« なりたい自分 | トップページ | アルジェリアの人質事件 »

2013.01.23

子どもと手話

地域の小学校の総合学習で手話を取り上げているところは多いと思います。
私が住んでいる地域の小学校でも手話の勉強をやっていて、今年度はクラス担任の先生からの依頼で、2回ほど、地域の複数のろう者が小学校へ交流に行っています。
交流の依頼は、地域の学校から手話サークルへ来たのでその情報を地域のろう協へ伝えて、都合のいい時にろう者と一緒に何人かのサークル会員も同行して、交流してきました。

子ども達はかわいくて、一生懸命手話を表現する子や恥ずかしがる子など様々です。
でも、色々とろう者に教えてもらって気付きや発見があったみたいです。
私は、ろう者と一緒に手話サークルの会員として小学校へ行っていましたが立場上(?)通訳をすることになります。

子どもがろう者に質問することを通訳し、ろう者の答えを読み取って通訳する...そんな様子を見ていた子ども達は、「手話通訳者」にも興味を持ったようです。
そして、先日クラス担任の先生が手話サークルへやってきて、「手話通訳についてのお話をして欲しい」というではありませんか^^;;

地域の学校で手話通訳についてちょっとだけ、お話してきました。
通訳のお話の他には、交流したろう者の普段の様子なども質問にでました(笑)
子ども達はろう者ともっと沢山話したいと思っているようです^^

小学校の3年生や4年生の時に、ろう者と手話で話して通じる慶びを体験したり、メジャーな職業ではない手話通訳について色々学んだりして、彼らはどんな大人になるのかなぁ...。
学校での経験を生かして、大人になってもろう者や難聴者に理解ある人になってくれたらいいなぁ。

「手話通訳が必要な場面てどんな時だと思う?」と質問したところ、たくさん活発な意見がでました(笑)
「ディズニーランドへ行く時!」「会議の時!「病院!」などなどみんな想い想いに意見をだしてくれました。

色んな質問を投げかけたけれど、小学生なりに色々と考えて答えを出そうとしているんだなぁというのがよく分かりました。
どんな大人になっていくのか、ちょっぴり楽しみです。

子ども達はまた、ろう者と交流したいと言っていたので実現できるといいなぁと想います。


ブログ村でブログランキング参加中↓クリックよろしく★
にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ
にほんブログ村

|

« なりたい自分 | トップページ | アルジェリアの人質事件 »

日々の徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17097/56608864

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと手話:

« なりたい自分 | トップページ | アルジェリアの人質事件 »