« 角野恵津子さんを送る会 | トップページ | 野性的!? »

2010.10.10

名もなく貧しく美しく

1961年に公開された映画「名もなく貧しく美しく」が、BS-hiで放送されました。
先日他界された、小林桂樹さんを偲んでの放送でした。
この作品、手話を学んだ方なら名前は聴いたことがあるはずです。

私も名前だけはよぉ〜く知っていました。
ロケが横浜で行われたと聴いていて、当時そのロケを見に行ったろう者の話も聴いたことがありますが、とにかく作品自体が古いので、実際に観たことがありませんでした。
今回、初めて拝見して年配のろう者が先日小林桂樹さんが亡くなられたのを残念がっていた意味がなんだかよくわかりました。

この作品は、戦後の大変な時代を生きたろう者夫婦の物語で、ろう者の役を高峰秀子さんと小林桂樹さんが演じています。
手話での会話も満載ですし、当時の時代背景もろう者の苦悩や置かれていた環境などもよく表現されていて感心しました。
でも、結末があんな風になるとは予想もしませんでした。

この作品、原作は実話に基づいていると聞きました、
そのせいか、本当によくろう者の暮らしが描かれていると感じました。
昭和36年の作品ですから、今では使われなくなった「おし」「つんぼ」「かたわ」などの言葉も当たり前に使われています。
また、3歳で失聴した秋子(高峰秀子さん)は発話もできるものの、生まれつき聴こえない道夫(小林桂樹さん)は、発話がほとんど出来ないというのも、よく描かれているし聴こえないから子供の異変に気がつかなく子供が亡くなってしまったという話も、本当にあったのではないかと思いました。

この映画のすごいところは、さらに二人の次男でCODAの一郎くんの描写です。
私はCODAじゃないのでわかりませんが、今のCODAの子供時代の心境にも通じるのではないでしょうか。
小学校1年の時の葛藤と成長して5年生になってからの親との向き合いかたなど、リアルに描かれていて、この作品を観た後だと「星の金貨」も「愛していると言ってくれ」もろう者の実像とは離れすぎていて納得いかないのは当然だろうと思いました。

印象的なシーンがいくつかありました。
手話の特性をよく表しているのが川越しに2人が会話するシーン。
それに、電車で違う車両に乗っているけど窓ガラス越しに会話するシーン。
これらは、音声言語じゃ成立しないシーンです。

それから、2人の結婚式。
あれは、横浜の伊勢山神宮ではないでしょうか。
横浜や都内の古い町並みも、私は楽しく拝見しました。

印象的な台詞は「社会は私たちに同情してくれても理解はしてくれない」
ということば。
今もあまり変わっていないなぁと思いました。
当時に比べればずいぶん理解も配慮もあるとは思いますが。

あと、見所(?)は今の手話と当時の手話の違いは注目すべきところかなと思います。
もちろん、基本的には同じなんですが微妙に違うニュアンスなのかなと思う表現がいくつかありました。

「エジプト」みたいな「信じる」が1度でてきました。
あの表現、今も使う地域あるのかな?私は初めて見ました。

そんな訳で、個人的には本当に観られて良かった作品ですし内容もとっても良いので、今の役者さんで撮り直して欲しいと思いました。
この作品、過去にTVドラマにもなっているんですね。
ろう者からあまりTVドラマの話を聞いたことがないのは、映画ほど良い作品ではなかったのでしょうか。
それとも、字幕がないしTVにあまり興味がなかったのかな。
でもでも、映画だって手話のシーン以外には字幕がなかったけど、字幕付き上映とかあったのかなぁ。
実際作品を観て、いろいろと考えてしまいました^^;;


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 角野恵津子さんを送る会 | トップページ | 野性的!? »

手話いろいろ」カテゴリの記事

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

凄い見たかったです(T_T)
古いけど、DVDあるのかなぁ(>_<)見たこと無いんで一度は見たいです☆

投稿: LINEN | 2010.10.10 22:20

☆LINENちゃん
録画しなかったのね^^;
私も録画してないんだけど(汗)
DVDも販売しているみたいですよぉ。
機会があったらぜひ観てくださいね。

投稿: ドシル | 2010.10.10 23:25

こんばんは。

今も,置いてあるか?分かりませんが
10何年前,県の聴障センターから
ビデオ(小林さん版)を借りて
手話サークルで上映会しました。
今も(置いて)あるといいですが・・・。

投稿: furiru | 2010.10.16 23:55

☆furiruさん
ご無沙汰しています。
手話サークルで上映会、良いですね〜。
でもビデオだと、字幕がついていませんよね^^;

DVDが販売になっているので字幕がついていたら、上映会もいいなぁと思います。
「名もなく貧しく美しく」の上映会も良いですが、「あしたを拓く」のDVD上映会もやりたいです。。。
「名もなく貧しく美しく」の続編「父と子」も見たいなぁと思っています。

今度聴障センターへ行って、探してみます(^^)
情報ありがとうございました〜。

投稿: ドシル | 2010.10.17 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/49703858

この記事へのトラックバック一覧です: 名もなく貧しく美しく:

« 角野恵津子さんを送る会 | トップページ | 野性的!? »