« 給湯機が故障。 | トップページ | TANE Cafeのコト。 »

2011.03.31

映画「わさお」

とある旅ブログで、旅先で見かけたわさわさしたワンコのことを「ひとまずわさおと呼ぼう」と勝手に名付けたことがきっかけで、本当は「レオ」だったのが「わさお」になってしまった「きくやわさお」と薬師丸ひろ子さんが主演の映画「わさお」を観てきました。

この映画はドキュメンタリーではなく、青森の鯵ヶ沢でフツーに暮らしていたはずの「わさお」(元レオ)が映画の中でも「わさお」を演じている(?)映画です。

この映画、動物好きなろうの友人が「邦画には字幕がないから、観たくても観られないのでぜひ字幕を!!」と映画関係者の方にお願いしていました。
字幕付き上映のフィルム本数や上映場所など色々と教えていただいて、ようやく先日、1日だけ横浜でも字幕付きで上映されるという日があり、ろう友たちと一緒に観に行ってきました。
たった1日でも、邦画にも字幕があれば聴こえる・聴こえないに関係なく一緒に楽しめるんですよね〜。

この作品、基本的には単調でドラマティックな展開にはならないしストーリーも陳腐といえば陳腐なのですが、鯵ヶ沢の風景や子供達の心の動き、そしてわさおの逞しさと深い忠誠心(愛情かなぁ?)が相まって、なんとも言えない感動を呼びます。
たぶん、泣けます。
先が読めるのに泣けちゃう映画だと思います。

わさおの表情がまた愛らしくって〜。
映画館のスクリーンに広がるわさおの顔がキュートでたまりませんでした。

一緒にいったろう友達も泣いていました。
「聴者は音楽が聴こえるから、音の効果で余計に泣ける?」なんて会話もありつつ、一緒に楽しめるっていいなぁと思いました。
映画の後は、楽しく食事をして気がつけば数時間。
楽しかったです☆
本当に、もっともっと邦画にも字幕がつくといいなと思います。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 給湯機が故障。 | トップページ | TANE Cafeのコト。 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/51265766

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「わさお」:

« 給湯機が故障。 | トップページ | TANE Cafeのコト。 »