« 日焼け〜。 | トップページ | 引き継ぎ。 »

2011.05.26

叔父さんと伯父さん

通勤電車の中で、就職活動中らしい2人がお互いの就職活動状況の話をしていました。
シーンとした車内で2人の声だけが響いていたので、聴こえてしまった会話がなんだか微笑ましいようなもっと自分で調べないと〜言っておきたいような(笑)そんな2人の会話でした^^;;

2人の会話の全容は解りませんが、1人の子が就職活動の際に提出した書類に「おじさん」の名前を書いて提出したようです。
その際、名前のみ記載して続柄を書かないまま提出したというお話でした。
その書類について、会社から続柄は何かと質問の電話があり「おじです」と答えた所、漢字は「叔父」か「伯父」と聞かれたけれど、どうして漢字が違うのか解らなかったので、適当に答えたところ、会社の担当者から「本当にこっちの字で間違いないですね」と念押しされたんだけど、大丈夫かなという会話をしていました^^;

言われた友達の方も、「どっちでも同じじゃない〜?」という感じで、どうしてそんなに漢字に拘るのか不思議だという話をしていました(笑)

ちなみに、「叔父」は自分の両親どちらかの弟で、「伯父」は両親どちらかの兄に使う漢字です。
違いが解らないと思うなら、ちょっと調べるといいのにね^^;;
はたして「伯父」と「叔父」どっちが正しかったのか定かではありませんが、2分の1の確率なので当たっているといいですね(笑)

私は子供のときに、年の離れたいとこから年賀状をもらって「叔父さん、叔母さんにもよろしく」と書いてあって、「おじ、おばは漢字でこんな字なんだ〜」と真似て、年賀状をくれていとこに「叔父さん、叔母さん」と書いたところうちの母から、「伯父さん、伯母さんと書かないとだめ」と教わり、違いを学びました^^;;;
昔の日本人は、こういったところで兄弟の上下がはっきりわかるようにする文化だったのですね〜。

手話の場合、「伯父」と「叔父」や「伯母」と「叔母」の違いは音声日本語と違い、はっきりしていて解りやすいですよね。
なかには、「おじ」と指文字を使う方もいます。
指文字だと自分との関係性はわからないままですが、手話の場合基本的には「父の弟」とか「母の兄」とかはっきりと関係を表現するように思います。

日本語に通訳するとき、そのまま「母の兄が」と声にするか、「私の伯父が」とスマートに訳すかどちらがより自然な日本語なのでしょうね。
ケースバイケースだと思いますが、なかなか難しいです^^;;

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 日焼け〜。 | トップページ | 引き継ぎ。 »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/51777545

この記事へのトラックバック一覧です: 叔父さんと伯父さん:

« 日焼け〜。 | トップページ | 引き継ぎ。 »