« キットカット プチチーズ | トップページ | ご当地手帳-Inhome plan Diary 2011- »

2010.11.09

どこへ向かうのか。

手話にで出会って何年経つでしょう。
子供の頃、「サンデー九」の画面の中で見た当時の手話通訳者は今、いくつになっているのだろう、どなただったんだろうと今でも思います。
きっと、北海道では誰もが知っている方に違いありません。

私が人生で初めて見た手話です。
そして、私が初めて出逢った「聴覚障害者」は手話を使わない人でした。
母親も本人も「聴こえる人と同じ」になる努力をし、手話を否定し、背伸びをしてがんばっていた男の子。
彼は今、どうしているんだろうと時々思い出します。

私が初めて会った手話を使い、ちょっと日本語が苦手なろう者は今も健在。
手話がまーったくわからない私に、とあるろう者大会の要員をさせてくれてろう者の中に聴者1人という環境をくださった人でもあります。
当時、私は20代だったので(笑)ろう者もみんな優しかったです。
同じろう者が、今では厳しいことを色々言いますが^^;;;

ろうあ運動関係のこと、言語学としての手話のこと、サ連や通研その他色々、数えきれないくらいの勉強をさせていただきました。
色んな要員もさせていただいたし、サークルでの活動もその年、その年で会員や役員の顔ぶれにより多少の差はあっても楽しんで活動してきました。
ま、勉強と技術は必ずしも比例はしないけどsweat02
おかげさまで?、ろう者だけの中に聴者1人という状態も今では全く珍しいことではなく、当たり前におこる日常の1コマになりつつあります。

そして私はどこへ向かって歩いて行くのだろう。。。

手話サークルや地域で、ろうあ運動をがんばっているわけではないなぁ、と思っています。
かといって、手話言語学を極めているわけでもない,,,当たり前だけど^^;
通訳技術が素晴らしいわけでもなく、それ以前に手話が特別上手というわけでもないっ。
アベレージな聴者の表現なんだと自覚しています。
どれも極めていないんだから、ある意味スタートラインはどれも同じなわけですが、私はどこへ向かっているんだろうとふと、立ち止まる時があります。
「立ち止まる」といっても、別に突っ走っているわけじゃないのですが(汗)

ただ、ろう友たちと楽しめればいい。その為のツールだった手話。
英語圏の人たちと話したり、遊んだりするために英語を何となく使っていたのと同じ感覚で手話を覚えた私。
でも手話そのものの奥深さ、手話を学ぶことで改めて知った日本語の魅力と難しさ。
世間になかなか広がらない正しい「手話」や「ろう者」のことを、もっと理解して欲しいなぁという思い。
そして、時代とともに移り変ってきた手話サークルの役割やサークルのあり方などなど。
色んなことを考えてきました。

来年は、一歩踏み込んだコトをしていけたらいいなと思います。
具体的にはなにも決まっていないけれど。
自分自身がどこへ向かって手話学習をしていくのか、来年は分岐点なのかもしれないなぁなんて思ったのでした。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« キットカット プチチーズ | トップページ | ご当地手帳-Inhome plan Diary 2011- »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

サークルでろう者が、初心者でなかなか上手く手話ができない聴者にすぐ苛々されます。
私は いつのまにやらろう者の機嫌ばかり伺ってしまうようになり 通いずらくなっています。だけど簡単な日常会話ができるようになりたい、という目標をもっています。楽しく通えるようになるために どうしたらよいのでしょうか? 悩みます。

投稿: たけ | 2010.11.25 20:02

sunたけさん
初めまして。
コメントありがとうございます。

難しいですよね。
でも、初心者で週1のサークルでしか手話を使わないヒトがなかなか上達しないのは仕方がない面もありますよね。

サークルの事情や、ろう者の性格にもよるのですが、ろう者の機嫌をとる必要はないのではないかなと思いました。
でも、その場の雰囲気なのでなんともわからないのですけど。

教えても上達しない聴者にいらいらする気持ちもわからなくもないですが^^;;
でも、せっかくのサークルを楽しめないのはもったいないですよね。

投稿: ドシル | 2010.11.25 22:22

コメントありがとうございますっ。例えば、手話の表現は一つじゃなくてろう者同士でも違うことがありますよね?何が正しいとかはないんだという事は手話を始めて一年くらいで感じてきました。なのに、サークルのほとんどの時間が一つの単語の表現、私はこうする、いやいや、私はこう、違う、こうだっ みたいなそういう時間が多過ぎるんですよね。だから周りの人はその間何もしないでただ見守っているだけ。なんだか すごくもったいないと思うんです。
なので私は、私なりに手話ニュースを見たりもっと他のイベントなんかに参加するように心がけています。「サークル活動をもっとこうしましょうよっ」ってとても意見できる雰囲気じゃないんです。なんだか気持ちをぶつけただけの文で ドシルさん ごめんなさ~い。。。

投稿: たけ | 2010.11.27 08:52

sunたけさん
いやいや...お察しします^^;
支障のない範囲で愚痴ってください(笑)
手話はひとつじゃないから、年齢や性別、育った環境によっても違うねぇ〜で、いくつかぽんぽんと出して終わっていいのにね^^;

サークルは会員も手話をはじめたきっかけや目的、目指す場所が色々違うので難しいですが、挫けずにがんばってくださいね〜。

投稿: ドシル | 2010.11.27 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/49984324

この記事へのトラックバック一覧です: どこへ向かうのか。:

« キットカット プチチーズ | トップページ | ご当地手帳-Inhome plan Diary 2011- »