« かゆ〜いっ(>_<) | トップページ | souvenir*again »

2010.12.03

「ろう者・中途失聴者・難聴者が裁判員になったら」

2010年6月に発売になった「ろう者・中途失聴者・難聴者が裁判員になったら」をご存知でしょうか?
半年も前に発売になったので、すでにご存知の方も多いと思います。
私も夏頃に購入したのですが、最近ようやく読みましたsweat01

Saibanin_2

ろう者・中途失聴者・難聴者が裁判員になったら
-市民義務遂行への時保障-
弁護士・田門浩/監修 1,200円(税込)
千葉聴覚障害者センター 

千葉県聴覚障害者協会で購入できます。
私は、千葉県聴覚障害者協会で購入しましたが、発行元の千葉聴覚障害者センターでも購入できるのではないかと思います。興味のある方は、ご確認ください。

裁判員関係の書籍は、自分が裁判員になったときに読むような本が何種類かでています。
例えば、「日本人の心得―裁判員になったら読む本」みたいな感じですね。

聴こえる私たちがもし、裁判員になったら...と不安になるように、聴こえない人たちの中には不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ひとことで「聴こえない」って言っても、ろう者と中途失聴者、難聴者では情報保障の手段も違います。
手話通訳が必要なのか要約筆記が必要なのか、まずそこからなのかな?

更に、聴こえる私たちが聞いてもよくわからない裁判での用語を、通訳を介してどう理解するのかも個人差がありますよね...。
この本には、そんな色んなことが書かれているので聴こえないヒトが読むのも良いですし、聴覚障害者を理解したいと思っている、弁護士さんや裁判官、検事さん、更には聴覚障害者と一緒に裁判官になるヒトも読むと理解が深まると思います。

あ!他には、司法通訳をする手話通訳者や筆記通訳者にも良いのかな...。
私の通訳技術では、司法通訳なんて100年経ってもあり得ませんっ。
でも、自分がもしも裁判員になったらろう者、難聴者、中途失聴者と一緒でもどんとこーい!と、言えるといいんだけどな。
そういう考え方が、日本ではごく当たり前になるといいなと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« かゆ〜いっ(>_<) | トップページ | souvenir*again »

手話いろいろ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^)

ココでは初めましてです
いつも読み逃げでスミマセン!

この本、発売になった時に見て
自分も欲しいと思ったのに
すっかり忘れてました。
私が裁判の通訳をすることは
あり得ない(当たり前じゃ!)けど
読んでみたい本です。
いろいろ教えていただきありがとうございます

これからも、いろんなところでよろしくお願いしま~すo(*^▽^*)o

カユカユ治りましたか?

投稿: ぱぷー | 2010.12.03 16:31

sunぱぷーさん
どうもです^^
この本、買ってしばらく枕元に置いておきました^^;
コンパクトにまとまっていて、見やすいですよ。

カユカユは治っておりませんっ^^;
薬つけてがんばってまぁす。
このブログにも、今年ほのかちゃんとらぶ太が登場しているのご存知ですか〜?*^^*

投稿: ドシル | 2010.12.04 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/50194545

この記事へのトラックバック一覧です: 「ろう者・中途失聴者・難聴者が裁判員になったら」:

« かゆ〜いっ(>_<) | トップページ | souvenir*again »