« 匠味 景虎 | トップページ | DiningBar AbsintheBomb »

2012.09.17

姪孫・又姪

タイトルの言葉を読める方どれくらいいらっしゃるでしょう?
「姪孫(てっそん)・又姪(まためい)」と読み、どちらも自分から見て姪の子どもを指す呼び名だそうです。
普段使わないので、備忘録的に記しておきます^^;;

先日、夫の兄弟の娘(姪)とそのお子さんと一緒に食事をした時に「姪の子どもはなんていうのかなぁ」という話になって、当然誰もわからず(笑)イマドキ仕様でスマホでその場で検索して「姪孫(てっそん)」と判明。
でもそんな言葉聴いたことないし、使わないよね〜という話になったのです。

確かに使わないっ。
自宅でもうちょっと調べたら「姪孫」の他に「又姪」という言い方もあるということが分かりました。
それで他の続柄名称も色々見ていたら、まぁややこしい(笑)
そして色んな呼び名があるものですね。

近年は核家族化して久しいので、遠縁の呼び名をわざわざ使うこともないのですが昔は使っていたんでしょうか...?
それとも一部の華族とか貴族とかで使うような言葉だったんでしょうか...?
祖父母の親を「曾祖父母」までは分かりますが曾祖父母の親は「高祖父母」とか。
「来孫」「昆孫」「仍孫」(それぞれ自分から見て5代、6代、7代後の末裔)とか、もはや何がなんだかな私です。
「再従姪孫」(いとこの孫らしいです)という呼び名もあるそうです。

大切な昔からの呼び方だとは思いますが、もはや使っても一般社会では通じないような...。
日本語は難しいです...。

ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 匠味 景虎 | トップページ | DiningBar AbsintheBomb »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/55675687

この記事へのトラックバック一覧です: 姪孫・又姪:

« 匠味 景虎 | トップページ | DiningBar AbsintheBomb »