« 子どもと手話 | トップページ | 脳みそフル回転!! »

2013.01.24

アルジェリアの人質事件

16日に起ったアルジェリアでの人質事件が、一応今日一段落ついた形になりました。
結果的に10名の日本人が亡くなり、7名の日本人はなんとか無事に帰国の途についたことになります。

私は、アルジェリアには行ったことがありません。
みなとみらいに本社がある日揮については、みなとみらいへ行った時に幾度となく前を通り社名は知っていますが、どんな事業をおこなっている会社なのかは今回の事件で知った次第です。

アルジェリアに現地法人も作り、アルジェリア人の雇用も生んでいたという日揮。
テロリストにどんなことを訴えても、理解してもらえないのでしょうがどうして何の罪もない多くの人たちが犠牲にならなければ行けなかったのでしょう。
日揮にしてみれば、日本人の10名だけでなく外国籍の社員等も被害に遭っているわけなので、社内の衝撃はいかばかりかと想います。

被害に遭われた10名には、それぞれの人生があったと思いますが、私は南三陸町の仮設住宅で泣いていたお母さんの映像が頭から離れません。
東日本大震災で被災し、一生懸命頑張っているところへ息子の訃報。
胸中を考えると、察するにあまりあるというか想像を絶するというか、もうことばもありません。

アルジェリア政府の判断が、正しかったのかどうか私には分かりません。
テロリストの要求を飲むことで、更なる被害が懸念されるなら人質の安全が確保できなくてもやむなしという考え方もあるのかもしれません。
でも、一人一人の大切な人生や家族を考えると、たまらなく残念で、ひとりの知り合いも被害者にいるわけではないのに、TVの前で涙ができしまいます。

遡ると、無知な私はそもそもどうしてフランスがマリを攻撃したのかも理解できないでいるのです。
マリは以前はフランスの植民地だった地域でしょうか。
なぜ、フランスはマリを攻撃しどうしてテロリストはその報復でアルジェリアのプランとを攻撃したのでしょう。

わからないことばかりです。
ただただ、切なさだけが残る悲しいできごとでした。

月並みですが、心から亡くなられた10名の方のご冥福をお祈りするとともに、今回無事に帰国される7名の方々の心の傷が癒されるように部外者ながら、一人の日本人として願っています。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« 子どもと手話 | トップページ | 脳みそフル回転!! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/56620383

この記事へのトラックバック一覧です: アルジェリアの人質事件:

« 子どもと手話 | トップページ | 脳みそフル回転!! »