« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の投稿

2011.03.31

映画「わさお」

とある旅ブログで、旅先で見かけたわさわさしたワンコのことを「ひとまずわさおと呼ぼう」と勝手に名付けたことがきっかけで、本当は「レオ」だったのが「わさお」になってしまった「きくやわさお」と薬師丸ひろ子さんが主演の映画「わさお」を観てきました。

この映画はドキュメンタリーではなく、青森の鯵ヶ沢でフツーに暮らしていたはずの「わさお」(元レオ)が映画の中でも「わさお」を演じている(?)映画です。

この映画、動物好きなろうの友人が「邦画には字幕がないから、観たくても観られないのでぜひ字幕を!!」と映画関係者の方にお願いしていました。
字幕付き上映のフィルム本数や上映場所など色々と教えていただいて、ようやく先日、1日だけ横浜でも字幕付きで上映されるという日があり、ろう友たちと一緒に観に行ってきました。
たった1日でも、邦画にも字幕があれば聴こえる・聴こえないに関係なく一緒に楽しめるんですよね〜。

この作品、基本的には単調でドラマティックな展開にはならないしストーリーも陳腐といえば陳腐なのですが、鯵ヶ沢の風景や子供達の心の動き、そしてわさおの逞しさと深い忠誠心(愛情かなぁ?)が相まって、なんとも言えない感動を呼びます。
たぶん、泣けます。
先が読めるのに泣けちゃう映画だと思います。

わさおの表情がまた愛らしくって〜。
映画館のスクリーンに広がるわさおの顔がキュートでたまりませんでした。

一緒にいったろう友達も泣いていました。
「聴者は音楽が聴こえるから、音の効果で余計に泣ける?」なんて会話もありつつ、一緒に楽しめるっていいなぁと思いました。
映画の後は、楽しく食事をして気がつけば数時間。
楽しかったです☆
本当に、もっともっと邦画にも字幕がつくといいなと思います。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.29

給湯機が故障。

突然ですが、わが家の給湯機が故障しました。
お湯が出なくなったわけではなく、お風呂の湯はりができなくなったのです。

まぁ。。。蛇口をひねってお湯をためることはできるし、追い炊きもできるのですが自動で湯はりができないのです。
しばらく、我慢して使っていたのですが自動でお風呂が入れられねいということは、タイマーを使えないし、自動でお湯が止まらないので、お湯があふれないように注意をしなくてはいけません。

業者さんにお願いして修理も検討しましたが、給湯機の寿命と言われる10年はとっくにすぎているので交換を進められました。
と、いうことで給湯機とリモコン(キッチンとお風呂にある)を全部交換!!
福澤諭吉さんが14人、羽ばたいていきました(苦笑)

でも新しい給湯機のリモコンはスゴい!
とにかく良くしゃべるんですよ(笑)
ろう者にはいらない機能だなぁと思いながら、騒々しくしゃべるリモコン機能を聞きながら思いました^^;;

例えば、お風呂を自動湯はりすていてもまず、5分前にブザーがなって「後5分で終了します」って音声が流れます。
そして5分後には、電話の着メロかと思うようなメロディーがなり、「お風呂が湧きました」と音声でも案内があります。
正直、音声がなくても・・・と、思うのですが、視覚障害者だけで生活している場合ボタンを押してあれこれ音声案内があると便利なのかもしれないなぁなんて思ったのです。

給湯機ってある日突然故障する・・・とはよく聞きますが、本当に突然故障しました!!
皆様もお気をつけください〜。
(気をつけるもなにも。。。ねぇ^^;;;)


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

丸山浩路さんを偲ぶ会

本来は3月13日に開催されるはずだった偲ぶ会が震災の影響で、2週間遅れで開催されました。
私は友人と一緒に参加させていただきました。

数えきれないほどたくさんの方が参加されていました。
来賓の皆さんもたくさん。

会場の中央には、お花に囲まれて、笑顔の丸山さんの遺影。
見たこともない、昔の出演TV番組などの上映もありました。
本当に多くの方に影響を与え、そして神奈川のみならず全国のろう者や手話関係者に色々な影響を与えただろう丸山さん、改めてご冥福をお祈りいたします。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.26

被災地へ向けて。

今日はちょっとしたご縁があり、被災地に送る救援物資の仕分け作業のお手伝いをしてきました。
被災地はどこでも大変だとは思いますが、今回は特に困っているというところへのピンポイントで、救援物資を送るというものでした。
特に被災地のろう者への支援物資ということで、集められたものを種類ごとにわけて、分かりやすく表記して、トラックに運ぶというところまでのお手伝いでした。

どういう風に支援物資を送るのかというのを、今まであまり考えていなかったのですがなるほど〜〜〜と、思いました。
仕分けして思ったのは、やっぱり古着は困る!!ということでした。

あとは、ろう者への支援物資ということで筆談器がたくさん届いていました。
あとは水やインスタントの食料や生活雑貨などなど。
被災してすぐと、2週間たってだと欲しい物も異なるのかもしれませんが、未だに食料が不足している地域もあるそうなのでぜひ、仕分けした食品が被災地でお役に立つといいなと思います。

2011032614230002

写真は、集まって仕分けがすんだ救援物資。
トラックの到着をまつばかり・・・の状態です!
ろう児たちから被災地のみなさんへのメッセージつき☆

たくさん積まれた段ボールの片隅に、かわいいメッセージつきイラストを発見!!

2011032614420000

とっても上手ですよね〜。
きっとみんなの気持ちは、被災地に届くと思います。

今日はたくさんの方がお手伝いとして参加していました。
知っている顔もちらほら。。。
それでも無駄話もしないで作業をしっかりがんばりました☆
トラックへ運び込むのは、バケツリレーの連携プレイ(笑)

被災地へ救援物資を送る為に、なにか作業をするというのは私は初めての経験でした。
1日がかりでしたが、良い経験ができました。
救援物資が必要なのは、この1度だけではないと思うのでこれからも、継続して長期支援ができるように心がけたいなと思います。
またこのような貴重な機会があったら、参加したいなと思いました。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.25

ありがとうの種 チャリティーカフェ in TANECafe

ろう友が色々と、何やらがんばっている「ティアン ありがとうの種」。
"手話deエンターテーメントソーシャルスペース"を目指して活動をスタートさせたそうです。
関係者は色々と準備をしたり打ち合わせをしたりしているようですが、大きな最初の企画ととして、1日限定のチャリティカフェがオープンするそうです☆
今回のカフェの売り上げの一部は、3月11日におこった、全日本ろうあ連盟を通じて東日本大震災の義援金として寄付されるそうです。

4月2日(土)1日限定!(レンタルカフェを利用)
*Open:10時より
*カフェ住所:渋谷区渋谷2-9-10青山台ビルB1F
*アクセス:東京メトロ「表参道」駅より徒歩7分 JR渋谷駅より徒歩7分
詳細は1日限定のTANECafeサイトをどうぞ。

聴こえる聴こえないに関係なく、手話で楽しめるカフェのようです。
どんなメニューがあるのかは、これから上記サイトに掲載されるようです。

私も、どんな感じになるのか楽しみにしています。
1日ろう者で満席になって、ずっと手話が飛び交っているかもしれませんね〜。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.22

政府インターネットテレビ

今日も何度か体に感じる地震がありましたね。
私は今日は久しぶりに会ったろう友と、のんびり夕食を食べていたときに結構長い揺れを感じました。
ろう友も肝が座ってるし、私もあまり慌てる方ではないので2人で「結構長いね。。。電車大丈夫かな」なんて話しながら食事をしていました。
計画停電や節電の影響で、閑散としたレストラン街でなんとも客単価が低いまま閉店しただろうあのレストランは、きっとここ数日は採算が取れない営業をしているのだと思います。

それはそうと。
この震災で、政府も少しはろう者や難聴者のことを気にかけてくれているのかなと思えるものがひとつ。

政府インターネットテレビの緊急チャンネルで、今までの官邸会見が手話通訳と字幕がついた状態で見やすくアップロードされています。
会見のすべてが、リアルタイムでTV放送されるということがなかなかないのですが、手話通訳と字幕がついて、こうしてアップロードされていることに、少しの進歩を感じます。

ろう者がろう者のために動画で情報発信したり、ろう者や難聴者のためにボランティアで手話ニュースが放送されたり、NHK手話ニュースも臨時で放送回数が増えたり、そして政府が画面の半分近くを手話通訳に割いて話者と通訳者がはっきり見える形で、インターネットにアップロードしてくれるというように、明らかに手話や聴覚障害者への情報保障のあり方が変わって来たことを感じます。
まだまだ手話での情報保障は、音声のそれとは対等ではないかもしれないけれど少しずつ変わって来ているということは、これからも変わっていくという手応えを感じます。

情報保障の機会が増えて来たら今度は、その先へ進む必要があるのだろうなと思います。
機会の増加から質の向上へ。
日本語から手話へ、手話から日本語へ通訳をする私達が、いかに質が良い翻訳ができるのか、双方にフィットする語彙の選択ができるのか、学んでいかなくては行けないと痛感しています。
言葉の選び方だけではなく、様々な角度での通訳技術。
学んでも学んでも多分、ゴールがない学びだとは思いますが、異言語間の通訳の難しさと厳しさを感じると同時にその魅力も最近はとても感じます。
より的確な語彙の選択が瞬時にできるようになりたいしひいては、より正確に伝えられるような技術を身につけたいです。
一朝一夕にできるものではないので、ただ日々学ぶ必要があるのだけれど・・・。
漠然と、がんばりたいとしか言えないけれどがんばりたいと思います。
道のりは険しいですけどね^^;;;


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.20

ソフトバンク 孫社長の英断-震災での情報保障-

今日ほど、ソフトバンクユーザーで良かったと思ったことはありません。
Twitterでのことの経過は「SoftBankが東北関東大震災の情報弱者の救済のためiPhoneを貸与」でご覧下さい。
なにがスゴいって、被災地のろう者や難聴者や中途失聴者の情報保障のためにソフトバンクが社長の即決で、iPhoneとiPadの貸与を決めたのです。

その前の関係者による伏線的なつぶやきはありますが、最終的には当事者が、手話でのビデオ通話や文字で遠隔通訳支援必要だということをTwitterで直接孫社長へお願いしたところすぐに「やりましょう」とiPhone50台,iPad10台を被災地へ送ってくれることになりました。

この一連のやり取りを見ていた私としては、孫社長のつぶやきに驚いたのど同時に感動というかインターネットのパワーを目の当たりにしたのでした。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DNN デフニュースネットワーク

もう既に多くの方が、ブログなどで紹介しているので今更私が取り上げるのもなんなのですが^^;;
地震が起こった2日後(官邸通訳がついた日と同じ日ですね)から、ろう者がろう者のために立ち上げた震災情報「DNN」というのが始まっています。サイトはこちら

色んなろう者が、被災情報や被災地のろう者の安否情報、地震の時の様子など手話で語っています。
ろう者によるろう者の為の情報なので、字幕や音声はありません。
でも、話者の名前や重要な情報は文字で、話者の横や後ろに張り出されています。
ろう者目線の工夫がされているなぁと感心しました。

また、日本手話と日本語だけではなくASLと英語でも情報提供がされていて、リンクもとっても充実していて見やすいです。
動画はYoutubeを利用しているので、特別な会員手続きは不要だし、DNNのサイトを知らなくてもYoutubeで見ることもできます。

官邸会見のみに手話通訳がついたとはいえ、最近では生放送で官邸会見が全て放送されることはなくなりました。
ニュースで会見の様子が放送される時は、字幕がつくけど通訳は映してもらえないのが現状です。
生放送じゃないときも、手話通訳を入れて映して欲しいです。

また東京電力の会見や経済産業省の会見などには、手話通訳がつかないのでろう者にとっては、ろう者が発信してくれるこうした情報はとても安心できるのではないかと思いました。

阪神淡路大震災の時はインターネットさえなく、こうした早期の情報保障やケアはできませんでしたが時代が変わったというかなんというか。
改めてスゴい時代だなぁと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.19

前へ進む方法。

将来振り返るために、この震災のことはその後の様子や自分の気持ちはできるだけ書き残しておこうと思っています。
ブログやmixiの日記、そして不特定多数が見る場所には書けないことは自分の手帳に。

TV番組が昨日あたりからほぼ通常の番組に戻ってきました。
お笑いやバラエティー、旅番組など。
画面の外側には原発情報や地震情報、交通情報、安否情報などが文字で流れますが番組そのものは戻ってきました。
でも、大きく違うのはスポンサー企業のCMが殆どなくて、公共広告機構や子宮ガン検診を受けましょうとなど公共性の高いものが多くなっています。

今は、物流なども滞っていてお米もトイレットペーパーもパンも品薄状態。
いろいろ宣伝もできないのかななんて思っています。

被災地の避難所では未だに、水やガソリン、灯油などが不足しているところもあるようです。
道路事情も悪い上、場所に酔っては積雪もあって色々大変だとは思いますが少しでも早く届けたいときっとみんな思っていますよね。

地震から1週間以上達、被災者の方々がより安全な他の都道府県へ移るということも始まっているようです。
慣れない土地で避難生活を送るのも不安だと思います。
でも、みんな復興の為や自分や家族が生きていく為に、様々な選択をしているんですよね。

今日から3連休。
首都圏で行われている計画停電は、今日と明日はないそうです。
でも節電を心がけて、とにかく電気は極力使わないようにしています。
気分転換に出かけようかなとも思いましたが、ガソリンもないし不足しているのに無理に買うこともないので、わが家ではしばらく車は利用しないことにしました。
不安にかられて、「とりあえず入れておこう」という行動に出ても意味はないですし^^;;

お米とトイレットペーパーがあと数日でなくなりそうですが、どうしようかなぁ。
もうちょっとしたら落ち着くかなと思ってのんびり構えてます。
まぁ、お米がなくなっても食べ物は何かあるし、トイレットペーパーがなくなっても命に関わらないし〜。

むしろ、花粉症がしんどいこの季節、ティッシュペーパーがなくなるとちょっと切ないですがこちらも、命に関わる重要なものでもないので、なんとかなるでしょう(^^)
わが家のティッシュペーパーの在庫はすでになくなりましたけど(笑)

わが家では、比較的お気楽に暮らしています。
地震で3連休の予定もぜんぶキャンセルになりましたが、雨風しのげる家があってそこそこ食事もあり、暖房もあり、家族が一緒にいられて幸せです。

不安定な状態は続いていますが、私たちは少しずつ前へ進んでいかないといけないですよね。
私は、被災地で作られたものを購入するようにしています。
今日は、岩手産の牛肉を買いました。
今度お米を買う時は、常陸太田市産のお米にしようと思っています。
募金も大切ですが、被災地復興のためににできるのは被災地の物を消費することだと思うので、今後もそうしたいと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.17

イベント中止!!

今日も地震がありました。
今度の震源地は茨城県南部。
地震のプレートくんの動きが活発で、どこでどのくらいの地震がおこるかわかりません。
避難所生活の方たちは本当に、精神衛生上良くないと思います。

地震の影響で、のきなみ様々な行事や予定がキャンセルになった今週。
今週末に予定されていた学習会や勉強会もすべて中止。
首都圏では、計画停電の影響で電車の運航状態も不安定なので仕方がないです。

週末に行われる予定だった、神通研も中止だそう。
さきほど、神通研のHPに中止の案内が掲載されていました。
ついでに(?)神通研のブログがオープンしたようです。
今までのHPより、見やすいかも。

色々と中止になるのは、今の状況では仕方がないこと。ガソリンも購入しずらいし。
地震の影響は色々あるけれど、中にはごく僅かながらちょっといいこともありました。
ひとつは、13日午後3時半の官房長官会見から、手話通訳がついたこと。
これは歴史的なことでした。
でも、生の記者会見の同時通訳はとってもとっても大変で、会見時間もまちまちで通訳者さんたちは色々とご苦労されただろうと思います。
用語もわからないし、記者の皆さんの質問も飛び交うし。

それで、そんな会見の内容をコンパクトにまとめて手話で情報発信をしようとがんばっている方々が登場したようです。手話通訳は官邸会見にはついても天皇陛下のお言葉や東京電力の会見にはつきませんしね。
震災ニュース 日本手話通訳(ボランティア)」というのがニコニコ生放送で始まりました。
わずか10分程度ですが、内容はまとまっていて見やすいです。

明らかに、阪神淡路大震災とはちがう色々な方面からの情報保障の支援。
阪神淡路大震災のときは、携帯電話もなくて被災したろう者や難聴者は大変な苦労をされたと思いますが、そんな苦い経験を、確実に反省し生かしているから今回の震災では、各方面で色んな動きがあるのでしょうね。

官邸会見の通訳さんにも引き続きがんばっていただきたいし、臨時で回数が増えているNHKの手話ニュースもまだしばらく、臨時のまま1日の放送を増やして欲しい。
そして、情報弱者となりがちなろう者や難聴者のためにTwitterで文字おこしをがんばっている方たちもいるし、今回のニコニコ生放送で、手話で震災情報を伝えている方もいます。

にっぽん、がんばっています!
・・・って、どれも私がやっているわけではないですけど^^;;

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.16

一歩ずつ!


西日本の方から見ると、今回の地震で大きな被害を受けたのは東北地方で、首都圏は特に問題なく機能していると思っている方が多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、現状は計画停電に伴う自宅待機や自宅勤務。
各種イベントの中止。節電の影響で、のきなみ商店街や飲食店は短縮営業や薄暗くしての営業となっていて、活気がありません。
余震に加えて、昨夜の静岡東部を震源地とした新しい地震もあり、街はいつもどおりの仮面をかぶっているけれど、疲弊した印象があります。

でもね、このままじゃ日本全部がダメになる。。。気がする。
節電は必要。節電はみんなで心がけたいです。
でも、日本の経済活動がちゃんと動くように消費もしよう。
これ以上株が下がったり、日本の不況が更に進まないように被害が大きくなかった地域では、早く日常を取り戻して甚大な被害を受けた地域の復興を支えて行こう。
心から、そう思います。

ただでさえ、若い人たちが希望が持てないとか、新卒者の就職内定率が過去最低とか、暗い話題が多かったのですから、それが絶望にならないように、どうか節電も関係ない西日本や九州の皆さんは、カラオケにも行ってお酒も飲んで、買い物もしてうんとうんとお金を使って日本経済を支えてください。

できれば、被災した東北地方の銘菓とか銘酒とかお米とかたくさん消費してください。

関東に住む私は節電をします。
買い物は、いつもどおりにあわてず、落ち着いて買いだめもせず当たり前に暮らします。
ストレスを感じる時は、自分の中でバランスを取って解消します。
無理はしません。
何ヶ月節電が続いても、ストレスに負けない強さを持つようにしよう。
でも、これらは「私」が思うことで関東に住む他の人たちに強制するものではありません。

甚大な被害を受けた地域の方ほどではないけれど、私達もこの先長いストレスと不安にさらされるでしょう。
原発の不安、余震の不安、電気の不安。
でも、負けない。
原発のすぐそばで、がんばる人たちがいて家も家族も失い悲しみの中で復興を誓っている人たちがいるのですから、負けられないと思っているのです。

できないことを批判したり、不満を言ったり・・・。
そのことで、精神バランスを保っている人もいるかもしれないのでそういう人たちをむげに非難はしませんが、自分はそうならないようにしたいです。
全ては、明るい未来の為に。
子供たちが、屈託なく笑えるように。

私達は、一歩ずつそれぞれの歩幅でいいから歩き出さなくちゃいけないよねと、思った震災5日目です。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.03.15

震災があったからこそ。

昨日は交通機関の混乱などで、自宅待機だった私。
今日は、地震後初めて出勤しました。
職場のみんなの金曜日の帰宅方法など、あーだこーだと報告し合いお互いの無事を喜びました。
東北や北関東のみなさんの状態に比べれば、無事を喜びあうなんてちょっと大げさではありますが。
それでも、うちの職場も建物の渡り廊下が外れたりという被害もありました。

そんな中、今日は今週の手話サークルの開催をどうしようかという話がサークルメンバーの中であり、震災があって大変だからこそ、顔を見てみんなで手話で話そうよという結論になりました。
手話で当日の話をして、原発や停電や電車のことなど聴者もろう者も関係なく、情報交換したいなと思います。

この1週間、横浜にいる私たちもいろんなストレスがありました。
横浜では、建物の倒壊などはなく定例会は開けるんだもん。
いつも通り、集まりたいなと思います。
もちろん、鉄道の運航状況が分からないので遠いヒトは無理せずに、集まれるヒトたちだけで集まる予定です。

地震はない方が良いけれど、私は地震後のサークルのみんなの言動にとっても救われてこのサークルの会員でよかったなと思いました。
本当に!!

震災後、サークルに来ているろう者の皆さんに十分な情報提供ができたかどうかは分からないけれど会員のみんなの気持ちは、伝わっているように思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.03.14

がんばろう日本。

金曜日に地震がおこって、今日は初めての平日。
計画停電の混乱もあり、通勤時間の電車のダイヤは大幅に変更されどこの駅も大混乱。
私は仕事にいけず、自宅待機となりました。

大きな傷跡を残した今回の地震。
NHKでは「東北関東大震災」という呼称をつかい、民放の一部では「東日本大震災」という呼称をつかって報道しています。
「東北地方太平洋沖地震」は確かに長くて覚えにくいので、上記のどちらかが定着するのかもしれませんね。

東北地方や、茨城などの被災状況は本当に大変そうです。
首都圏の混乱も日本経済に影響を与えているようです。

なにをどうしていいのかなんて分からないけど、日本のがんばり時。
みんなでがんばろう。
今はそれしか言えません。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.13

震災3日目 情報保障

被災地の様子が昨日以上に明らかになってきました。
建物の屋上に取り残されている方、橋などが流されて町全体や建物全体が孤立している所などがあるようです。
早く救出しなくてはと思うものの、何もできません。

災害ボランティアを考えている方も、今はまだ時期尚早。
ボランティアが行くことがかえって迷惑になるでしょう。
災害ボランティアが募集されるまで待って、食べ物や飲み物などは自分で持ち込みましょう。
けして、被災地の食べ物などをボランティアが食べることはしてはいけません。

昨日から福島原発の関係で、生命や安全に関わる会見が首相官邸で行われます。
でも、字幕もほとんどないし手話通訳もつかないのでろう者や難聴者の皆さんには大切な情報が伝わらずにいました。

昨日と今日、ろう者本人がTwitterをやっている議員さんや省庁のアカウントに直接、情報が知りたいので手話通訳をつけて欲しいという要望をツイートしていました。
私たちもそのツイートをリツイートして広めたり、新たに自分の考えやどうして手話通訳を付けて欲しいのかをツイートしていたのです。

そうしたところ、今日午後3時半からの枝野官房長官の会見から手話通訳がつくようになりました。
あまりに早い対応なので、Twitterでの意見を汲み取っての手話通訳設置というのではないように私は思っています。
全日ろう連なのか、全通研なのか通訳士協会なのかわからないけど、とにかく要望を出していたところへTwitterでの多くの要望があったのではないのかなと想像していますが、真相はいかに。
もし、Twitterだけの声で国があんなに迅速に動けたならスゴいと思います。
被災地でも電話は使えなくても、Twitterは見られるので情報が欲しいという声があるようです。

正確な情報保障の為には、手話通訳と字幕があったほうが良いのですが過去の大きな震災で、政府の会見に手話通訳があったことはありません。
それを考えると、歴史的なことなんだと思います。

官房長官や首相の会見には、かならず手話通訳がつくようなそんな日本になって欲しいと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.12

震災2日目

朝から余震なのか、また違う地震なのかとにかく地震が時折起こります。
とりあえず、私が住む地域では商店街のお店も一応営業していました。
小さな商店街なので、買い物しながら昨日は大変だったね..とお話をしつつ少し買い物をしました。
コンビニでは商品が納品にならないようで、商品棚はスカスカでしたが。

TVで津波の映像を見るたび、本当に自然の脅威を感じます。
確かに災害の被害状況を伝えることもマスコミのシゴトのひとつかとは思いますが、全国放送ではあまり避難場所の情報が伝わってきませんが、被災地の皆さんにはちゃんと避難場所や炊き出し場所など情報が伝えられているのでしょうか。
特に、耳が聞こえず音声情報は入手できないろう者や難聴者への配慮があるのかどうか懸念があります。

福島原発に関する発表が、枝野官房長官などの会見でありましたが生放送だからか字幕もなく手話通訳もない状態なので、聴こえない人たちには伝わりません。
Twitterでは会見をリアルタイムで文字おこししているツイートも見られましたが、できれば手話通訳などの配慮をして欲しいなと思います。
情報が欲しいのは、ろう者や難聴者も同じなのですから。

私の住む横浜では、今日は体感する地震はありましたが大きな揺れはなく、津波の心配もなく、ライフラインも問題はありません。
ただ、東京電力の発電所が被災しているので節電には心がけています。

一応、表面的にはいつもと同じように日常生活がありますがTVで被災状況を見るにつけ自分や家族の無事を、手放しで喜ぶ気にはなれません。
海外にいる友人達からも、日本の地震が大きく報道されているけど大丈夫かと心配のメールが届きました。
気にかけてくれる友人がいることはありがたく思います。

昨日の大きな揺れと、4時間歩いたというほんの些細な震災体験。
国内でこれだけ大きな被害が出ていることを考えると、4時間歩いて疲れたなんて言っている自分が情けなくもあります。
未だに電気もガスも復旧していない地域もあるというのに。

昨日、歩いて帰宅する際には私にもそれなりの覚悟がありました。
途中で歩けなくなったら、寒いしおしまいだと思ったので歩きやすい靴とダウンコートを着ていたから歩く決断ができたというのもあります。
歩き始めて1時間たらずで、私が購入したのはポカリスエット2本としお昆布(塩分摂取のため)、パン1つ、チョコレート、携帯電話の充電器(電池で充電できるもの)でした。
これあけあれば、体力は落ちないだろうと思っていました。

水分と塩分と糖分。
情報は携帯電話があればなんとかなると踏んでいたのです。

事実なんとかなりました。
途中、停電で信号がない所もありましたが道はちゃんと道としてあり、交差点も建物もあるので歩くことはできます。
気力を繋いでくれたのは、携帯電話でした。
電話は繋がらなかったけど、メールは友人や家族と連絡をとるのに役立ったし、手話サークルのみんなの安否や情報、Twitterでの各地での情報、職場で分かれた人たちからのメールなどで足が痛くてもがんばろうと思えたように思います。

充電器がなくて、携帯が使えなかったら私はどれほど不安だったでしょう。
情報がなく、恐怖に気持ちが負けていたかもしれません。

コンビニでは食料は売れていましたが、携帯の充電器はたくさん残っていました。
不思議ですね。
この2日で思ったのは、私はiPohneより普通の携帯がいいなということです。
今のところ、iPhoneにはワンセグがついていないので地震が起きてすぐは、私がワンセグでTVをを見て地震情報を数人で見ました。
携帯もネットも地震後はしばらく電波がつながらず、ワンセグは重宝しました。

充電器もコンビニにあるのはiPhoneのはなかったので友人は、電池の減りを心配していました。
私が持っているiPod Touchも電池は切れてしまいましたが携帯は充電器で繋ぎながら歩けたので、電池切れの不安はありませんでした。

ただ、ネットやTwitterなどを見るときはやはり大きな画面の方が見やすいですので、やはり一長一短あるかとは思います。

まだまだ被災者の人数もはっきりしないような状況ですが、余震も続き予断をゆるしません。
私たち、首都圏に住むものも安心してしまわずに正しい情報収集をして、落ち着いて行動して行きたいですね。
まずは、節電をして被災地に電気が届くようにしたいと思います。
被災地の混乱はまだまだ続き、震災ボランティアを受け入れられる状況ではないので、ボランティアを希望される方も、落ち着くまでは問い合わせなど控えた方が良いようです。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.03.11

東北地方太平洋沖地震

本日、午後 2 時 46 分ごろ、マグニチュード 8.8 を記録する地震が東北地方太平洋沖で発生しました。
私は神奈川県内の職場にいました。
10数年前に建てられた免震構造のビルは、激しく揺れました。
免震なので、本当に酔うほどの揺れでした。
しかもとっても長かった。。。

今まで経験したことがないような揺れでした。
最初に立てに揺れて、そのあとずっと横揺れで。
免震の建物なので横揺れがすごぉく長くて、パニックになるヒトもいたくらいでした。

あまりに揺れたので震源地は関東なのではと思ったほどでしたが、おさまってからネットで調べると東北方面で震度7ということでびっくりしました。
首都圏の電車は全て止まりました。
私も帰宅するすべがなくなってしまうので、4時半頃職場を出て徒歩で帰宅することにしました。

途中でコンビニで買い物をしながら、初めて職場から歩きました。
4時間歩きっぱなし。。。
歩いていると暖かいのですが止まると寒くなるので、足が痛くなったけれど歩き続けました。

午後8時半頃には自宅に帰ってくることができました。
幸い、自宅は無事で特に落ちている物もありませんでした。
(本やCDは絶対落ちていると思っていたので驚きました。)

阪神淡路大震災を経験された方は、あまり戸惑わなかったようですが多くの人は戸惑ったと思います。
私もそのひとり。

帰宅して、TVで見る津波や火災の映像に唖然としてしまいました。
多くの被害者が出ています。
気仙沼や福島のみなさん大丈夫でしょうか。

私が所属している手話サークルではメーリングリストがあり、緊急時のために携帯アドレスをメーリングリストに登録しています。
それを使って会員の安否やろう者の安否を確認したり、TVが見られる会員が避難場所等の情報を流してくれたりしました。

今一度、手話サークルでも災害時の情報提供やサークルとしてできる自助などについて、学んでいけたらと思いました。

まだまだ余震が続きますので、皆さんもどうぞお気をつけください。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011.03.09

花粉症とのつきあい方。

花粉症の方が多い今日この頃。
春めいてくると、花粉を感じる方も多いのでは?

うちの夫は高校時代から花粉症持ちだったという筋金入りですが、私は北海道で育った野生児だったので花粉症とは縁がなかったはずなのですが、2年ほど前からそれっぽい症状が出てきていやな予感がしていました。

去年は花粉の飛散量も少なかったそうで、私もまったく症状がなかったのでのんびりしていたのですが今年はさぁたいへん!!!!
くしゃみがでるし、鼻水は止まらないし、目はかゆいし、喉は痛いし。
これぞ花粉症!!!という症状が、目白押しです^^;;

がまんできなくてついに先日、耳鼻科へ行ってきました。
仕事帰りの耳鼻科で2時間待ちの3分診察ですよ^^;;;
こんな季節に耳鼻科へ行くものじゃないなと思いました^^;;;

内科でも同じ薬は処方していただけるのですが、内科の方がインフルエンザや風邪などのウィルスがたくさんうようよしていそうで、耳鼻科へ行ったのですが大混雑の待合室の90%は花粉症のようでした。
こんなことを言ってはなんですが、この時期耳鼻科は書入れ時ですよね^^;;
やれやれ。

とはいっても、今まで花粉症のつらさもよく分からず「大変だね〜」なんて言っていた私ですが、今年の症状はかなり重症で、他人事ではありません。
花粉症になると、他のアレルゲンにも敏感になるような気がする今日このごろ。
ハウスダストや猫の毛にも反応しているように思います。

しかしわが家にはにゃんこが5匹。
人口比率は猫5:人2ですから大変です!

でも、友人の中には犬や猫の毛のアレルギーなのに犬猫を多頭飼いしているヒトもいるので、人間なせばなるのかなぁなんて思ったりもして。
あとどれくらいある余生(?)かわかりませんが、花粉症と上手におつきあいしていこうと心にきめました(笑)

とりあえず、ちゃんと薬のもう。。。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.06

増田彰久写真展「『現存せず』 消えた西洋館」

久しぶりに銀座へ行ってきました☆
建築写真家の増田彰久さんの写真展がニコンプラザで開催されています。

* 名称:増田彰久写真展「『現存せず』 消えた西洋館」

* 会場:銀座ニコンサロン

* 住所:東京都中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA (ストラータギンザ) 1階・2階「ニコンプラザ銀座内」

* 会期:2011年3月2日〜2011年3月15日

* 時間:10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)

* 休館:会期中無休

写真展の詳細は上記の通りですので、興味のある方はぜひどうぞ。
タイトル通り、今ではもう解体されてしまった建物ばかりです。
全部で60作品くらいあったでしょうか。

1枚目は、丸の内にあった三菱1号館。
J.コンドルの設計であり、増田彰久さんが近代建築の写真を撮り歩くきっかけとなった建物です。
すでに解体されていますが、この建物が建っていた場所にレプリカが復元されていて、今は美術館なども入りにぎわっています。
復元するなら、壊さなければいいのにね。
コンドルが設計したあの明治時代の建材や技術は、設計図が残っていても二度と戻りはしないのになと思います。

他に、感慨深い建物はJ.M.ガーディナー設計の小田良治邸の写真。
フィリピン大使館として使用された後、空き家になり不審火で焼失した建物です。

それから小樽にあった坂邸。
岩井俊二監督作品のロケにも使われた、F.L.ライト風の洋館です。
設計したのは、ライトの弟子であった田上義也。
この建物も火災で焼失したのですが、縁あって火災の前に建物を見学させていただき洋館の中にも入れていただいたことを思い出します。
私が当時撮った写真より、増田さんの写真は美しかったです^^;;

三信ビルも懐かしかったです!
たしか「007」のロケで使われたんじゃなかったでしたっけ?

他にも色々な銀行の本支店は様式建築風で、装飾が美しかったです。
学校建築も昔の建物はおしゃれで、趣がありましたね。
最近の学校建築は、高層ビルのようでなんだかよそよそしい感じがしてしまいます。

写真をみながらしばし、会場でくつろいでしまいました^^;;
増田さんは昨年、久々に藤森先生と「失われた近代建築 I 都市施設編」という本を出されたので興味のある方はこちらもどうぞ(^^)

61q2lgfkazl_sl500_aa300_

失われた近代建築 I 都市施設編


ちょっと大きめな本ですけど^^;;


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.04

春色のお茶☆

先日、昔一緒に仕事をしていた女の子(30過ぎて"女の子"でもないような,,,^^;;;)と久々に会って、食事をしつつ近況報告。
お互いあれこれ話て楽しい時間を過ごしました☆

そして別れ際、彼女に手渡されたのが写真のお茶セット☆
タンブラーのような缶にお茶の葉が入っていて、とってもキュート。
真ん中の桜緑茶は、もっと暖かくなったらうちの裏でお花見しながら飲みたいお茶ですー。

こんなキュートなパッケージですが、これでも伊藤園のお茶なのです。
3種類のお茶を飲み比べるのが待ち遠しいです。

昨日も今日も3月だというのに、びっくりするくらい寒くて凍えていますがあったかいお茶を飲んで、ほっごりしたいなぁと思っています。
早く春にならないかなぁ〜♪

2011030307170000


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.03

Twitterのスパムアカウント

星占いは特に信じないのですが、たまたま朝見ていたTVの星占いで、最下位だった私の星座。
そんなことは気にもしないのですが、今日はちょっぴり凹みました。

朝、メールチェックをしたら友人からTwitter経由のDMが届いていました。
英語はできるものの、日頃そんなに英語を使ってメールするタイプではないのですがハイテンションな英語のメール。
文字制限があるTwitterだし、なんだかゲームっぽい感じのふざけた内容なったのでついmixiのアプリ招待の感覚で、クリックしてしまった私がいけなかった!!!

そのDMはTwitterのスパムで、クリックすると勝手に自分のフォロワーさんに同様のDMを送りつけちゃうというものでした。
しかも、スパムをやっている人のアカウントを勝手にフォローまでしてしまうのです。
おそろしい。。。

でも、メールのウィルスメールと違ってファイルがネットに流出するとかPCが壊れるとかではないのです。
クリックした場合、スパムアカウントのフォローを解除target="_blank"することとDMを削除することが重要みたいです。
方法はこちらのサイトに詳しくかいてあります。

そんな訳で多くのフォロワーさんにDMが行ってしまい、私は本日送信できるDMの限度数まで行ったらしくDMを遅れなくなったみたいです。
TwitterのDMが半日送れなくても困ることはないのですが、みなさんに申し訳ないm(__)m
Twitterにもスパムがあるんですね〜。
勉強になりました。
今度からは十分注意したいと思います。
皆さんもお気をつけて〜。

そんなこんなで、占いで最下位だった私の夜は更けていきます。。。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »