« 葉桜。 | トップページ | 手話の見極め。 »

2011.04.22

「手話を初めて、言語と位置づける」

今日、午前9時44分からの枝野幸男官房長官の記者会見で歴史的な発言がありました。
いつまでネットのニュースが見られるかわからないけれどとりあえず、リンクはこちら

閣議決定した法律案の中に、障害者基本法の一部改正があるようでそこに、「手話を法律上、言語として位置付けるということに踏み込むことができた。」という発言があったということを記事は伝えています。
この会見、ニュースで見られるかな。

手話が法的位置づけで「言語」となったら、手話関係の本も「福祉」ではなく「言語」のコーナーに並ぶようになるでしょうか。
手話が言語と法的に認められたからと言って、何かが大きくかわる訳ではないのかもしれません。
でも、緩やかに着実に変化していくのではないかと思います。

本屋さんや図書館での手話関係の書籍の並べ方もそうだし、いずれは様々な場面で手話通訳がつくようになるかもしれません。
そうなって欲しいと思います。

まだまだ問題も山積ではありますが、変わらないよりは変わって行く方が良いと思います。
障害者基本法の一部改正だけで「手話は言語」と言えるのか、他の色々な法律との関係があるのか分かりませんが、今後どうなるのか注目したいと思います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 葉桜。 | トップページ | 手話の見極め。 »

手話言語・ろう文化」カテゴリの記事

コメント

私もほかの方にMixiで書いてあって びっくりしました。 ほんとに~ち信じられない気分です。

投稿: ひろろん | 2011.04.23 08:13

sunひろろんさん
昨日は手話関係者の間では、この話題があちこち飛び交っていましたね。
けど、障害者基本法に「手話は言語である」と記されたとしても、たぶん日常生活では大きな変化はないように思います。

手話での情報保障が当たり前のの社会になるためには、きっともっと大きな変化が必要なんでしょうね。
変化の為の第一歩が、障害者基本法の一部改正なのかなぁと思います♪

投稿: ドシル | 2011.04.23 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/51466112

この記事へのトラックバック一覧です: 「手話を初めて、言語と位置づける」:

« 葉桜。 | トップページ | 手話の見極め。 »