« 宿題三昧。 | トップページ | 『デフ・ヴォイズ』を読んだ。 »

2011.08.08

「難聴理解かるた」のこと。

8月1日に発売になったばかりの「難聴理解かるた」をいただきました☆
発行しているのは、難聴児支援教材研究会というところです。

2011080817460000

かるたで遊びながら、聴こえない・聴こえにくい子どもたちのことが理解できるように絵札も読み札も工夫されていて、いろんな遊び方ができるようになっています。
指文字かるたもできますし、読み札の裏側には聴覚障害を理解するための解説が具体的に書かれています。

2011080817480000

このかるたは、ろう学校というよりは聞こえにくいけれどインテグレーションして一般の地域の学校(特に小学校)に通っている子達の不安や悩みなどから読み札を作ったそうです。
補聴器をしていれば「聴こえる」と思われることも多いのですが、補聴器があっても聴こえ方はまちまちで、男性の声(低い声)は聴こえるけど女性の声(高い声)聞きにくいとか、母音は聴こえるけど子音は聞きにくいなど聴こえ方は人それぞれなので、少しでも多くの人に難聴を理解して欲しいということで作られたかるたです。

イラストもかわいいですし、かなり丈夫な紙で作られているので繰り返し遊んでも長く遊べそうです。
また遊び方は、個々に工夫もできるのでおすすめです♪

私もせっかくなので、そのうちサークルで使ってみようかなと思っています。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 宿題三昧。 | トップページ | 『デフ・ヴォイズ』を読んだ。 »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/52425059

この記事へのトラックバック一覧です: 「難聴理解かるた」のこと。:

« 宿題三昧。 | トップページ | 『デフ・ヴォイズ』を読んだ。 »