« 凹んだのコト。 | トップページ | ふるさとは遠くにありて... »

2012.01.14

サークル初め

今週は2012年初のサークルの活動日がありました。
今年は曜日まわりの関係で、松の内が明けてからだったのあまりお正月気分でもなかったような^^;;
久々に会ったメンバーはみんな元気そうでした(^^)

久々に顔を合わせたということもあり、学習というよりは個々に報告をし色々お互いに質問したりしたのですが、その中で、要約筆記の登録制度が大きく変わるという話が出ました。
手話の世界にいると要約筆記の派遣制度や登録制度、中途失聴者や難聴者のコミュニケーションのことに無頓着になってしまうことがありますが、要約筆記は大切な情報保障なので自分が要約筆記の技術を持っていなくても、知識としては知っておきたいことが多くあります。

手話通訳者もまだまだ一般的には理解されていないと感じることが多いですが、要約筆記通訳となるともっと理解されていない現状があります。
要約筆記を普及する為にも、現在「奉仕員」扱いの要約筆記者を全国共通試験を行い、「通訳者」として客観的にスキルチェックがされるようになっていくようですね。

たぶん、全国の多くの地域で要約筆記の講習会に通って修了すれば登録ができるのが現状だと思いますが、今後は今まで受講して活動しているヒトも補講を受けてプラスの講義を受講し、修了したら筆記通訳者試験を受ける受験資格ができて、その後試験で合否がでて合格したら「筆記通訳者」になるような流れになるのではないでしょうか。

どこが試験問題を作るのかとか、どの自治体が試験を導入するのかとかはっきりりたことは私にもわからないのですが、今分かっているのはまず今年は、すでに講習を修了している皆さんは補講を受ける必要があるということだけです。
他の地域はどうなんでしょう???

要約筆記の需要は益々増えると思うので、今後の動向が気になるなぁと思ったサークル初めでした。
私は、手話だけでいっぱいいっぱいで要約筆記の勉強には手がでません。
興味はあるんですけどね^^;;;

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 凹んだのコト。 | トップページ | ふるさとは遠くにありて... »

手話サークル」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

要約筆記、手話以上に認知というか、理解されて
いないことを痛感している私です。
そんな私は、人数不足なこともあり、手話よりも
要約筆記の方に重きをおきつつあるのですが、この
筆記者試験が試験がどんなモノになるのか、とっても
興味があるところです。(サークルとしても)

投稿: きよきよ | 2012.01.26 20:36

☆きよきよさん
お久しぶりです。
要約筆記は、まだまだ理解されていませんが、技術の素晴らしさは一度見ると誰でもわかると思います。
しっかり資格として整え、理解が深まるといいですね。

投稿: ドシル | 2012.01.27 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/53734767

この記事へのトラックバック一覧です: サークル初め:

« 凹んだのコト。 | トップページ | ふるさとは遠くにありて... »