« 2010年の漢字1文字 | トップページ | 忘年会 »

2010.12.11

来るもの拒まず☆

先日このブログをご覧になった方から、メールをいただきました。
ありがとうございます。
手話を勉強して、ご自分の活動に取り入れて多くの人に伝えたいということでした。

手話サークルがどんな感じなのかわからないということと、以前たまたま問い合わせした手話サークルには「興味本位はお断り」的なことを言われたというのが印象に残りました。
まったくもぉ〜。
そんな理由でせっかく勇気を出して連絡して来た人を拒絶するなんて、失礼しちゃうっ。

手話サークルに集まるヒトの目的は、最初はなんだって構わないと私は思っています。
何が興味本位で何がそうじゃないのかなんて分からないと思うのです。

手話を始める聴者のきっかけなんて本当に様々。
「ドラマで手話を見たから」
「できたらかっこ良さそうだから」
「好きになったヒトが聴こえないひとで話してみたいから」
「手話コーラスがしたいから」
「聴こえないヒトの役に立ちたいから」

100人に質問したら100人違った答えが返ってくるかもしれません。
「手話コーラスがしたい」と言って手話を始めたヒトも、ろう者との出会いで実は聴こえないヒトの多くはあまり手話コーラスが好きじゃないと知りショックを受ける人もいるし、聴こえないヒトでもカラオケが好きなヒトもいると知ってまたショックを受ける人もいます(^^;
結局、手話コーラスをやらないでろうあ運動やろう史に興味を持つヒトもいます。

きっかけは、なんでもいいじゃないかな。
どんなきっかけであれ、手話を始めようという気持ちのヒトを応援し受け入れるのは手話サークルの役割だと思うんだけどな。

地域にいる聴者とろう者の橋渡しができるのは手話サークルなんだもの。
だから私は来るものは拒まないスタイルの手話サークルが好きです。
ろう者不在のカルチャーセンターへ行くよりは、近くの手話サークルで地元のろう者と出逢って欲しいと思うのです。

興味本位でもミーハーでもまずは良いと思います。
むしろ、「手話=福祉」と考えて「聴こえないヒトを助けたいから手話を覚える」って意気込んでいるヒトの方が私はちょっぴり苦手です^^;;
手話話者の中で、通訳が必要になり助けられるのはあなたの方ですよ〜って思うから。
「介護は大変そうでできないけど、手話なら簡単に覚えられて聴こえないかわいそうなヒトを助けてあげられる」なんて考えている方がたまにいますが、そういう方は手話の奥深さや難しさに匙を投げてしまうか、ご自分の浅はかさを知り、手話の魅力に深くハマるかのどちらかです(笑)

私のいるサークルの会員さんたちだって、手話学習のきっかけは色々。
男性陣は、「みんなの手話の忍足さんにあこがれて。。。」とか、「星の金貨を観て。。。」とかだし(笑)
女性は、「職場に時々聴こえないヒトが来るので」とかの理由を聞いたことがありますが...。

手話が分かるヒトが増えるとか、手話はできないけど聴こえないヒトへの正しい理解が広がるのは素敵なことなので、その底辺を広げる役割もぜひサークルで担えたらいなと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 2010年の漢字1文字 | トップページ | 忘年会 »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

僕の場合、手話をおぼえようと思ったきっかけなんて、今はもう言えません。

恥ずかしくて(笑)

投稿: しげ | 2010.12.12 07:04

sunしげさん
え?そんな恥ずかしい理由でしたっけ?(笑)
きっかけなんて、何でもいいんですよ。
こうして3年目を迎えるほど、継続していて、ろう者と楽しく交流できているんですから*^^*

でも、正しい手話単語を覚えることは必要ですよ(笑)

投稿: ドシル | 2010.12.12 09:49

同感です。
きっかけなんて、なんでもいい!
続けてほしい。
続け方も様々でいいと思ってます。

手話サークルは、その時の事情で通えなくなってしまうときもあるけれど、手話も使わなくなるとわすれてしまうこともあるけれど、
理解したことは残る。それを大切にしてほしい。
とにかく足を運び、自分の目で見てほしいですね。
私のきっかけも話せたもんじゃーありません!
来るもの拒まず!大賛成です!

投稿: マーブル | 2010.12.12 22:12

「興味本位」で良いじゃないですか、ねえ。興味がなければ続かないと思うし。
そのあと、地域のろう者との関係を作っていくというのは本当に大切ですね。
地元のサークルに関わるようになった今、つくづく思っています。

投稿: rinsho | 2010.12.12 22:28

sunマーブルさん
うんうん、そうですよね!
きっかけなんてなんでもいいから、自分なりのスタンスで続けて欲しいですよね。
本当にそう思います。
細く、長く、無理なく続けてくれたらいいなと思うし、私もずーっと自分なりに関わり続けたいと思っています。

sunrinshoさん
そうなんですよね。
きっかけなんてどうでもよくて、地域のろう者との関わりからどう学ぶかが大切かなと思っています。

そうすれば、きっかけがなんであれヒトとヒトの繋がりから楽しいことも発見できるし、手話で通じる喜びも感じられるように思います。

投稿: ドシル | 2010.12.12 22:57

私も~。
手話を始めた理由を今思えば「????」ですが(笑)人それぞれでOKだと思います♪
恥ずかしながら、来年で6年です。勉強足りないなぁって実感ちう(>_<)
サークルに通い続ける事が出来たのが感謝感謝です☆

投稿: LINEN | 2010.12.12 23:37

sunLINENちゃん
サークルに通い始めてもう6年ですか〜。
高校生が成人して、お酒飲んでるんだもん当たり前よねぇ^^;

無理せず、自分のペースで行きましょう☆

投稿: ドシル | 2010.12.13 19:50

はじめまして。
「来るもの拒まず」の記事、同感です。
自分は難聴者ですが、手話を初めて見たのは25歳になってからでした。
「某協会とセットで入会しないなら手話サークルに来ないで」とか「茶話会だけの参加はお断り」と言われて、何でだろう…と疑問に思っていました。
自分のペースで通いたいものです。
あっ、ちなみに自分は埼玉に住んでいます(勤務地は横浜市内ですが…)。

投稿: 武ちゃん | 2011.02.11 00:55

sun 武ちゃんさん
コメントありがとうございます。
埼玉在住で、横浜勤務!?それはそれは。。。お疲れさまです。
埼玉は埼玉のサークル事情があるみたいですね^^;
たぶん、横浜のサークルと埼玉のサークルとでは色んな背景というか諸事情が違うんだろうなと思います。

色んなしがらみやルールもありますが、手話が広がって手話ができることが当たり前になるような、そんな社会になっていくといいのになと思います。

投稿: ドシル | 2011.02.11 01:18

はじめまして。
昔、地元の図書館で、初めて、手話で歌おうというビデオを母とみて、歌いながら手で表現するのが楽しくて・・・。
今回、知人5名で劇団を立ち上げるにあたり、第1回目に、それぞれ好きな歌でなにかやろう!ということになり、好きな歌を手話で歌いたくて(*^_^*)ミーハーです(*^_^*)ビデオで、フラダンスとか、ボディランゲージみたいな印象をもったので。
早速、決めたこの歌からはいれないものかと、漠然とネットをひらきつつ、こんな興味本位でいいのか、不安がでてきたところに、こちらにたどりつき、安心しました。地元でこの歌から教えてくれるひとに出会えたらいいな、と、本当にミーハーまるだし人です・・・。

投稿: はる | 2011.02.26 01:13

sunはるさん
コメントありがとうございます。
私のこの記事は、既存の「手話サークル」へいらっしゃる方を前提に書いています。
立ち上げられた劇団にろう者はいらっしゃいますか?

手話との出逢い方は様々で、手話を始めるきかっけもそれぞれですがもし、立ち上げられた劇団にろう者がいないのでしたら手話を学ぶことにはならないと私は思っています。

手話は聴こえない人の言語ですから、手話ダンスや手話コーラスなど、「音」を必要とする文化になじめないろう者もいることを、ご理解ください。
聴こえない、または聴こえにくいけれど歌や音楽、ダンスが好きな手話話者もいます。
はるさんがこの先、どのように手話とかかわるのかはわかりませんが、手話を使用するエンターテイメントをされるならそこにろう者(手話話者)の存在は必ず必要です。

きっかけはミーハーでも構いませんが、ろう者の存在を無視せず、ろう者に通じる手話を考えた活動をしていただければ良いと思っています。
ろう者を無視して手話を使ってもなんの意味もありません。
たとえ、手話ができる聴者(聴こえる人)が、劇団の中にいても、その手話はろう者の手話とは違います。

手話を使う劇団であれば、ぜひろう者と一緒に作って活動をしていってくださいね。
がんばってください。

投稿: ドシル | 2011.02.26 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/50276452

この記事へのトラックバック一覧です: 来るもの拒まず☆:

« 2010年の漢字1文字 | トップページ | 忘年会 »