« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の投稿

2010.10.31

手話通訳技術など。

「手話ができると手話通訳ができるは大違い」というのは、異口同音に言われ続けていることです。
それにしても、デキル手話通訳者の脳みそってどうなっているんでしょう。
キャリアが違うとか勉強方法が違うとか日々の努力が違うとか色々あるのですが、読み取り通訳にしても聞き取り通訳にしても、脳の回転数が違うように思います。

ろうあ運動が盛んな地域の通訳者は、ろう者とともに活動はしているけれど、通訳技術は高くないことが多いなんて言われることもあります。
逆に、ろうあ運動にさほど熱心じゃない通訳者が多い場合は、通訳技術を研鑽していて高度な内容にも対応できる人が育っている場合もあるなんて言われます。
どっちもどっちなような。。。

運動も大事。地域のろう者がいて運動があるのだから。
かといって、行政交渉の時など対等に交渉するための日本語力、手話から日本語への翻訳力や日本語をどう借用するかというのは、かなり重要な技術なわけで、そこができないと過干渉な通訳者になるような気もします。
過干渉通訳者...情報の橋渡しをするのではなく、ろう者の代弁者になってしまい、「通訳者」じゃなくなってしまうということですね。

「手話通訳者」って一言で言うけれど、やっぱり専門性というか得意分野ってあると思うし、それを自分で知って極めることは大切なことだなぁって思います。
読み取りをする場合、正しい日本語を選択するわけですから、その分野の専門知識というか専門用語の知識が必要です。

公の場の言葉遣いといわゆるコミュニティ通訳の場合とは、日本語の語彙選択が全く違うから両方やっているような通訳者だと、どちらかかの語彙に偏りを感じ違和感があるのかもしれません。
研究発表とか裁判所とか、専門用語そのものが日本語から借用して手話にする必要がある場面と、もっと身近な、日常生活に密着した会議とか学校の懇談会とか地域生活をろう者が営む為に必要な場面での通訳って、読み取りも聞き取りも方法が違うし、通訳者のタイプも違うんだなぁとちょっと思いました。

うまくは言えないのだけれどね^^;;
でも、身近な場面ではすばらしい語彙を選択する通訳者でも専門用語が羅列されるような場面での通訳では、ちょっとニュアンスが違うかななんて思えたりなんて経験もしました。

人間だもの、得意不得意もあるしね。
私は勉強不足なので、得意不得意もまだまだ自分で把握できていないし、そこまで通訳技術が到達していないのだけれど、なんだか手話通訳って音声言語の通訳よりも奥が深いなぁとしみじみ考えてしまった週末でした。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.10.30

縁なのだ。

台風が接近する中、何事もないように色々と進んだ初日。
全国規模のこうした行事に参加すると、思いがけない人に会えたり再会できたるする楽しみがあります。
今回もそうでした、「全国規模」なのかどうかはよくわからないけど、部分的にでもとにかく遠方からいらしている方もいて、見ている私はわくわくしました。

あのひともこのひともいるし、お世話になったあのひとやこのひと、久しぶりのあんなひとこんなひと。。。立場も忘れて懐かしい話や近況報告しちゃいそうになりました(汗)

縁は不思議です。
もしあのときあの人と出会わなければ、私は今回のこのイベントに関わっていなかったかもしれないと思うと、双方向に多少影響し合っているのでしょうがなんとも不思議な、運命にも思えるほどのさまざまな縁が繋がっているように思います。

色んな方が過去にご紹介くださった色々な方に今回再会できたり、新しい出会いがあったり。
台風の中でもちょっとがんばって良かったななんて終わってもいないのに、回帰モード。
来月もまた違った角度の似たような(?)イベントがあるので、楽しみです。

さて後一息。
明日もがんばりましょう☆


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.29

Que sera sera☆

Que sera sera(ケセラセラ)。
正しいスペイン語ではありませんが、一応?スペイン語に由来する言葉らしいです。
なるよになれ〜。。。って感じ?

今週はめっきりブログを書いていませんが、一応元気にしております^^;
仕事して、もろもろの活動とか母の入院先へ行ったり、転院先探したり、手話サークルへ行ったり、表面的にはさほど変わらない毎日です。

でもなんとも忙しかったんです〜。
私がほんの少しお手伝いしてきたとあるイベントがいよいよこの週末に開催されます。
ほんの少しだけのお手伝いなのですが、ここ2週間ばかりその作業が色々とあり、プラス母の入院がありめちゃくちゃ忙しかったのですが、やっとイベント前日ということで、今日もドタバタ色々ありました。

無事にイベントが成功裏に終わることを祈るばかりですが、台風大丈夫かなぁ。
・・・ってことで、Que sera sera!!
もう、台風は止められないし、イベントの日程もプログラムも変更できないし、無事終わることを祈るばかりです^^;

私もなんだかよく分からず、なんとなくお手伝いしちゃったのですが色んなろう者とも知り合えたし楽しい準備期間でした☆
さて、本番が無事に終わればすべて良しってことで。
でも、成功かどうかは正直、私にはわからないのですが^^;
参加した方達が満足できたらいいなと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.27

冬将軍がやってきた!

♪ねこはこたつで丸くなる〜♪と、言いますが。
わが家の猫も、丸くなっています。。。こたつはありませんがsweat01

昨日から急に寒くなり、今日はさらに寒かったですね。
いったい何を着たら良いのやら^^;;;
寒いけどダウンを着るほどではないし、かといって1枚羽織っただけでは寒いっ!!
明日はもっと寒くなるそうです。
しかも明日は雨の予報。

最近、仕事が早く終わると病院へ母のお見舞いに行っているのですが、病室は常に26度と暖かいので母としてはあまり寒いという感覚はないようです。
相変わらず、ベッドアップ40度で寝たきり状態ですが、日に日に元気になっています。。とりあえず。

さてさて。
この寒さで札幌は雪景色になっているのをTVで見ました。
まだ10月なのに、雪かきするなんて北海道民もびっくりです。

紅葉を楽しむ秋の趣はいったいどこへいったのやら。
日本の四季の移り変わりが変化してきたのでしょうか。
なんだかちょっぴり寂しいです。

しかし寒いっ!
暖かくして早く寝よう〜!


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.23

OPEN!HERITAGE IN 山手

横浜市都市整備局とヨコハマヘリテイジ主催の「OPEN!HERITAGE IN 山手」というイベントで、A.レーモンド設計の旧ライジングサン石油社宅だった建物を見てきました。
この建物、現在はフェリス大学の10号館となっています。
以前は研究室として使われていましたが、今は研究室もお引越して空いている状態です。

2010102316180001

昭和4年の建物とは思えないほどキュートでおしゃれでした!
久しぶりに建物を見て興奮しました^^;

2010102316170000

このベイウィンドウのかわいらしいこと!
色んな角度から撮影しちゃいました☆

竣工当時は、10人の速記者の為の社宅だったそうで、入り口側も螺旋階段などがあってかなりおしゃれでした。

2010102316220000

玄関がなんともかわいらしい〜。
ライジングサン石油の速記者の社宅ってだけでもなんだかちょっとロマンを感じます*^^*
今は、速記者を社員に雇うなんてことしませんが昔は速記者がいて、会議の議事など取っていたのでしょうか。

もちろん中も見学させていただきました。
暖炉や備え付けの家具、当時を感じさせる照明なども残っていて、なかなか見応えがありました。
老朽化もかなり進んでいましたが...。

お天気もよかったので、歩いていて気持ちが良かったです。
帰りにばったり、駅で知り合いのろう者に会いました(笑)
世の中狭いです^^;;

またぜひ、非公開な近代建築を見学できる企画をお願いします。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.19

10年の重み

ふと気がついてしまいました。
この10月、私は今の手話サークルに通い始めて丸10年になりました。
横浜へ引っ越してきたのはその1年前くらいになるのかな。
色んなことが落ち着いて、やっと見つけた手話サークルでした。
(・・・っていうか、夫がセンターの窓口まで行って活動日を確認してくれたんだけどsweat01

横浜へ来る前から、手話とは多少のかかわりがあったけれど、横浜の手話サークルに入る前と後では色々と違うなぁと思います。
地域の手話サークルに入会して10年。うち、9年はサークルの役員をやって来ました。
色んな出来事や珍事もあったけど、たくさんの出会いがあり、そのどれも今の私を形成する為には欠かせない出会いだったなと思います。

そんなサークルの会員証で私が持っている一番最初のが平成12年のもの。
9月に見学して、10月から入会しました。
「サークルの役員は大変だからなり手がいない」と、多くのサークルで悩んでいるようですが、私がいたこの10年、前半はそんなこともあったけど、後半はみんな「自分も何かやらなくちゃ!」みたいに思うようで、役員に立候補する人がいつもたくさんいるようになりました。
だから、私も「大変」じゃなくて「楽しく」続けてきました。

最近、またちょっと面白い(?)出会いがありました。
ある人に「私も昔、横浜に住んでいたときそのサークルにお世話になったの!当時は、手話ができなくて^^;;」と言われました。
その方、今では結構な有名人。
時期を聞くとちょうど私と入れ違いみたいです。
20世紀の終わりごろの会員さんだったんですね。
でも、その頃のろう者が今もちゃんとサークルにはいて、名前を出せば覚えていてくれる暖かさがあります。

継続は力なりといいますが、果たしてこの10年間の継続は力になっているのかな^^;;;
それとも、「下手の横好き」で続けているのかな^^;;
さて、どっちなんでしょ。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

気分転換

ブログそのものにはあまり関係のないお話ですが^^;;
ココログにも、少し前に「アバター」というものができ、自分で作って設置ができるようになりました。
ブログでアバターというと、アメーバブログやYahooブログがずいぶん前からやっていて人気があったようですね。
私は、あまりアバターに興味が無かったのですがココログでも始めたというので、とりあえず新しいものには挑戦したい性格ですから、作ってみたわけです!

Docile

それが、これです(^^)
ブログに設置しているものだと顔しか見えないのですが、一応全身があってお洋服も自分で選べます(笑)
しばらくこの画像を使っていて、Twitterのアイコンもこれを使っていたのですがもうすぐハロウィンだし(日本人には今一なじまない気もしますが^^;)、なんとなく気分転換にブログもTwitterのアイコンもハロウィンぽく変えてみました。
それが、今使っている↓です。

Docileoct

洋服は同じまま、ちょっとマントを羽織ってランプを持ったらなんとなぁくハロウィンぽくなったかな?
背景も蔦が絡んだレンガ風にしてみたのですが(笑)
イメージとしては、立教大学池袋キャンパスあたり?(だいぶ違うけど^^;)

しばらくは、気分転換でこのアバターにしておきます☆
mixiは相変わらず変更なしの、猫写真ですが(^^;


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.17

いろんなコト。

ここ数日、私の周りではいろんなことが巻き起こりてんやわんやしていますsweat02
まず、仕事がエラく忙しいっ!
退職した派遣さんの後任が決まらないのです〜。
なぜなら、こないだ菅首相が「今国会で成立させたい」と言っていた派遣法改正との兼ね合いで、業務内容の精査を余儀なくされ、場合によっては派遣ではなくアルバイトとして直接雇用をする必要があるらしく揉めています^^;;
派遣会社にお願いすればすぐに人は決まるのに。。。派遣法のばか〜と、叫びたいっ。
今いる派遣さんたちも今後どうするのか、職場の方針は決まっておらず上層部がばたばたしています。
皆様の会社ではいかがでしょう?
うちの職場が、法改正に過敏に反応しているという面もあるのですがなかなか難しいです。

そんなこんなで本業が忙しく、残業三昧な日々ですが今年の10月は、例年よりいろんなことが立て込んでいてあれやこれやの大騒ぎ状態で、がんばっています〜。

そこへ来て、なんと数日前に、うちの母が骨折して入院してしまいましたsad
母は近所で自由気ままな一人暮らしをしていたので、突然の入院で(骨折部位の関係で、立てない状態なのです〜)、入院手続きをしたり母の部屋のゴミなどを捨てたりその他諸々、とにかく予想だにしなかったことが起こり、ここのところいっぱいいっぱいでした。
家族が入院すると、精神的ストレスがかかりますね。
それはたぶん、想像以上のストレスなんだなぁと思いました。

私の父は、6年前にクモ膜下出血で突然倒れそのまま意識がもどらず10日で他界しました。
当時、実家は北海道だったし、長年私は関東暮らしだったので、亡くなった実感もなく、入院のストレスも当時の母が感じたほどにはなかったのだけれど、今回は、父が亡くなって母を横浜に連れてきていたので毎日のように顔を見ていた母が、突然入院し(しかも結構、重傷で救急車で運ばれた)私もしばし、正気を失ってしまった感がありました。

ああ。。。
何が起きても動じない、何が起きても平常心と心がけていても人間、そんな簡単じゃないんだなぁと思ったりして。
世間では、チリの鉱山作業員の33人目が救出されて盛り上がっていたようですが、私はその映像を見ること無く、病院に張り付いていました。

幸い、母は重傷ではありますが今のところ元気に(?)入院生活をしています。
私もしばらくは、病院や母の家に行きつつ今までとはちょっと違うパターンで過ごす日々になると思います。

以前、手話通訳の学習をしてるとき、講師の方がよく「家族の理解があって、通訳活動ができるんだから家族を大切にね」とお話されていました。
それは一人ではなく、複数の方が異口同音に語っていたので、とても印象に残っているし、本当にそうだなって実感します。

わが家でも、もし夫が私の活動に反対していたら、私は今のように色んなことに首(いや、足?)を突っ込むこともなかったと思います。
いろんな経験をさせていただけるのは、夫の理解と協力があるから。
(家事も手抜きしてるし^^;;;)
そして、私の母も夫の母も元気でいてくれているからだなって思います。
どちらかの親が介護状態とか認知症とかになったら、家族を放って好きなことはできないものね。

そういう意味では本当に私は恵まれているなぁと、今回改めて感じました。
母の怪我もなにぶん急なことで、予定変更等でご迷惑をかけた面もあるのだけれど、仕事のことも趣味や手話の活動のことも、色んなことを考えるよい機会になったのも事実です。

そして、目の前に壁が立ちはだかったときどう対処できるのか、どんな精神状態を保てるのか、もうちょっと私自身が自分のことを分析して理解しないといけないなとも思いました。
こんなんじゃもし災害が起こったら、私パニックしてるかも。。とかね^^;;;

まぁ、無理せずぼちぼちがんばります☆


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.10.13

グッドデザイン賞!手話Pod Channel

iTunenのPodcastで、無料配信されている「手話Pod Channel」。
おおむね月2回の配信で、内容もとても充実しているので私は毎回楽しみにしています。

スタート当初は、字幕がなかったのですが最近は字幕がつくようになりました。
手話だけの番組なので、手話学習者からの要望で字幕をつけたようです。
私はこの番組をPCではなく、iPod Touchで見ているので、画面が小さいから本当は字幕がないほうがありがたいなぁと思います。
でも手話が分からない人にとっては、貴重な情報保障なので仕方がないのですが、もし技術的に可能なら字幕の有る無しを選べるようになるとうれしいです☆
けど、無料配信でなおかつ内容も良い番組にそんな要望を出すのもなぁなんて思う今日この頃^^;;

そんな手話Pod Channelがグッドデザイン賞を受賞したそうです。
グッドデザイン賞って、プロダクトデザインだけかと思っていたのですが、いろんなものが対象になるのですね。

日本初の手話Podcastらしいので、今後もがんばって楽しい番組を提供して欲しいなと思います☆
関係者のみなさま、グッドデザイン賞受賞おめでとうございました〜。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.11

野性的!?

連休中のある日、夫がガーデニング(というのかどうか^^;;)をあれこれやっていました。
その横で野性味あふれる姿で猫草をむさぼる姿を発見!(笑)

Chi_ham01

末っ子ちぃちゃんでした^^;
家でごろにゃん♬としている姿とは違いますねぇ(笑)
こんな姿で食べてくれるなんて、バルコニーの大きな植木鉢に猫草を植た甲斐があるというもの〜。

違う角度で撮ると、こんな感じ。

Chi_ham02

この写真だと、ちぃちゃんの奇形の左前足の形がよくわかります。
ちぃちゃんは左前足の指(?)が癒着した状態で生まれたので、写真のように万年Vサイン状態です。
でも、爪はいちおう4指ぶんついていますが変形しています。

母猫のなつちゃんが色んな病気を抱えていたので、なつの子たちは免疫力が低かったり色々問題があるのですが、ちぃちゃんはこんな感じです。
でも至って元気で、今年7歳になりました☆


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.10.10

名もなく貧しく美しく

1961年に公開された映画「名もなく貧しく美しく」が、BS-hiで放送されました。
先日他界された、小林桂樹さんを偲んでの放送でした。
この作品、手話を学んだ方なら名前は聴いたことがあるはずです。

私も名前だけはよぉ〜く知っていました。
ロケが横浜で行われたと聴いていて、当時そのロケを見に行ったろう者の話も聴いたことがありますが、とにかく作品自体が古いので、実際に観たことがありませんでした。
今回、初めて拝見して年配のろう者が先日小林桂樹さんが亡くなられたのを残念がっていた意味がなんだかよくわかりました。

この作品は、戦後の大変な時代を生きたろう者夫婦の物語で、ろう者の役を高峰秀子さんと小林桂樹さんが演じています。
手話での会話も満載ですし、当時の時代背景もろう者の苦悩や置かれていた環境などもよく表現されていて感心しました。
でも、結末があんな風になるとは予想もしませんでした。

この作品、原作は実話に基づいていると聞きました、
そのせいか、本当によくろう者の暮らしが描かれていると感じました。
昭和36年の作品ですから、今では使われなくなった「おし」「つんぼ」「かたわ」などの言葉も当たり前に使われています。
また、3歳で失聴した秋子(高峰秀子さん)は発話もできるものの、生まれつき聴こえない道夫(小林桂樹さん)は、発話がほとんど出来ないというのも、よく描かれているし聴こえないから子供の異変に気がつかなく子供が亡くなってしまったという話も、本当にあったのではないかと思いました。

この映画のすごいところは、さらに二人の次男でCODAの一郎くんの描写です。
私はCODAじゃないのでわかりませんが、今のCODAの子供時代の心境にも通じるのではないでしょうか。
小学校1年の時の葛藤と成長して5年生になってからの親との向き合いかたなど、リアルに描かれていて、この作品を観た後だと「星の金貨」も「愛していると言ってくれ」もろう者の実像とは離れすぎていて納得いかないのは当然だろうと思いました。

印象的なシーンがいくつかありました。
手話の特性をよく表しているのが川越しに2人が会話するシーン。
それに、電車で違う車両に乗っているけど窓ガラス越しに会話するシーン。
これらは、音声言語じゃ成立しないシーンです。

それから、2人の結婚式。
あれは、横浜の伊勢山神宮ではないでしょうか。
横浜や都内の古い町並みも、私は楽しく拝見しました。

印象的な台詞は「社会は私たちに同情してくれても理解はしてくれない」
ということば。
今もあまり変わっていないなぁと思いました。
当時に比べればずいぶん理解も配慮もあるとは思いますが。

あと、見所(?)は今の手話と当時の手話の違いは注目すべきところかなと思います。
もちろん、基本的には同じなんですが微妙に違うニュアンスなのかなと思う表現がいくつかありました。

「エジプト」みたいな「信じる」が1度でてきました。
あの表現、今も使う地域あるのかな?私は初めて見ました。

そんな訳で、個人的には本当に観られて良かった作品ですし内容もとっても良いので、今の役者さんで撮り直して欲しいと思いました。
この作品、過去にTVドラマにもなっているんですね。
ろう者からあまりTVドラマの話を聞いたことがないのは、映画ほど良い作品ではなかったのでしょうか。
それとも、字幕がないしTVにあまり興味がなかったのかな。
でもでも、映画だって手話のシーン以外には字幕がなかったけど、字幕付き上映とかあったのかなぁ。
実際作品を観て、いろいろと考えてしまいました^^;;


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

角野恵津子さんを送る会

10月3日夜に旅立たれた、角野恵津子さんを送る会が以下の日程で開かれるそうです。

日時:10月15日(金)午前9時半〜午後1時半まで(出入り自由)
会場:晴れたら空に豆まいて(LINK)

お別れ会なのでお香典など必要なく、平服でご参列くださいというのが関係者がおっしゃっていることでした。
こういう場合の「平服」ってけっこう微妙。
個々に「お別れ会にふさわしい」と思える服装でよいというニュアンスかと思います。

角野さんが愛した晴れ豆でのお別れ会。
平日の昼間なので行ける方は限られているかもしれませんが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.09

ほぼ日手帳2011

雨で涼しい1日となった3連休初日です。
わが家はばたばたしております^^;;

そんな中、届きましたよ〜。
来年の手帳が!(笑)

Hobonichi2011_1

2011年は、初の革カバーにしてみました。
ヌメと迷ったけれどローズピンクにしました。
革カバーは、今までのナイロンカバーと違って高いので^^;;何年かは同じカバーを使おうと思っています。

ほぼ日手帳が発売になって10年の節目なので、カバーも色んな種類がでて迷いました。
本当は、限定の革カバーのアンリ(ボルドー)がいいなと思ったのですが、オリジナルカバーとちがってポケットがないことや、しおりが1本なので使い勝手を考えてやめました。
限定品なので、申し込みしても抽選ではずれたかもしれないけどsweat01

今年も後半となってきて、ぼちぼち来年1月の予定も入ってきたので、さっそく今日とどいた手帳に書き込むことにします。
「なんでもない日、おめでとう。」この考え方、好きです。

私の人生も、みんなの人生も過去も未来も1日たりと同じ日はありません。
特別なじゃない「今日」の積み重ねが人生に彩りを添えてくれるのかななんて思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (4) | トラックバック (0)

劇団あしたの会第12回公演「あしたを拓く」DVD

先日いただいた「あしたを拓く」の京都公演のDVDを観ました。
横浜公演は2004年12月だったので、あれから6年。
臨場感という意味では、やはりDVDより生で公演を観る方がすばらしいと思いますが、DVDでも充分感じるものがあるので、まだご覧になっていない方はぜひあしたの会のHPでどうぞ。
驚きの良心プライス、1000円です☆

横浜公演で1度観たきりのこの作品。
細かなところまで覚えているわけではありませんが、横浜公演のときとは演出がちょっと違ったような気がします。
どうこがどうとまでは言えませんが(^^;

大きく違うのは、劇中に出てくる各生徒たちの回想エピソードのシーン。
横浜公演のときは林君が本屋さんで万引きと間違われる話があり、印象的だったのですが今回はそのシーンはなく、別の回想が盛り込まれています。
本屋さんのシーン、個人的にはけっこう好きでしたが京都公演の内容のほうがよりリアリティをもって、当時のろう者への差別や偏見が見え、そして3.3声明へ結びつくように思いました。

ああ。。。
今回は、1度限りの舞台とちがいこれからDVDを観る方もいらっしゃるのでネタバレになるようなことは書かないでおきます^^;;
とにかく、手話に関わる全てのひとは観るとよいと思います。
手話の抑圧された歴史とろう者への差別について、ろう教育について当時の様子がなんとなくわかるように思います。
そして、私はその当時と45年後の今とを比較してどうなのか比較せずにいられません。
このブログをご覧になって、「あしたを拓く」に興味を持ってDVDの申し込みをした方がいらしゃると伺いました。
ありがとうございます。

私は劇団とはなんの関係もありませんが、良いものは広くおすすめしたいと思っているので、ぜひ多くの方に観ていただけるといなと思います。
でも!!
一番良いのは、DVDよりも公演へ足を運んで生で観ることです〜。

DVDを観たらやっぱりまた、横浜で公演をやって欲しくなりました。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.08

寝起きのにゃんこ。

今朝、私が出かける準備をしているとわが家の末っ子にゃんこの、ちぃちゃん(本名あらた/7歳)が、他の場所で寝ていたのに突如、私の近くて現れてダイニングの椅子に飛び乗りました。
あのぉ〜。
にゃんこたちのごはんは、ここではありませんがぁ・・・(笑)
しかも寝起きでなんだか人相が悪いっ!

Chi01

なぜかカメラ目線のちぃちゃん^^;;;
何がしたいのかわからないけど、どうやら椅子で寛ぎたい様子。
私は仕事へ行かなくちゃいけないので、目つきの悪いちぃちゃんを放っておくことにしました。

でも、ちょっと様子を見ているとなんだかかわゆい(←親バカ)。

Chichan

仕事に遅れない範囲で、写真を撮りまくってみました。
で、2枚目の写真が私的にはお気に入り☆
せっかくなので、携帯電話の待ち受けもこの写真に変えました(^^;;

今日はお天気もよく気持ちが良かったですね。
こんな穏やかな日が連休も続くといいのになぁ。。。

平凡なわが家の平和な1こまでした(笑)


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.06

音楽ライター・角野恵津子さん逝く

1998年2月14日。
「恵津子の部屋」というサイトがスタートした日。
音楽ライターの角野恵津子さんのサイトです。

音楽ライターといっても、アーティストに媚びて仕事をしているタイプの人ではなく、本当に音楽が好きで、ライターが仕事なんだけど、自分の好きな音楽やアーティストのことを記事にするような、そんなタイプの方だという印象があります。
角野さんの好きなミュージシャンの多くは、私の琴線に触れる音楽をやっている方でした。

2000年頃だったか、角野さんは卵巣ガンの闘病生活を始められたと記憶しています。
病室からも日記が更新されたり、一時退院してはライブへ顔を出して記事を書かれていたのが印象的でした。
この頃にブログがあれば、角野さんももっと簡単に日記の更新ができただろうななんて、ふと思いました。

その後退院された角野さん。
時折、ライブでお見かけすることもあり元気になられたんだなぁと思っていました。
ここ何年かは、代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」のスタッフとしても活動されていた角野さん。

昨日、訃報を聞いて驚きました。
また闘病していたなんて、知らなかったから。

陣内大蔵さんのブログにも、角野さんの訃報が綴られていました。

晴れ豆ではとっても良いライブが多かったり、行きたいライブが多かったのはブッキングを角野さんが担当していたからなんだと思います。
昨日から多くのミュージシャンが、角野さんの訃報を聞いてショックを受けて記事を書いています。

恵津子の部屋」、ネット上に残しておいて欲しいと思う人は少ないないのではないでしょうか。
角野さんの愛した音楽と角野さんの生き様が詰まったサイトです。

ご冥福をお祈りします。
角野さん、すてきなイベントや企画、すてきな記事をありがとうございました。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.10.05

猫のいるダイニング

夫が何やら思いつきで、テーブルと椅子を購入しました。
巨大な段ボールが突如やってきて、私はびっくり(笑)

リビングダイニング用にテーブルと椅子のセットを買ったのは聞いていたけれど、箱で届くとあまりにも巨大で、玄関から普通に入らなくて、玄関で段ボールをあけてなんとか搬入。
今まで長らく使っていたテーブルはバルコニーへと旅立ちました^^;;

Kurochan2

週末、私が外出している間に夫がテーブルの入れ替え作業をやってくれていて帰宅したら新しいダイニングになっていました^^;
キレイなうちに写真を撮っておかなくては〜♬

クロちゃんがいつもよりおしゃれに見える(笑)
写真もちょっとだけぼかしを入れて、加工してみましたsweat02

ちなみに、このダイニングテーブルの椅子は長作くんのお気に入りです(笑)


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.04

「あしたを拓く」京都公演DVD

何度もこのブログに書いていますが、私は2004年に横浜ラポールで上演された劇団あしたの会の「あしたを拓く」という作品にとても思い入れがあります。(当時の感想はこちら。)

もう一度観たいなぁとずっと思っていたのですが、このたびめでたく2009年に京都で上演されたときの舞台がDVDとなったそうです。
そして、色んなご縁でお世話になっているあしたの会の方が完成したDVDを贈ってくださいました☆
私があまりにも「あしたを拓く」と連呼してうるさかったからでしょうか(汗)
購入しようと思っていたのですが、ありがたくいただきました。

Ashita01

これが、DVDのジャケットです☆
もちろん字幕付きです!

DVDそのものもちょっと凝ったデザインですよ〜。

Ashita02

ね?ろう学校の生徒たちのノートの落書きみたいなデザインを施してあるんです。
この作品は、手話を学び始めて間もない人には特に観て欲しいと思います。
「ろうあ運動?運転免許も取れるし、欠格条項ももう関係ないし、興味ないよー」っていう若いろう者にも観て欲しい。

私は聴者ですが、欠格条項撤廃運動の署名をしたのは比較的記憶に新しいものの、蛇の目寿司事件も、運転免許も歴史として学んだに過ぎません。
アイラブパンフも歴史な感じだし。
そんな「ろうあ運動」が一気に身近になり、疑似体験できる作品だと思うのです。

横浜公演の時は、もう舞台の中にものすごい感情移入してしまい自分の感情(悔しさとか悲しさとか)が思うようにコントロールできなかったのを覚えています。

劇団あしたの会のサイトでお問い合わせいただければ購入できると思います。
どうやら大好評で、すぐに品薄になるようですがsweat02

2004年の感動を再びということで、しばらくはこのDVDを観て秋の夜長を楽しもうと思います☆


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.02

箱根の秋

先日、箱根へ行ってきました。
観光らしい観光はしていないのですが、秋を感じる風景がありました。

2010100114320000

この写真は箱根の甘味処として人気のある「甘酒茶屋」。
江戸時代から12代ほど続く茶屋だそうで、箱根湯本に近い山間にあります。
茅葺屋根ですが、建物自体は新しい印象でした。
昔のイメージをそこなわない感じで、店内も大きな柱があって趣がありました。
すっかり涼しかったので、もちろん甘酒を注文*^^*
私の知っている甘酒と違い、甘さが押さえられていておいしかったです。


2010100211050000

続いて、仙石原のススキ草原。
まだ黄金色のススキではありませんでしたが、なかなか奇麗でした。
観光客も多かったと思います。
残念ながら、ゆっくりススキ草原を散策することはできませんでしたが、とりあえず車道から写真を撮ってきました。

まだまだ暑い日もあるようですが、少しずつ秋の気配を感じる今日この頃。
寒暖の差に体調をくずさないようにして、元気に年末を迎えたいなと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.01

伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うスペシャル

雨の木曜日。
大井町のきゅりあん小ホールで行われた「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うスペシャル」へ行ってきました。
司会:サエキけんぞうさん
出演:伊豆田洋之さん
ゲスト:鈴木雄大さん、杉 真理さん、松尾清憲さん
スペシャルゲスト:遊佐未森さん
・・・という、豪華メンバー!

ゲストのお三方は、代官山でのライブのときもご出演されますが、遊佐さんは女性だしポールの何を歌うのかなぁと思っていたら、ポール作詞作曲で、メリー・ホプキンが歌った「Good bye」を日本語詞で歌ってくれました。
後半は伊豆田さんのピアノ弾き語りで、オリジナルの歌詞になりました^^

遊佐さん、CDと同じ透明感ある歌声でした☆
ちょうど1ヶ月前に私、遊佐さんの「銀河手帖」を買ったばかりなのでした。
久しぶりの歌声に酔っていたところへ、今回のライブ。かなり私的には良かったです。
デビューアルバムの「瞳水晶」を、何度も何度も聴いていました。
あの頃の歌声の遊佐さんで感激でした〜。
「Good bye」はまるで遊佐さんの曲のように遊佐ワールドでした。

あと、雄大さんと伊豆ちゃんで歌った「Ebony and Ivory」も良かったです。
さすが、IZU-YU!!
かっこいい!ポールもスティビーもびっくりの歌声でした。

今回は、1曲目は伊豆ちゃんのギター弾き語りの「Everynight」でした。
ピアノから始まると思っていたのでギターで5曲はちょっとびっくりでした。

私の席は、後ろの方だったけど舞台が良ーく見えてとても良い席でした☆
前の方に、知っている顔ぶれがいっぱいいました(^^)
ロビーには伊豆田さんのファンからのお花も届いていましたね*^^*

私は伊豆田さんのソロは本当に久しぶりだったので、久々にあの歌声を聴いて酔いしれました。
サエキさんもおっしゃってたけど、物まねじゃないんだけど和製ポールというかなんというか、本当にすてきな歌声です。
3人のジョン・レノンの歌声もすてきでした。

2時間で終わってしまって本当にあっという間でしたが、最近の忙しさで若干心が荒んで(?)いたので元気をもらって帰ってきました♬
出演されたみなさん、ありがとうございました〜。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »