« 30度!! | トップページ | ゴールデンウィークですが...。 »

2012.04.26

映画『猿の惑星』

1968年の映画『猿の惑星』を昨夜観ました。日本でも大ヒットしたアメリカ映画です。
突然観たくなってDVDを借りたのです。
昨年、『猿の惑星:創世記』が公開され話題になりましたが、私は『猿の惑星』を観たことがなかったので『猿の惑星:創世記』も観る気になれずにいました。

1968年...自分が生まれる前に作られた映画を観て、クオリティの高さに気持ちが高揚しました。
もちろん、画質や猿の表情など今の技術の方が勝っているものは沢山ありますが、ストーリーや人類を揶揄する表現など、今観てもメッセージがあるなぁなんて思いました。
言葉を持たない人間と言葉と文明を持った猿人...そして最後に衝撃の結末。

映画の原作はピエール・ブールのSF小説だそうで、プールの経歴から猿は日本人のことだという解釈があったとかなかったとか...。
詳細は不明ですが、考え過ぎじゃないのかなぁと個人的には思いました。
ちなみに原作の小説は1963年にフランスで発売になっているとか。

当時の日本は、まだ戦後を引きずっていたくらいでしょうか?
それとももう「もはや戦後ではない」で高度経済成長へ向かってる頃でしょうか。
そんな時代背景の時に、あの映画は強烈に印象に残る気がします。

新しいものがどんどん生み出され、便利になり、公害問題が起りつつあるような時代に文明の発達が必ずしも良い報告へ人類を導かないかもしれないという社会風刺を孕んだ作品だと思います。

このシリーズ5作くらいあるようですが、観る根性はないかも...。
でも最新作の『猿の惑星:創世記』は観たいなぁ...。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 30度!! | トップページ | ゴールデンウィークですが...。 »

音楽・観劇・映画・読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/54560757

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『猿の惑星』:

« 30度!! | トップページ | ゴールデンウィークですが...。 »