« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の投稿

2012.05.30

『容疑者Xの献身』(キャラメルボックス)

演劇集団キャラメルボックスの2012年スプリングツアー『容疑者Xの献身』を観てきました☆
観たいなぁと思いつつ、危うく千秋楽になるそうだったのをろう友のお誘いのおかげでぶじ観ることができました。
とても良い席だったので、役者の皆様の息吹を感じるほどでした。

『容疑者Xの献身』は言わずとしれた東野圭吾さんの人気小説が原作で、映画化もされているのでストーリーは充分しっています。
それでも、楽しめるのがキャラメルボックスの演出なんですよね(^^)

今回はいつもの公演より上演時間がながいのですが、「あっという間」な感じでした。
基本的には台詞も含めて、原作に忠実に舞台化したという印象です。
でもおもしろかった!!
東京公演は6月3日までなので、観たい方はお早めに〜♪

最後の挨拶の時、忍足亜希子さんのご主人でもある俳優の三浦さんが手話で「ありがとう」を表現していました。
ああいうのっていいなぁと思ってみていました。
キャラメルの舞台は、聴覚障害者には台本の貸し出しもしてくれるので良いですよね。

私も今回は、舞台を観ながら時々となりの席で台本を開く友人の手元を覗き見しちゃいました^^;;
当たり前ですがちゃんと台本どおりに台詞を言っているのでスゴいです!

なんて、変なところでも感心したのでした☆

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.29

指摘して欲しいのコト。

最近、PCに向かう時間がめっきり減っています。
原因は読書とスマートフォン。
本を読んでいるとあっという間に時間は過ぎるし、スマホがあれば添付ファイルも確認できるのでなんとなーく、PC前にいる時間が減っている今日この頃。
(その分、やらなきゃいけないこともなんか色々、滞っている気が...汗)

さて、日々の仕事や色んな活動の中で感じることは色々あるのですが、最近特に思うのは指導してくれる人が年々(?)少なくなってきて悲しいということです。ぐすん。

手話をはじめたばかりのときは、とりあえず自己紹介だけでもできれば「上手だ上手だ」と褒めてもらえて(笑)やる気を充電したりもしますが、それなりになると通訳者やろう者から「その手が違う」「いや、そんな表現じゃ通じない」と叱咤激励されるようになってきます。

で、一気に話は飛びますが通訳者になりそこそこの年数が経つと誰も教えてくれないっ!という切ない状況が待ち受けているのです。

研修とか手話通訳者対象の勉強会などへ参加すれば、ベテランの方々が色々アドバイスをして下さるのですが、手話サークルとか通訳現場とか周囲のろう者などが手話表現について意見を言ってくれることが激減するんですよねぇ。

それは本当に困るのです。
手話通訳なんて、ろう者に通じてなんぼなのに。
ろう者の手話を日本語に読み取った時は、どれだけ自然で分かりやすい日本語に翻訳できているかが大事で、その判断は聴者にも出来るけれど、日本語を聴いて手話を表出する聞き取り通訳は、ろう者の感想が欲しいなと思っていますのです。

でも、通訳者に対してろう者はあまりアドバイスをしてくれません。
まぁ。。。当たり前と言えば当たり前。
少なからず通訳者として働く「プロ」にどうこういうのもなぁと、遠慮だったり面倒だったりするのだろうなぁと思ったりもします。
中には「通訳者に手話表現のこと言うと、気分を害されるかも」と心配する方もいらっしゃるみたい。

でも、そんなで機嫌が悪くなるくらいなら手話通訳技術の向上はありえないと思うのだ。
指摘して欲しいし、良かったら褒めて欲しい(笑)悪かったら叱って欲しい!
だけど新人でもないので、だれも指摘してくれないのが悩み。

褒めて欲しいとか叱って欲しいとか...養成講座の受講生じゃないんだからできてあたりまえだろー!!と、言われると肩身が狭いっ。
けど、ちゃんと通じる通訳者はろう者がちゃんと目を光らせて指導しないと育たないと思ったりもするのです。
だって、手話はろう者の言語で、言語はやっぱりネイティブにはかなわないじゃない?

だから分かりにくい通訳になった時は少しで良いから言って欲しいなぁと思うのです。
もっと通じやすい表現考えるし、通訳過程のどこに問題があったのか自省したりもできるから。

そんな風に思うのは甘えかなぁ...。
うーん、自問自答の堂々巡りで夜はふけるのだ....。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.05.24

読書三昧☆

なんだか微妙に忙しく、なかなか更新できずにいます。
週末、京都へ行く新幹線の中で読もうと文庫本を2冊購入しました。
そうしたら、それがあまりに面白くてすっかりハマってしまい、PCに向かう時間も惜しんで読書三昧。

土曜日に読み始め、買った2冊は日曜に読み終わったものの続編が読みたくて月曜日にまた本屋で続編2冊を購入。月曜日と火曜日でそれも読破。
結果的に土曜日から火曜日の4日間で、4冊の文庫本を読んでしまいました。

そして本日水曜日(もう12時過ぎたから、木曜日なっちゃったけど)。
水曜の夜は、ちょっとした会議が仕事の後にあり本に没頭する気力もないし、夢中になって本も読み終えてしまったので、ちょっと落ち着いてPCに向かっております^^;;

読まなくちゃ行けない本は、家でも職場でも山積みなんですけどね(汗)
それにしても、いや〜、寝る間も惜しんで夢中になって本を読んだのは久々です。
こんなに夢中になった作品がなんなのか...それは追々感想や考えさせられたことなどと合わせて紹介できればと思います。

読書は楽しいけれど、現実逃避ばかりもしていられないので、地に足をつけてちょっとがんばろうと思います(^^)
もう、週末まであと一歩ですけどね^^;;

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.20

甘味カフェ ふらっと(京都)

京都へ行ってきました。
手話関係者なら聴いた事があると思われる、「コミュニティ嵯峨野」。
そう、全国手話研修センターへ行ってきました。
ちょっとした用事がありまして^^;;

コミュニティ嵯峨野へは前にも行った事があるのですが、未だ宿泊はした事がありません。
いつもは本当に、用事をすませるだけで周辺を散策したこともないのですが今回は、少しだけ時間に余裕があったので、嵯峨嵐山駅で自転車をレンタルしてぐるっと周辺を回ってきました。
かなりの短時間で、ゆっくりできなかったのは残念ですが。

お寺関係は、とりあえず世界遺産の天龍寺にだけは行きました。
広すぎて落ち着いて見られませんでしたが、雲龍図を公開していたので見てきました。
本当にどこへ行っても目が追いかけてきました(笑)

ぐるーっと自転車に乗って観光客で大混雑している道からちょっと外れたところに、気になるカフェを発見しました。
昭和の始めに建てられたらしい民家を改装した、温かい雰囲気のカフェでした。
時間がなかったのについ立ち寄ってしまいました。
「甘味カフェふらっと」(京都市右京区嵯峨二尊院門前往生院町14-2 )というお店です。

Dsc_0145

お店の方に伺ったところ、2階は昔のままだけれど1階は店舗用に改装してしまったとおしゃっていました。
小さな中庭もあって素敵です。

私は抹茶と和菓子のセットを注文(^^)
京都ですから^^;;

Dsc_0143

時間が無いといいつつもそれなりに、嵯峨野の風景を堪能できました。
海外からの観光客も多く、英語や韓国語、中国語があちこちから聴こえてきましたよ〜。
何度か写真撮影を頼まれました(^^)

すごぉおおく疲れたものの、若干の気分転換もできた京都旅でした☆
今度は、ちゃんと完全な旅行で行きたいものです...^^;;

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.15

『図書館内乱』

数日前、『図書館内乱』を読み終えました。
読み終えた...というか、一気に一晩で読み倒してしまいました^^;;
だって面白いんだもの。

言わずと知れた『図書館戦争』の続編です。

主人公、郁の両親が図書館へやって来てすったもんだするところから始まり、最後は郁が王子様の正体を知ってしまう!?というところで終わって、続編へ続くという...。
次も読まずにはいられません。

今回の作品には難聴の女の子が登場します。
手話も使うけれど、手話が主たるコミュニケーションではない難聴の女子高生。
この子がお気に入りの物語が作中に出てきます。
作中に出て来るだけの物語のはずが、作者の有川浩さんってば1冊の小説にしてしまったようで(笑)すでに発売になっています。
それが『レインツリーの国』という作品です。

私の友人に、初めて読んだ有川浩さんの作品が『レインツリーの国』というヒトがいるのですが...(笑)

有川作品の神髄は他の作品を読んだ方が分かるかなぁと思います。
とにかく!『図書館内乱』は面白かったです☆

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.14

山中湖など。

またも山中湖へ行ってきました。
お天気もよく、自然を満喫してきました。

今回は初めて「花の都公園」(LINK)へ行ってきました☆
ここは年中、色々なお花が咲いているようです。
5月はチューリップがまだまだ見頃で色とりどりのチューリプは、本当にキレイでした。

Dsc_0254

一輪だと、上の写真のような感じですがチューリップ畑全体でみると...じゃ〜ん!!

Imgp3898

こんな感じです☆
更に、背景が富士山だとなかなか見応えがあります!
富士山は、雲に囲まれてなかなか全体が見えなかったのですが...(汗)

Dsc_0249

それでも存在感のある富士山!
山中湖周辺でも、今回はたくさんの外国人を見かけました。
昨年の震災以降、外国人の日本離れが進んでいましたが少しずつ戻って来ているのかなぁと感じました。
富士山って、やっぱり大きくて特別な山ですね〜。

きっと昔の日本人にとってはもっともっと特別な、神様がいるように思える山だったんじゃないのかなと想像します。
雲の形や天候によって日々様子が変わる富士山。
毎日見ても飽きないように思いました。

ステキなお花と新緑を目で楽しみ、川のせせらぎや野鳥のさえずりを耳で楽しみました。
もちろん、おいしいお料理とスイーツも堪能しました〜♪
更に、のんびり温泉にもつかってきました。

山中湖周辺は何度行っても飽きません☆
のんびり散策してもドライブしても楽しいです。
梅雨入り前の今くらいの季節は、花粉症も治まり(笑)本当にいい季節です!

ただし...キレイに花のあるところには蜂がいるので注意が必要ですね^^;;
今日は、クマンバチを4回くらい見てしまいました(>_<)
注意しながら楽しみたいと思います。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.11

異文化交流-北アフリカ-

今週のサプライズ。
手話サークルに北アフリカのとある国のろう者が訪ねてきました。
もう、何の前ぶれもなく突然登場です(笑)

サークルに来ているろう者が連れてきたんですけれど...。
3月から2ヶ月ちょっと日本にいるそうで、先週の世界ろう者卓球選手権にも行って来たそうです。

北アフリカのろう者だけど、とっても日本手話が堪能なのでサークルの中でも会話に大きな問題はありませんでした。
母国の手話もいくつか教えてもらいましたが、フランス手話にとっても近いんですね。
書記言語はアラビア語やフランス語のようですが、書記英語も通じたので手話が通じないときは英単語を書いたり、日本の地名などはローマ字でホワイトボードに書いたりしながらみんなで楽しく交流できました。

どうでもいいけれど(笑)外国人が来ている、こんな時に限って歴史的な話がでてきました(笑)
まさか手話サークルで平家の話になるとは^^;;
そしてそれを平家を知らない外国人ろう者に語ることになるとは...。

それにしても、日本にはたくさんの外国人ろう者がいるものですね〜。
色んな国のろう者とお話できたら楽しいですね。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.06

映画『少年と自転車』

フランス映画はあまり好きじゃない...。
けど、なんとなく惹かれた『少年と自転車』。
ストーリーも出演者も知らないけれど、ポスターに魅せられて何となく観ることに。

シネコンではない小さな映画館。
空いていると思ったら、何やら介助されながら会場に入っている白杖を持ったヒトがたくさんいらしたり、盲導犬も何匹かいる映画館で、劇場内はほぼ満員でした。
月に一度の副音声上映会の日だったそうで、皆さん手に副音声のラジオを持っていました。
シネコンにはできないサービスですね。

さてさて。
『少年と自転車』は、ジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作らしいです。
児童福祉施設に入れられ、父親と一緒に暮らすことを望む少年と週末のみの里親となった女性の物語。
大人を信じられなくなった少年の感情とか心に溢れる悲しみとか、表現する術がなくもがき苦しむ気持ちとか、いろんな物が凝縮された映画です。

この作品は、ダルデンヌ監督が2003年に『息子のまなざし』という映画のPRで日本に来た時に聴いた、日本で育児放棄された子どもに関するお話にインスパイアされて作られた作品だとか。
フランス映画は好きじゃない私でも、引き込まれました。
でも、ラストシーンはやっぱりフランス映画っぽいですね。

今日、改めてフランス語の台詞を分からないなりに聴いてみると英語と似ている単語や発音があるものだなぁと変なところに感心しました。
フランス語からの借用で英語になった単語もあるみたいです。

ああいう小さな映画館、シネコンに負けないでがんばって欲しいなぁなんて思いました。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Super Moon of May 2012

突然ですがお月さまの話題です。
NASAの発表によると5月5日から6日にかけて「スーパームーン現象」が見られるとか。
「スーパームーン」ってなんのだ!?って思ったのですが^^;;

月と地球が最も接近することで、地球から月が通常よりも大きく輝きも増して見える現象のことだそうです。
19年ぶりのスーパームンだそうです。
19年前、そんな話題になった記憶がありませんが...^^;;

ゴールデンウィークの最中に見られる、天体現象なので日の入り頃から空を眺めました。
横浜の空は、雲もなく月は本当に輝いて見えました。

月の魅力ってなんでしょうね。
太陽ほど自己主張が強くないけれど、確実に地球やヒトに影響を与える神秘的な月。

今夜の月はまた格別に神秘的です。
19年ぶりのスーパームーン。
次回は何年後に見られるのかな。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.05

雨とにゃんこ

青空が広がる...とまでは行かないもののそれなりに晴れていたのが一転。
突然雨が降り、そして急に強くなった昨日の午後。

通り雨のようにさっと過ぎ去った雨の後に空を見上げると、大きな虹がかかっていました。
なかなか良い物を見て得をした気分になったのでした☆
雨上がりに、バルコニーで空を見上げていたらわがやの猫たちもぞろぞろと外へでてきました。

Fxcam_1336119297799

雨で濡れたバルコニーで出ちゃうと、足が濡れるからまた家に入る時大変なのに^^;;
チャコちゃんだけじゃなく、わらわらとやって来たご兄弟達(笑)

うちの裏には小さな木立があって、そこに野鳥が飛んできます。
ウグイスやメジロなどなど...。
猫たちはその鳴き声が気になるみたい(笑)

529746_226581884114618_100002884252

この写真は夫が粘って撮影したウグイス(^^;
こんなのが枝にとまっていたら、猫の本能として気にならないわけがありません(笑)
もちろん、飛びかかれるほど近くに枝があるわけではないので、猫はじーーーっと凝視するのです。
その様子が下の写真(笑)

Dsc_0176

猫は猫なりに、色々難しいこと(?)も考えているみたいです(笑)
考えているかいないか分からないその行動が愛くるしくもあり、多頭飼いしていると個々の性格の違いで理解しがたいこともあり(笑)
本当に楽しいです(^^)

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.04

第60回ザ よこはまパレード

暖かくてお天気も良さそうだったので、関内辺りへザよこはまパレードを見に行ってきました。
本当は毎年5月3日に開催しているのですが、昨日は大雨だったので今日に順延になったようです。
今年は60回目の節目の年だそうで、震災復興支援ということで、仙台市と陸前高田市からも招待参加で、スペシャルパレードがありました。

今年は60周年記念なので、年代別に3つの時代に分けてのテーマ別パレードになっていました。
フロートの数が減って、殆どマーチングバンドやダンスなどのチームでしたが昔の名車パレードがあり、これはこれで楽しかったです。

Dsc_0197

写真はたくさん撮影しましたが、パレードの撮影はなかなか難しいですね^^;;
ここには1枚だけ、掲載しておきます。
他は、FBなどにアルバム作成してあります。
私にはよく分からない往年の名車も下手だけど、撮影しました(汗)

パレードが終わった頃に雨が降りだし、しばらくしたら空には虹が!

Dsc_0174

なんだか変なお天気でした。
でも虹を見れたのはちょっと嬉しいです(笑)

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.03

2012 世界ろう者卓球選手権大会

4月29日から5月6日というゴールデンウィーク真っ最中に都内で開催されている、2012 世界ろう者卓球選手権大会へ悪友(?)ろう友と一緒に行ってきました。
なかなかの豪雨の中の大移動(笑)
楽しい1日を過ごしました。

Dsc_0167

雨がスゴいし、特に知り合いはいないかなぁなんて思っていたのですが、やはり手話の世界はスモールワールド。
受付にも物販にもボランティアにも客席には沢山、久しぶりの皆さんがいて色んな人に会えて楽しかったです。

今日は混合ダブルスでした。
ちょうど私たちが行った時には、日本のペアが試合をしていてさっそく客席から声援を送りました。
ベスト8、ベスト4をまで観戦しましたが残念ながら決勝には日本のチームは勝ち進むことができませんでした。
本当に惜しい試合でした〜。

中国チームは卓球強いですね^^;;
韓国チームも強かった!!
決勝は中国チーム同士だったと思います。

観戦していると、たまたま目が合ったウクライナ(だと思う)の選手に話しかけられました。
若干、手の形が違ったのですがどうやら「外はまだ雨が降っている?」と訊いているっぽいのが分かりました(笑)
なので、「まだまだ大雨〜」とお返事したら通じたみたい(笑)
ウクライナの手話なのか国際手話なのか分かりませんが、その子の手型は両手の指がちょっと湾曲していました。
でも、表情と指差しとあいまって雨が降ってるかを知りたいんだなぁということが分かった奇跡の瞬間(笑)
ちょっとした感動でした^^;;;

日本の応援席には、下のような寄せ書きつき日本国旗もありました〜。
ベンチの荷物もそのまま映っていますがあしからず^^;

Dsc_0165

帰りの電車では、一緒に行った友人の外国人の友達と一緒に来ていた日本手話が堪能な日本在住の外国人ろう者と一緒に話しながら途中まで帰ってきました。
短い時間でしたが、楽しくも貴重な経験ができた雨の憲法記念日です。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.01

メンテナンス☆

今日も暑かった!
公官庁は例年より1ヶ月早く、5月からクールビズだったとか...。
初日の今日は、クールビズで丁度良かったかもしれませんね。

私は久々にろう者に会わない1日となりました。
ここのとこ、なんだかんだと毎日ろう者に会い、毎日手話で話す日々。
手話を使わなかった今日は、なんだか手持ち無沙汰でした^^;;

でもって、今日は自分のメンテナンス。
本当はいつもお世話になっているカイロへ行きたかったのですがなんと、カイロのお姉さんが1週間、カイロの講師で別なところへ行ってしまうということで、サロンはお休みなのでした。

なので、今日は久々に時々行っているマッサージへ行ってきました。
こちらも私の担当は女性で、お願いするとアロママッサージやデトックスもやってくれるのです。
今日は全身のマッサージとリフレクソロジーをやって、身体のメンテナンスをしてきました(^^)
気持ちよかった(^^)/

明日は仕事。
がんばりまーす(^^)

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『図書館戦争』

図書館戦争」読み終えました。
何と言いますか...。
想像を絶するストーリー展開に呆然としながら読み終えました。
おもしろかったです、はい。

夫は私が読んでいるのを見て「図書館同士の戦争の話?」と言っておりました...。
タイトルからはそんなイメージなのでしょうか。
私も読み始める前に、タイトルから漠然としたイメージがあったのですが読み始めて、2ページ目で思い描いた図書館戦争像(どんなだったかと訊かれると困る)とは大きく異なることがわかりました^^;;

それにしても、さすがですよ。
有川浩ワールド。
「図書館の自由」というキーワードから、こんなに壮大で自衛隊よりたくましい図書館の防衛員を作り上げるとは!
本当にスゴいです。

この作品、漫画化もされていて更には映画にもなっているんですね〜。
いやー、驚きました。
実写じゃなくて良かったです^^;;

で、今のところ私が読破した有川浩作品は「阪急電車」以外は、自衛隊というか戦闘というかそんなお話です。
「阪急電車」にも軍事オタクくんが登場しますけど(笑)

実際、現代の図書館が抱える問題も混ぜ込みながらあり得ない世界を、本当にあるのかもと思えそうな感じで描かれていて読みやすく、この先のシリーズが楽しみです。
はやく続編が読みたいです☆

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »