんな日に65年経ったとは言え、GHQが接収すていたホテルでのほほんとケーキを食べていた私。
幸せな時代だなと思いつつも、複雑です。

普段は忙しさにかまけてあまり考えないことも、年に1度1月15日に、戦没者に感謝しつついろいろ人生や命などについて考える日にすると良いかもしれないなぁなんて思いました。

投稿: ドシル | 2010.08.16 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/49155979

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日に。:

« 夏休みの想い出 | トップページ | 「生」と「死」について »