« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 震災3日目 情報保障 »

2011.03.12

震災2日目

朝から余震なのか、また違う地震なのかとにかく地震が時折起こります。
とりあえず、私が住む地域では商店街のお店も一応営業していました。
小さな商店街なので、買い物しながら昨日は大変だったね..とお話をしつつ少し買い物をしました。
コンビニでは商品が納品にならないようで、商品棚はスカスカでしたが。

TVで津波の映像を見るたび、本当に自然の脅威を感じます。
確かに災害の被害状況を伝えることもマスコミのシゴトのひとつかとは思いますが、全国放送ではあまり避難場所の情報が伝わってきませんが、被災地の皆さんにはちゃんと避難場所や炊き出し場所など情報が伝えられているのでしょうか。
特に、耳が聞こえず音声情報は入手できないろう者や難聴者への配慮があるのかどうか懸念があります。

福島原発に関する発表が、枝野官房長官などの会見でありましたが生放送だからか字幕もなく手話通訳もない状態なので、聴こえない人たちには伝わりません。
Twitterでは会見をリアルタイムで文字おこししているツイートも見られましたが、できれば手話通訳などの配慮をして欲しいなと思います。
情報が欲しいのは、ろう者や難聴者も同じなのですから。

私の住む横浜では、今日は体感する地震はありましたが大きな揺れはなく、津波の心配もなく、ライフラインも問題はありません。
ただ、東京電力の発電所が被災しているので節電には心がけています。

一応、表面的にはいつもと同じように日常生活がありますがTVで被災状況を見るにつけ自分や家族の無事を、手放しで喜ぶ気にはなれません。
海外にいる友人達からも、日本の地震が大きく報道されているけど大丈夫かと心配のメールが届きました。
気にかけてくれる友人がいることはありがたく思います。

昨日の大きな揺れと、4時間歩いたというほんの些細な震災体験。
国内でこれだけ大きな被害が出ていることを考えると、4時間歩いて疲れたなんて言っている自分が情けなくもあります。
未だに電気もガスも復旧していない地域もあるというのに。

昨日、歩いて帰宅する際には私にもそれなりの覚悟がありました。
途中で歩けなくなったら、寒いしおしまいだと思ったので歩きやすい靴とダウンコートを着ていたから歩く決断ができたというのもあります。
歩き始めて1時間たらずで、私が購入したのはポカリスエット2本としお昆布(塩分摂取のため)、パン1つ、チョコレート、携帯電話の充電器(電池で充電できるもの)でした。
これあけあれば、体力は落ちないだろうと思っていました。

水分と塩分と糖分。
情報は携帯電話があればなんとかなると踏んでいたのです。

事実なんとかなりました。
途中、停電で信号がない所もありましたが道はちゃんと道としてあり、交差点も建物もあるので歩くことはできます。
気力を繋いでくれたのは、携帯電話でした。
電話は繋がらなかったけど、メールは友人や家族と連絡をとるのに役立ったし、手話サークルのみんなの安否や情報、Twitterでの各地での情報、職場で分かれた人たちからのメールなどで足が痛くてもがんばろうと思えたように思います。

充電器がなくて、携帯が使えなかったら私はどれほど不安だったでしょう。
情報がなく、恐怖に気持ちが負けていたかもしれません。

コンビニでは食料は売れていましたが、携帯の充電器はたくさん残っていました。
不思議ですね。
この2日で思ったのは、私はiPohneより普通の携帯がいいなということです。
今のところ、iPhoneにはワンセグがついていないので地震が起きてすぐは、私がワンセグでTVをを見て地震情報を数人で見ました。
携帯もネットも地震後はしばらく電波がつながらず、ワンセグは重宝しました。

充電器もコンビニにあるのはiPhoneのはなかったので友人は、電池の減りを心配していました。
私が持っているiPod Touchも電池は切れてしまいましたが携帯は充電器で繋ぎながら歩けたので、電池切れの不安はありませんでした。

ただ、ネットやTwitterなどを見るときはやはり大きな画面の方が見やすいですので、やはり一長一短あるかとは思います。

まだまだ被災者の人数もはっきりしないような状況ですが、余震も続き予断をゆるしません。
私たち、首都圏に住むものも安心してしまわずに正しい情報収集をして、落ち着いて行動して行きたいですね。
まずは、節電をして被災地に電気が届くようにしたいと思います。
被災地の混乱はまだまだ続き、震災ボランティアを受け入れられる状況ではないので、ボランティアを希望される方も、落ち着くまでは問い合わせなど控えた方が良いようです。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
Img54665

|

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 震災3日目 情報保障 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

テレビで映像を見て、ただただ驚いています。
本当に信じられないという感じです。

節電も呼びかけられていますので、安否確認も最小限にした方がいいのかな?とか、遠くから何が出来るのかな?とか思いながらも、結局、テレビを見ることしかできていません。

本当に無力さを感じますが、募金など自分ができることをしていきたいと思います。
募金も信頼のおける団体にするなど、本当に微力でも役に立つことをしたいと思います。

投稿: みきぼう | 2011.03.13 11:22

明らかになる状況は目を覆うばかりです。

歩きでの帰宅、本当にお疲れさまでした。きちんとした判断のもと可能だった帰宅だと思います。

僕は歩くか悩んだ時、歩きやすくない靴をはいていたのも思いとどまったひとつの要因でした。携帯の充電器は既にコンビニでは売り切れでDoCoMoショップで充電されてもらおうと思ったら「安全の為、閉店させて頂きます」と。こんな時の公共インフラとしての自覚まったくなしでした。地元のコンビニで「充電器、ご自由にお使い下さい」との張り紙を見てできることをなさっている方もいるんだと感心しました。

僕も募金を考えていますがどこにすれば一番必要なところにいくのか、具体的に明示しているところはないので迷っている今です。

投稿: くろ | 2011.03.13 12:40

☆みきぼうさん
安否確認、私は近い人にはメールだけは投げました。
返信はなくても、いつか本人に届くかもしれないから。
被災地ど真ん中の人にはこちらからはメールしていません。
向こうからなんらかの連絡があることを待っています。
メール以外の方法がある場合はそれを使ったりしてるけど。(mixiとか掲示板とかね)

被災地から離れている私たちにできること。
今日、私はTwitterで官邸の記者会見に手話通訳をつけてとつぶやいていました。
たくさんの人がつぶやいていて、そして全日ろう連から、全通研に官邸会見に通訳がつくと連絡がきたそうです。

次は、ちゃんとTVに通訳が映るか確認して要望していきたいと思っています。

☆くろさん
お疲れさまでした。
充電器をご自由にって、ありがたいですね。ほんと。
携帯電話ショップでそういう援助をしてくれればいいのに・・・と思ってしまいますね。

どういう支援が必要なのか、こちらの独りよがりにならないよう見極めたいですね。
募金も、きちんと被災者にいくようなところにしたいですね。

投稿: ドシル | 2011.03.13 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/51103010

この記事へのトラックバック一覧です: 震災2日目:

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 震災3日目 情報保障 »