« ちょっと嬉しい。 | トップページ | 太刀打ちできない(>_<) »

2012.03.11

感謝の日にしよう。

この記事は、3月11日午後2時46分に自動掲載するように設定して書いています。
そう、忘れられない東日本大震災の発生からちょうど一年となるその瞬間です。

あの日から「まだ1年」でしょうか?それとも「もう1年」でしょうか。
大きな被害を受けていない、神奈川在住の私にとってこの1年は「まだ1年」であり「もう1年」でした。
建物が倒壊したわけでも津波の被害があった訳でもない私の生活圏内では、震災前と変わらない様な日常が展開されています。
計画停電があったのはほんの僅かだし、さほど大きな問題はありません。

それでも、経験したことがない大きな地震と時間が経つほど被害の甚大さを目の当たりにする津波被害の映像。
そして福島原発の問題や計画停電は、真綿で首を絞めるかのようにじわじわとストレスとなり、精神的な不安定を生み出したと思います。

表向きにはいつも通りに戻っても、時々起る地震がその記憶を鮮やかに蘇らせる...そんな1年でした。
どこを見ても被災地の復興も復旧も終わっていなくて、瓦礫は手つかずのまま残っていて、そんな状態なのにもう1年も経ってしまったことに、なんとはなしに罪悪感が残ります。
そして、あの日の記憶が鮮明に残っているし、今後災害が起ったらどうすべきなのか、何が自分にできるのか、そんなことを考えてもまだまだ答えが見つからない状態です。
まだ1年しか経っていないのに、答えなんか見つからないしきっとこの先も、見つけられないのだろうと思っています。

ただ、私にできることは今の「あたりまえ」と思っているごく普通の生活に感謝することです。
1年前、自然の驚異を改めて知りました。
そして、私たちの「あたりまえ」は有り難い"当たり前"なのだと感じました。
この普通の生活を取り戻せない被災地があり、普通の生活をしている私たちもこれが永遠には続かないということに想いを馳せながら、元気に今日を迎えたことを感謝したと思っています。

9月1日と1月17日は防災について考え、準備をしよう。
そして、3月11日は自分の生活や環境、家族や友人など周囲の方とごく普通の暮らしができることを感謝する日にしたいと思います。
東北の被災地の皆様にも、あたりまえの普通の日が一日も早く訪れますように...。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« ちょっと嬉しい。 | トップページ | 太刀打ちできない(>_<) »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/54189328

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝の日にしよう。:

« ちょっと嬉しい。 | トップページ | 太刀打ちできない(>_<) »