« 『空の中』を読んだ。 | トップページ | 「チャップリンの独裁者」 »

2011.10.26

ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク

週末、全国からヴォーリズ建築に魅せられた方々が一堂に会する大会が都内で開催されました。
その名も、「第5回ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク 全国大会IN東京」今まで、軽井沢や近江八幡などヴォーリズに縁が深い会場で開催されてきてこの大会も今年で5回目です。
今年は、都内でもヴォーリズにゆかりのある明治学院大学で開催されました。

明治学人大学の礼拝堂は、ヴォーリズの設計ですしヴォーリズが結婚式を挙げたことでも有名です。

Imgp0961

耐震工事も行われ、3月の東日本大震災の時にも被害は無かったそうです。
大会の基調講演は、青山学院大学の鈴木博之教授。
また、礼拝堂の見どころなどは大阪大学教授で、ヴォーリズ研究の第一人者でもある山形政昭教授がお話してくださいました。

礼拝堂の改修もさることながら、この礼拝堂に2009年に入ったというパイプオルガンがかなり魅力的でした。
ヨーロッパを周り、17世紀の職人の技術を研究しているプロジェクトに依頼して昔ながらの工法で作られたというパイプオルガンで、ヴォーリズ作詞作曲の賛美歌を聴かせていただきました。

Imgp0958

今回の大会のテーマは「ヴォーリズ建築を次世代に継承するために」というものでした。
後半は、ヴォーリズ建築の保存事例の紹介がありました。

ヴォーリズ建築の魅力はあの温かさだと私は思っています。
使う人のことこ考えて、最大限に配慮された建物に温もりを感じずにはいられません。

明治学院にはヴォーリズ設計の礼拝堂の他にも、設計者は分からないもののインブリー館やランディス設計といわれる明治学院記念館といった古い洋館がまとまって見られる、近代建築ファンにとっては実に嬉しいキャンパスです。
明治学院記念館は、近くの歩道橋から眺めるのが私は好きです(^^)
明治学院の近くへいった際には、ぜひ歩道橋から記念館のキュートな赤煉瓦を見て欲しいなぁと思います(笑)

2011102315350000

大学から徒歩5分程度のところにある、高輪消防署もモダンでかわいい建物です。
この外観で昭和8年竣工です(^^)
こちらも合わせてご覧になるといいと思います☆


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 『空の中』を読んだ。 | トップページ | 「チャップリンの独裁者」 »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/53090559

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク:

« 『空の中』を読んだ。 | トップページ | 「チャップリンの独裁者」 »