« クリスマスですが...。 | トップページ | 水たまりと氷 »

2012.12.26

群読ワークショップ

ほっぺたが凍てつくほどの寒さの中、今日も大学の集中講義へ。
今日は講義というよりもワークショップで、学生同士でグループを作ってワークを行う活動が多かったです。
ああ..私の専門は一体なんなのかしら^^;
とにかく今日のメインイベントは「群読ワークショップ」でした。

今回の集中講義のテーマは「認知心理学」と「ことばの教育」。
専修免許を取得する為の講義ではないので、具体的な教育云々の話しは出て来ないのですが、ところどころにことばの習得、特にことばの読み書きについての話しが多くあり楽しく講義に参加できましたが、この年になってオール大人で群読ワークショップ!これはなかなかパンチがありました。

いくつかの文学作品の中から、ひとつグループで作品を決めて群読のアレンジをあーでもないこーでもないと相談して、練習して発表。
数グループありましたが、それぞれ個性豊な作品が完成していました。
練習風景はまるでどこかの劇団の練習さながらでした。
群読と認知心理学やことばの教育がどう関係があるのかはともかく、かなり貴重な体験でした。

群読なんて小学校以来です。
懐かしい...。
そして、小学生の時は言われるがまま読んでいたので作品のアレンジを自分で工夫したり考えたりしたのは初めてでした。
群読の研究会のワークショップなどでは日本語と英語それぞれで群読するらしいです...。
英語で群読なんて、見たこともやったこともありません^^;;;

それにしても、群読ワークショップは参加者にろう者がいて手話通訳がつかなくてはいけない場合はかなり通訳しにくいだろうなと思いました。
今回は聴者ばかりだったのですが、それでも色々課題はありました。

群読してみて思ったのは、手話でも群読ってできるのだろうか...ということ。
日本語や英語の群読とは違う、手話なりのやり方とか手話だから生きる群読教材があるんだろうなぁと漠然と思いました。
手話でやると「群読」というよりは、手話パフォーマンスのように見えるのかもしれませんね。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« クリスマスですが...。 | トップページ | 水たまりと氷 »

学生LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/56400029

この記事へのトラックバック一覧です: 群読ワークショップ:

« クリスマスですが...。 | トップページ | 水たまりと氷 »