« もやもや。 | トップページ | 手話と手話通訳 »

2011.12.05

チャリティー手話ライブ D’LIVE Vol.8

週末、CLUB CITTA'で開催された「チャリティー手話ライブ D’LIVE Vol.8」へ手話サークル仲間(聾者含む)と行ってきました。
手話を使った自動車教習をしていることで有名な(手話業界ではね^^;)コヤマドライビングスクール主催の手話ライブイベントで、今年で8年目になります。
毎年、多くの大学の手話サークルなどが協力して運営しているちょっとレベルの高い文化祭のような印象です。

このブログでも何度も書いていますが、私は聴者が「耳が聴こえなくても、音楽の楽しさと知って欲しい」とかいう理由で行う手話コーラス、手話歌の類いはあまり好きにはなれません。
だって「音楽の楽しさを知って欲しい」と通じない手話で、歌詞を表現しているだけで結果、聾者が喜んでいるという場面をあまり見たことがないからです。

聾者が自分がダンスや音楽が好きだから、やっている手話歌や手話ダンス、手話パフォーマンスは素晴らしいものも多くあると思います。
歌詞を単純に手話単語にしているわけではなく、ちゃんと訳しているからだと思います。

D’LIVE Vol.8に出演していたグループは全部で14組。
聴者も聾者も入り交じっています。
今回のライブの収益は東日本大震災に寄付されるということもあり、福島県から駆けつけたグループもありました。

客席から観ていて、興味深かったのは舞台上で手話を使っていてもやっぱり聴者か聾者か分かりやすいなぁということ。
それがネイティブかどうかの違いなのでしょうか・・・。

客席にも久しぶりに会う方もいて、休憩時間に話したりして楽しかったです。
D’LIVEは、手話ライブといっても、基本的は既存のアーティストの曲に合わせて手話で歌詞を表現したりパーフォーマンスをしたりするか、手話を使わずにダンスミュージックに合わせて聾者も聴者も一緒にダンスパフォーマンスをするという形で、ライブで誰かが歌ってそれに合わせて手話をするというものではありません。

日本語の歌詞はすべて舞台上のスクリーンに表示されます。
日本語の歌詞では、くりかえす部分やサビなどで同じ言葉が使われることが多いですが、手話表現では日本語が同じでも、表現を何パターンか変えてあって、日本語の一言に色んな意味が含まれていて、そんな解釈もできるなぁなんて、感心しながら見入ってしまいました^^;;

または、日本語の歌詞そのものに全くこだわらず聾者らしい、聾者の体験を手話に盛り込むことで歌詞の言わんとしている意味を表現しているグループもあって、あの場では歌詞を知っていて、手話もわかる人が一番情報量が多く、手話がわからない聴者(どれくらいそういう人がいたかわからないけど)の情報量が少ないんだなぁなんて妙なことに感心してしまいました(^^;
川崎駅周辺の飲食店などでも、手話が飛び交い手話の理解に一役かっているのかなぁなんて思いました。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« もやもや。 | トップページ | 手話と手話通訳 »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

へえ~!こんなイベントやってたなんて驚きっ!!!私もいつのまにか「手話がわからない聴者」になってるよ~(苦笑)。ドシルさんや同期のみんなの通訳への貢献、かげながら応援しています♪★♪

投稿: トム | 2011.12.06 20:02

sunトムさん
あら、しらななかったのね^^;
もう8年目だよん〜。
1回目の時は、すごくセンセーショナルだったわー。

トムさんもまた手話を見れば思い出すよ〜。
また同期の集い(?)やりたいね*^^*

投稿: ドシル | 2011.12.06 20:15

ありがとうございます。
今年もD'LIVE開催しますので、ぜひご来場ください。「手話ライブイベント」のお知らせ

過去総来場者数5,000人を突破した国内最大の手話ライブ「D’LIVE(ドライブ)」が今年も12/1(土)川崎クラブチッタで開催します。
スタイリッシュな手話歌やダンスをJ-popや洋楽を使って、聴覚に障がいをお持ちの方も健聴者の方にも今まで味わったことのない感動をお届けします!
2011年には、「第6回日本イベント大賞」に入選いたしました。

チケットは10月14日(日)10:00より、チケットぴあ・ローソンチケットで発売。
毎年約1ヶ月で売りきれとなりますのでお早めにお買い求めください。
〈オフシャルサイト〉10/1よりUP チケット購入はコチラ
PCサイト:http://www.koyama.co.jp/dlive/
携帯サイト:http://www.koyama.co.jp/dlive/m
*昨年の動画もご覧になれます。
お問い合わせ…D’LIVE事務局(FAX 03-5459-8812/TEL 03-5459-8815)
          email:dlive9@koyama.co.jp

投稿: koyama | 2012.09.28 20:58

sunkoyamaさま
詳細ありがとうございます。
せっかくの告知なので、この古い記事のコメント欄ではもったいないので別途記事として掲載させていただきますね。

投稿: ドシル | 2012.09.28 21:04

ありがとうございます!掲載楽しみにしております。

投稿: koyama | 2012.10.03 13:37

sunkoyamaさま
アップさせていただきました〜。

投稿: ドシル | 2012.10.03 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/53409906

この記事へのトラックバック一覧です: チャリティー手話ライブ D’LIVE Vol.8:

« もやもや。 | トップページ | 手話と手話通訳 »