« こんな時は...のこと! | トップページ | 『ずーーっとずっと、ずっと夏。』 »

2012.06.25

探検!ハマの工場地帯

タイトルのように題された歴史探検クルーズに参加してきました。
運良く梅雨の中休みのような晴れた日で良かったです。

これは横浜開港記念館と横浜都市発展記念館が同時開催している企画展「横浜の海七面相」の関連企画ということで、クルーズに参加すると両記念館の入場招待券もいただけるというお得なクルーズでした。
クルーズのコースは、「象の鼻〜瑞穂埠頭〜子安浜〜恵比寿運河〜鶴見川〜大黒埠頭〜象の鼻」というもの。
途中、鶴見つばさ橋と横浜ベイブリッジの下も通過できて楽しかったです(^^)

Dsc_0291

つばさ橋の真下を通るちょっと前に撮影したものです☆
橋の下をくぐるのはちょっとドキドキ、ワクワク。
船好きにはたまりません(笑)

Dsc_0268

こちらは修理中の「しらせ」です。
この船は文科省では「南極観測船」であり、防衛省では「砕氷艦」と呼ぶそうです。
いずれにしても役割は、南極で氷を割りながら進んで行く船なわけです...。
今年の2月に昭和基地への補給を終え日本へ帰投中になんらかの障害物と接触して修理が必要になったようです。

この写真を撮ったときはそんなに有名な船だとは知らなかったのですが、名前は聞いたことがあるなぁと思って沢山写真を撮っておきました^^;;;

2時間くらいのクルーズで撮った写真は100枚ほど^^;;
恵比寿運河では小さな橋の下をいくつも通過し、赤煉瓦が残っているのにわくわくしたりといつも見られる横浜の遺構とはまた違う楽しさがありました(^^)


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« こんな時は...のこと! | トップページ | 『ずーーっとずっと、ずっと夏。』 »

建築散歩・街歩き・お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/55045404

この記事へのトラックバック一覧です: 探検!ハマの工場地帯:

« こんな時は...のこと! | トップページ | 『ずーーっとずっと、ずっと夏。』 »