« 第27回神奈川県手話フェスティバル | トップページ | 誰の為の...のこと。 »

2012.03.06

8年になる。

私の父が急逝して4月19日で8年になります。
まだ3月だけど、そんなことをふと思い出しました。
8年前の4月9日にくも膜下出血で倒れて救急車で運ばれ、そのまま意識が戻ることなく逝った父。
父が倒れた翌日、本当は五島良子さんのイベントで、上越へ行く予定だった私。
急遽、新幹線をキャンセルして航空券を取って北海道へ向かったことを昨日のことのように覚えています。

高校卒業後、都内の大学へ進学しそのまま都内で就職したので父と一緒に住んでいたのは18年間です。
父は左耳が聴こえにくかったことを、最近思い出しました。
父が小学生くらいの時、夜寝ていると耳が激しく痛んだらしいのですが、母親や兄弟たちに心配をかけたくなくてずっと我慢したらしいのです。
父の父、私の祖父は第二次世界大戦でサイパンで戦死しているので祖母は、女手ひとつで5人の子どもを育てた人です。
父も子供心に、母に負担をかけたくなかったのでしょうね。

一晩我慢したら、翌朝父の耳は聴こえなくなったそうです。
聴こえなくなったけれど、痛くはなくなったとか。
左耳が聴こえなくなったことはしばらく、親にも兄弟にも言わなかったそうです。

片耳は聴こえますから、会話はできるし電話もできます。
当然、手話は使いません。
だから、父のことは私が手話に惹かれたこととは直接関係はないのですが、潜在的には何か影響があったかもしれないなぁと最近になって思うようになりました。

片耳が聴こえないので、わが家のテレビのボリュームは父がいるときはちょっと大きめでした。
父が話す声も、他の人と比べると大きかったので子どもの頃は恥ずかしいなぁとか嫌だなぁと思ったこともあります。
反抗期の頃ですかねぇ...^^;;
聴こえないのだから自然と声が大きくなったんでしょうね。
手話をやっているなんて、父に話したことがないので今頃、天国でどう思って見ているやら^^;;;

そんな父の携帯番号を、私は今も消せないでいます。
8年経ってもメモリに登録したままです。
また、母が今でも父が使っていた携帯電話を飾ってるんですよね(笑)
なんとなく、このまま残しておこうと思っています。
かけることも、かかってくることもない携帯番号。

そして父の命日より先に、震災から1年の日がやってきます。
津波の映像、あまり見ないようにしようと思っています。
まだ過去になりきらない震災を振り返ってあの映像を見ると、ネガティブになりそう...。
被災地の皆様は特に、ご注意ください。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 第27回神奈川県手話フェスティバル | トップページ | 誰の為の...のこと。 »

想い出あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/54158635

この記事へのトラックバック一覧です: 8年になる。:

« 第27回神奈川県手話フェスティバル | トップページ | 誰の為の...のこと。 »